韓国語をのんびり楽しく勉強中^^ 目指せハングル検定2級
가지 많은 나무에 바람 잘 날 없다

남편:어,당신.어디 갔다 오는 거야?
부인:가지 많은 나무에 바람 잘 날 없다더니...
남편:아니,어디 갔다 오는냐고 묻는데.
느닷없이 웬 동문서답을 하고 그러지?
부인:동문서답이 아니라,ㅐ민수네 막내가 놀다가 다쳐서 팔목에 금이 갔대요.
얼마 전엔 둘째 애가 다리를 다쳐서 아직도 목발을 짚고 다니는데.
남편:그 집 애가 몇이지?
부인:당신은 지난번에도 묻더니 또 묻네.아들만 넷이잖아요.
남편:아,그렇던가?아들만 넷이면 민수 엄마도 꽤나 힘들겠다.
부인:힘든 정도가 아니라,하루종일 애들 치다꺼리를 하다 보면 기진맥진 완전히 파김치가 된대요.
남편:그러길래 무자식 상팔자란 말도 있잖아.



夫:ねえ、ちょっと。どこへ行ってきたんだい。
妻:枝の多い木に風の止む日がないと言うけれど... 。
夫:いったい、どこに行ってきたのか聞いているのに、出し抜けに訳の分からにことを言って、どう言うことだい?
妻:訳のわからないことを言っているんじゃなくて、ミンスの家の末っ子が遊んでいて怪我をして、手首の骨にひびが入ったらしいのよ。
ついこの前は2番目の子が脚をけがして、まだ松葉杖をついて歩いているのに。
夫:その家、子どもは何人だっけ?
妻:あなたったら、この前も聞いたのにまた聞くのね。息子ばかり4人じゃないですか。
夫:ああ、そうだったっけ。男ばかり4人だとミンスのお母さんも相当大変だろうに。
妻:大変どころか、一日中子どもの世話を焼いていると、疲労困憊して、完全にへとへとになるんですって。
夫:だから、子なしが幸せと言う言葉もあるじゃないか。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する