韓国語をのんびり楽しく勉強中^^ 目指せハングル検定2級
言葉で物事を表現する時、用いる単語により
ニュアンスが違ったり そこはかとない知性を感じたり
するものだけれど、

日本語は 韓国語に比べたら 単純に出来て居るかもしれないと
思う事があります。

あらう と言う単語

洋服を洗う
顔を洗う

それらで 韓国語は用いる単語が違います。

日本語は・・ あらう 


きる と言う単語

果物を切る
髪を切る

で単語が異なります。


さて、発音は と言うと日本語は単純ですが
韓国語は 発音が違うと意味まで異なってくるので
大変です。

昨日 書いた 包む と 買う もそうで
よ〜〜〜〜く聞いても同じ サ に聞こえてしまう

싸다 と 사다 が原型です。

こんな感じで、音一つ違うだけでも大変な事になります(少し大げさ^^)



くどくどと書きましたが・・ハングル検定の勉強を
慌ててやって居るので行き詰まり感による・・・


愚痴です((((^^;


あぁ〜〜〜!! 失礼しました。


それでも、韓国語の勉強は・・ 楽しいです
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する