韓国語をのんびり楽しく勉強中^^ 目指せハングル検定2級
先日より放送を見始めた 風の絵師
第2話の中のセリフに興味を惹かれたので
聞き取りをしてみました。

聞き取りをした後で 自信のない単語は辞書を引いて
その後 kyoung先生に添削して頂きました。

그린다는 것이 무엇이냐?


그리움을 말하는 것이 아닌지요?

그리움이 그림이 되기도 하고 혹은 그림이 그리움을 낳기도 하지 않는지요?
그리운 사람이 있으면 그 사람 자꾸 떠올라 그림을 그리기 되니
그리움은 그림이 되고 그리운 사람이 그림이 된다
또한 그 사람 그림을 보고 있으면 잊고 있다가도 그 사람이 다시 그리워지니
이는 그림이 그리움이 되는 것 아니겠습니까?
그린다는 것은 그리움을 말하는 것이 아닌지요?

描くと言う事はどう言う事か?

偲ぶと言う事ではないでしょうか?
恋しさが絵になったり あるいは 絵が恋しさを生んだりもするのではないでしょうか?
恋しい人が居たら、その人をしょっちゅう思い浮かべ、絵を描くようになり
恋しさは絵になり、恋しい人が絵になる
また、その人の絵を見ていると、忘れていたとしてもその人をもう一度恋しくなり、
これは、絵が恋しさになると言う事では無いでしょうか?
描くと言う事は、恋しさを言うのではないでしょうか?



ここでの、그리움 は懐かしさより 恋しさの方が
ふさわしい様です。


不思議なのは、描き直して改めて聴いてみたら、きちんと聞こえます。
本当に意味驚きです。

もしかしたら、先読みをして思い込んで聴いているのかもしれません。
読む時も口癖でつい言いやすい口調になってしまうように・・


助詞が苦手なのですが、聞き取りでも助詞を省いて聞き取って居る
事を今日 kyoung先生に同じ場面を聞いて頂いて発見しました。

「風の絵師」ホンドがどのようにしてユンボクの手を救うのか
成り行きが楽しみなのですが、また、私の興味がわく台詞が
聴けるかもしれないと、その事も楽しみにしています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する