韓国語をのんびり楽しく勉強中^^ 目指せハングル検定2級
韓国語の勉強をしていると 日本語で表現する時には
特別に意識せずに使っている言葉でも
韓国語では使い分けをする場面に時々出くわします。


丁度前回のテレビでハングル講座が 同じ文法を
扱いました。


〜고 있다

아/어 있다


犬が死んでいる と日本語で表現するのですが


これを、韓国語で表そうとしたら

とっさに思いつくのは 고 있다
そこで、死ぬ 죽다 を用いて 개가 죽고 있어요.

・・・と、言ってしまいます。

これは、日本人がよくやる 間違いだそうで、
正解は 개가 죽어 있어요.


고 있다 の場合は、動作が継続している状態を表しています。
なので、개가 죽고 있어요. と言ってしまうと
犬が死んでいっています  と言う表現としては矛盾した状態となります。



日本語で表現すると 〜している と言う表現になりますが


問題を解いて居て いつもこれは良くやる間違いです!
と言う問題で やっぱり私も間違っています。

そのうち覚えるのでしょうが・・
本当に覚える事が出来るのかどうか 不安になります。


兎に角 辞書を引いてみました  있다 を引いてみると
しっかり 고 있다 と 아/어 있다 の使い分けについて
説明がなされて居ました。

動作が継続しているかどうか 
状態がどのような状態なのか

そういった内容を 細かく表現しようとしなければならないようです。


とりあえず、ここまで 書いては見ましたが
私自身 まだきちんと理解出来ていません。

問題と解いた回答をもう一度見直ししてみます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する