俳優イ・ジュンギを絶賛応援中!! ドラマの記事は、ネタばれが含まれます^^韓国語をのんびり楽しく勉強中^^ 目指せハングル検定2級


昨日は、通常通り朝からひとりレッスンを済ませて
準備をして ブライダル演奏の仕事へ出かけました。

毎回 披露宴の進行表はFAXされてくるので手元に有りますが
どの場面で演奏するのかは当日打ち合わせをしないと分かりません。


その打ち合わせ・・

昨日は・・ リクエストを頂いていた バンクバンドの「糸」を
手紙の所で演奏する事。

そして、新郎新婦のプロフィール紹介の場面で演奏する

主な演奏はその2ヶ所だけでした(((^^;

先週は ほぼ2時間演奏しっぱなしだったのに 今回はほぼ2時間じ~~~~っとしてました^^;

どちらか辛いかと言うと・・当然後者


さて、そんな仕事をこなした後
友人が参加する Music Revolution Song Contestを聞きに行って来ました。

ロックだと皆さん言われて居ましたが・・
中には フォークソングみたいなものもあり、ジャズ風なものも有りましたが

ワンピースドレスを着ている私はちょっとライブ会場の中で浮いていましたが((--;
会場内は暗がりですから・・大丈夫^^

その後夜7時からの生徒さんが居るので友人のバンド演奏が終了したら
早々に会場を後にしました。

子供達のバンド演奏の審査員をしたことがあるのですが
今回のコンテスト 見ていて色々と勉強になるところも有り

まあ、なんにしても自分に良い刺激を受ける事は
沢山しなければならないなと思ったのでした。

さてさて
私も 私なりの Music Life を送らなければならないですね^^

そんな事を思った昨日のコンテストでした。
スポンサーサイト
テキストの中に絵を見て文章を捜索するコーナーがあります。

今回は キツネと鶴 と言うタイトルでしたので
私が文章を書いて 添削して頂いた物を載せて見ます。


어느날 옆집에 사는 여우로 부터 (한테)두루미에 편지가 왔습니다.
그 안에는 여우한티서 온 초태장이 있었습니다.

초태 받은 두루미는 기쁜 마음으로 여우 집에 찾아 갔습니다.

여우: 어서오세요.
오늘은 저의 집에 맛있는 음식이 많이 있으니까 초대를 했습니다.
여기 앉으세요.

두루미:여우님 고맙습니다.

여우:두루미님 많이 드세요.

여우는 접시에 스프를 담아서 테이불에 내놓았습니다.

하지만 음식은 접시에 담겨있었기 때문에 부리가 긴 두루미는 먹을 수 없었습니다.
여우는 두루미 눈앞에서 음식을 맛있게 다 억어 보렸습니다.

두루미는 너무 억울한 마음으로 여우집에서 나갔습니다.

두루미:여우,이 자식 두고 보자!

몇일 후 이번에는 여우가 두루미한테 초대를 받아서 두루미 집에 왔습니다.

두루미:어서오세요. 여우님.
여기 앉으세요.

두루미는 뾰족한 병에 음식을 담아 내놓았습니다.

두루미:아주 맛있는 고기나까 많이 드세요.

하지만 눈 앞에서 맛있게 먹는 두루미를 바라보면서 여우는 그 음식을 먹을 수 없었습니다.

자신과 똑깥은 처사를 받던 여우는 두루미가 복수를 한 것을 깨달고 후회 했습니다.


予約した時は自分へのクリスマスプレゼントだと思っていたのですが
年明け発送になると聞いて、遅いお年玉?と気を取り直して・・

イ・ジュンギ氏本人の確認が遅れているとの事で
更に延び・・

待ちに待ったDVDとCDがようやく今日届きました^^


待ちすぎて、キリンじゃなくて ろくろ首になる!!!
(もう少しで 化け物になるところでした)


1枚目のDVDを生徒さんが来る前に少し観たのですが・・。
J-Style と 一言だけ の歌詞字幕、韓国語で歌っている歌詞と違うので・・・

????

CDをまだ聞いていませんが、日本語バージョンで
歌われた歌詞を字幕にそのまま使っていますね^^;


混乱を避けたのかな? とも思いますが。
ちょっと・・・違和感あります(^^;


「너무 보고싶어서(とても会いたくて)」が「その髪に指を」
初め見た時、字幕間違ったのかと思ってしまいました(((^^;


さて、ざっと観て見たのですが、台湾のファンコンサートの歌詞は
韓国語をそのまま訳していました。
やはり、日本の公演の分だけ、日本語バージョンの歌詞になっている様です^^


仕事の都合で神戸の公演だけで、横浜公演は行けませんでした。
一枝梅の「花信」を歌ったと言うので聞きたいと思っていたのですが
台湾映像+中国映像+韓国映像+独占インタビューのDVDの中に有りました^^

ジュンギ君らしい さわやかな歌い方ですね^^
難しい歌だと思いますが、上手です。

犬とオオカミの時間のOSTから 愚かな心よ(?) これはDVDより
神戸の公演の方が上手だった気がします。リハーサルの模様しかないのが残念です。








Interveiw-3

生意気に見える事に対して恐れはある?

恐れたとしても、その主語は生意気に見えると言う指摘に対して恐れるのではなく逆効果に成り得ると言うことに対して怖れるだろう。良く解決しようと言う意図と関係なく製作者に何かに対してアピールしたならむしろその反対の効果が現れるときが多い。そんな状態を目撃した事がないのではなく、言葉一つがチーム全体の結束力を低下させる不和の要因に成りえるのに当然、慎重だ。俳優と言う位置はそう言うものだ。


人にとが思って居るように世間を全て手に入れているかのように輝いている権力の座だけではないと

そう。僕もまた僕の作品ではない場合、視聴者や観客の立場で他の俳優達の作品を眺めてみる事に成れば、その俳優の最高に良く出来た代表作品や華やかな作品だけ記憶にのこる。低調な視聴率を記録したり興行がよくない作品は記憶に残らない。しかし、大衆が見放したその作品達も成功する作品なのに、厳しい道のりであるということだ。いや、むしろもっと心を痛めながら力を出して作り出した作品であると。僕のような場合でもそうだ。大衆に僕のフィルモグラフィーの半分は無い。「イ・ジュンギがそんな作品もやったの?」と言われるだろう。しかし大衆が見るそのような物足りなく見える作品達を通して俳優達はもっと多くの事を得ている。何としても良くしようとさらに多くの情熱を発散して作り出して継続することだ。そんな大衆が必ず理解して欲しいと言う事ではない。しかし、大衆の評価や指摘のように僕がそのように心身的に辛くは無いと言うことだ。今僕は(文字が抜けていて不明)もの達を学び自分をもっと丈夫に守る栄養分を育てている最中だから。


具体的である言語で表現することなく多くの物を学んだがそれでも説明可能である部分に対して話をする事を継続する?

作品に入る前に2009年前に有るメディアとインタビューをした時だったかな。いつも興行に成功して成功と高い作品をして来たけれどダメに成る事に対して不安感が有るのではないかという質問を受けたんだけれど、僕がこのような答えをしたんだ。どんな作品でも出会って、崩れたり恐れたりして見たい。


うははは。 このとんでもないヤツ

ははは、だから、そうしながら僕が僕を恐れさせることが出来るそんな作品をする事によりもっと学ぶことが出来るようだと話したんだよ。数日前、いきなりその時のインタビューの内容を思い出したんだよ。そうして顔がかっとほてったんだ。わあ、僕がそんなに生意気な考えをしていたんだろうかと思うと。ずっと謙遜するのだと約束をしていながらも心の片隅では、そのように生意気な考えが席を占めていたのだなと思うととても恥ずかしかった。それで少しもっと深く考えて見たら僕の心の片隅に本当に不安感が有った事のようだ。良い評価の前作たちを通して背負ってすごして、経験して見る事が出来ない状況と、何かを得る事が出来なくなるような大疑不安感を感じていたことのようだった。それを今徹底して体得しているところだ。そうしてみると現場で楽しい。どんな結果で終止符が打たれるのか分からないけれど、最後に終わる瞬間まで沢山の事を得ることのようだ。むしろ不足している部分があるのでその不足しているだけの期待感が生まれた、それは楽しみだ。その力を得た経験たちが間違いなく30歳を過ぎた後いつの日か、自分に大きな教える道で期待感、それが楽しい。


まさかこれもイ・ジュンギの計画ではないか?いつも放課後生活計画評を探して毎瞬間マニュアルプランを構想しているイ・ジュンギではないのか。そのような試練をやはり30直前のイ・ジュンギ計画の一部としたら?君はちょっと恐ろしい。

ハハハ。計画することが出来無い部分ではないのか!ところがだけれど。結果的に見た時に僕もちょっとひやりと感じた部分だ。僕も知らずに無意識的に有る程度感知しながらこの無謀な競争に飛び込んだんじゃないのかと思ったりもする。この前に僕がインタビューした事や記者会見の時にした話を思い出して見ると十分に可能性がある。僕の場合、作品に入るたびに或るパターンがある。だから結果的に良く出来た作品に対しては記者会見の時から既に大丈夫だという期待感を話した。しかし、「HERO」はちょっと違った。今回は記者会見の時も大丈夫だと言う楽な印象で、一方では少しマイナーな感受性で応対して。まるで失うことが無い愛のようにしょんぼりとしたマインドから出発したので、それが少し変わっていたさ。どちらにしても僕も分からない無意識の中で既に予見していた事なのかも?ハハ


もうバッシングの免罪符をあげるタイミングのようだがハハ。僕が「HERO」を通して受けた事がひとつ有る。ペク・ユンシクのような大俳優達との共演だ。実際イ・ジュンギと言うキャラクター自体が持っているファンタジー感その顔が与える非現実的な奇妙感のためにペク・ユンシクのような俳優とひとつのシーンに写るときのぎこちなさを憂慮したんだ。しかし台詞をやり取りする過程でどんな不便さも感じることが無かった。ちょっと誇張して話して見れば「いかさま師」のコニとピョン・キョンジャンのシーンが作り出したリラックスした感が有った。それでも妙にテンションが持続して

実際その作品をしながら最高に大きい欲を出したのがその部分だった。キャラクターの相互関係。あなたの言うように以前に見せたワントップで極まで走る人物を描き出した僕が多様なキャラクターの中に溶け込むことが出来るかに対しての試験。僕が楽しいと話したことがまさにその部分で、先輩達と演技しながら頂いた幸福感が有るんだ。この作品に入りながら僕が最高に気を遣った部分もまさにキャスティングだった。全てが僕の努力によるものであると言う事を話すことは出来ないが、ペク・ユンシク先輩からチュ・ジンも先輩まで、大先輩達をキャスティングに大変に神経を多く使った。そして結果的に最高のラインアップとなったんだ。


そうさ、最高のラインアップさ。ペク・ユンシクにチュ・ジンモ、イ・ハンウィ、ましてチャンジン監督のすべての映画に出演した実力の所有者チャン・ヨンナムみたいな最高のカリスマの俳優達をひとつの作品で見る事は大変にまれなことだ。ところでそれが活かされて居ないので、視聴者たちもそれが歯がゆいんだ。

そうだ。彼らの才能が半分も表現出来て居ないということは、この状況が一番残念なことだ。本当にいっしょに仕事をして見たい夢を見ても先輩達の調合が完成されているので表現が出来ないので。むしろとても消耗されることのように見えるので残念なんだよ。ぺク・ユンシク先生みたいな場合は本当に過度な程製作陣に要請したんだよ。それでも状況がとても良くなくて諦めなければならない直前まで行ったんだ。ペク・ユンシク先生が今ドラマ「危機一髪 豊年ビラ」と 映画も一遍撮影されていたんだ。だからスケジュール上ほぼ難しいという雰囲気だったんだけど、結局「HERO」出演を決定なさったんだ。本当に一番最後にキャスティングされた方だ。


そんな状況でなんのために出演を決定なさったんだろうか?イ・ジュンギの情熱のため?

おそらく先生はそんな事はよくご存知ないだろう? 製作陣に要請しながらも僕の意志だと言う事実を明らかにしないようにと固執したので。キャスティングに主演俳優の力が少しでも適用と言う事。この誤解を買う素地が本当に多いんだ。いずれにしてもこうやって始めて会うとき本当に休むまもなく質問を投げた事のようだ。ハハ。会った初めの日から焼酎1杯飲もうと懸命に食いついた。先生の作品数がものすごい。その沢山の作品を別れながらどれだけ多くの経験とどれだけ多くの学びがあっただろう。どんな若者とどんなロマンを楽しまれたのか、私が経験することが出来ない先生が生きていらっしゃる、その時代の話を継続して聞いた。


**************************************************************************

コスモポリタンのインタビュー続きです(((^^;
今回はkyoung先生に見て頂いたので・・大丈夫です。
(ただし、私が充分に理解出来ていない部分で怪しい場所があります)

2まで訳してみたところで、インタビュアーの質問が返す返す失礼で
質問内容に不愉快になって ちょっとだけ訳すのが嫌になっていました。

そこへ、ドラマ「HERO」の放送が韓国で始まったのでそちらに一気に
興味が移って後回しにしてしまっていました。


見て頂きながら、文章の中のフレーズに感情的にとても許せないインタビュアーの
言葉が有ったようで、kyoung先生も呆れを通り越して吐きそうだと言われて居ました。

言葉をまだ充分に理解出来ていない私が不愉快に思う以上に失礼なようです。

それでも、イ・ジュンギと言う俳優がどのような受け答えをしているのかは
知りたいので、頑張って最後まで訳して見ます^^



イ・ジュンギ コスモポリタン インタビュー(1)
イ・ジュンギ コスモポリタン インタビュー(2)
イ・ジュンギ コスモポリタン インタビュー(4)
이준기 ‘독립’ 이니셜 딴 ‘제이지 컴퍼니’서 새출발
イ・ジュンギ「独立」イニシャル 入れた「ジェイジーカンパニー」で新出発




이준기가 독립해 자신의 이니셜을 딴 매니지먼트사 ‘제이지 컴퍼니(JG COMPANY INC.)’ 에 새 둥지를 틀었다.
イ・ジュンギが独立して自身のイニシャルを入れたマネージメント社「ジェイジーカンパニー(JG COMPANY INC.)」に新しい巣を作った。

이준기는 1월말 멘토엔터테인먼트와 계약이 만료돼 최근 신설 독립 매니지먼트사인 제이지 컴퍼니로 거취를 결정하고 새로운 활동을 시작한다.
イ・ジュンギは1月末メントエンターテインメントと契約が満了し最近新設独立マネジメント社であるジェイジーカンパニーに去就を決定して新しい活動を始めた。

제이지 컴퍼니는 이준기 1인 매니지먼트 체제의 법인으로, 전문 경영인의 체계적이고 분리화된 관리 시스템을 토대로 이준기의 활동 관련 사업에 집중 투자, 관리하는 선진화형 전문 매니지먼트 체제를 구축할 계획이다.
ジェイジーカンパニーはイ・ジュンギ一人であるマネージメント体制の法人で、専門経営者の体系的で分離化した管理システムを土台にイ・ジュンギの活動関連事業に集中投資、管理する先進化型専門マネージメント体制を構築する計画だ。

더불어 연예 매니지먼트사 운영 상의 각종 거품을 줄이고 영화, 드라마 등 작품 활동에 집중할 수 있는 최적의 환경을 지원하고 대형 한류스타로서 세계시장을 무대로 가치를 더욱 견고히 세우는 베이스캠프를 마련할 예정이다.
共にする演芸マネージメント社運営者の各種バブルを減らし、映画、ドラマ等作品活動に手中する事が出来る最適の環境を支援する大型韓流スターとして世界市場を舞台で価値を更に強固に建てるベースキャンプを準備する予定だ。

‘제이지 컴퍼니’ 관계자는 “1인 배우가 곧 1인 기업, 국가 자원이 되는 시대다.
「ジェイジーカンパニー」関係者は「ひとりの俳優がすなわち1つの企業、国家資源になる時代だ。

1인 배우를 분리 관리, 집중 지원하는 헐리우드 형태의 에이전트, 매니지먼트와 같이 이준기씨 1인에게만 집중할 수 있는 전문화되고 세분화된 매니지먼트 시스템을 구축할 것이다.
ひとりの俳優を分離 管理、集中支援するハリウッド形態のエイジェント、マネジメントと共にイ・ジュンギ氏一人にだけ集中する事が出来る専門化されて、細分化されたマネージメントシステムを構築することだ。

또 소속사의 개념을 넘어 이준기씨도 모든 사업에 참여해 의견을 공유하며 신뢰를 바탕으로 한 함께하는 1인 독립 전문 매니지먼트사의 새로운 방향을 제시할 것” 이라고 전했다.
また、所属社の概念を越えてイ・ジュンギ氏も全ての事業に参加して意見を共有して、信頼を基礎にした共にするひとつの独立専門マネージメント社の新しい方向を提示すること」と伝えた。

영화 '왕의 남자', 드라마 '개와 늑대의 시간', '일지매', '히어로' 등 작품을 통해 탄탄한 연기력을 쌓으며 명실공히 연기파 배우로 입지를 굳히고 있는 이준기의 새로운 행보에 관심이 집중된다.
映画「王の男」、ドラマ「犬とオオカミの時間」、「一枝梅」「HERO]等、作品を通じて堅固な演技力を積み重ねながら名実共に演技派俳優の位置を固めているイ・ジュンギの新しい歩みに感心が集中する。




************************************************************************

どうするのか心配していましたが、やはり「独立」しましたね^^
独立するに当たって日本の企業等で良く或る同族会社にならないといいなぁ・・
その点だけが心配でした。

きっちり独立会社として設立した上で契約をしたようですね・・。

詳細がよく分かっていませんが、親族等がしゃしゃり出ると
たいていの場合後々、揉め事になっている場合が沢山ありますよね・・。

若いのに本当の意味で自分の足で立つ事を知っている
本当につくづく立派な、素晴らしい青年です。


成功を祈ります^^



・・・しかし 昨年の台湾詐欺事件の際の対応などをみていても
自費を投じて公演を強行出来るほどの発言力を持っていたのですから
すでに独立していたも同然の存在感でしたね・・。
一枝梅の용PD(イ・ヨンソク監督)が書かれたブログ記事から
翻訳して見ました。
土地名や人物名、歴史上の事柄など正確な文字が判らない部分も
ありますが、その点はご容赦ください。

*************************************************************




「一枝梅」記が良く出来て私を分かる方も多く気分がぞくっとしますが「一枝梅」がドラマとして良く作られている部分があるとしたら、それは各分野で最善をつくしたスタッフ達がいたからです。
ドラマのPDは全ての分野に対して大まかに知っては居ますが、そのどんなものも正確に知る事は出来ません。
私が大まかに分かる部分を正確に満たしてくれる人々が「一枝梅」スタッフたちです。
もっと遅くなる前に彼らの自慢をしようと思います。
(私のブログにドラマのPDになろうとする方々が多く来て頂いているのでその方々に助けになるなら良いです)


「イ・サンウク 撮影監督」



「一枝梅」の映像が美しかったと感じられたのならその功の99%はイ・サンウク撮影監督のものです。
イ監督は私に「映画的である感じ」 のようにサイズを広げる事を助言してくださり、色相トーンをチェ・ソンハク照明監督と調整して「一枝梅」のビジュアルを完成しました。
私は監督からただ撮影に対して助言だけでなく演出部分に対しても沢山頼りました。
ある子役俳優が泣くことが出来ない時、イ監督が子供にいきなりしかりつけ涙を流させる事は私にかえすがえす有難い記憶として残って居ます。


「内主閣(?)セット場面」




「一枝梅」の美術はイム・スンウォン美術監督、この主要セットデザイナーお二人の担当でした。
私は美術に対して専門家では無いので彼らに抽象的な概念を投げます。
今回「一枝梅」の美術コンセプトは「隠密な美しさ」と言う抽象語と「高級な感じ」と言う美術チームに宿題を出しました。
そこに赤紫色を基本に1つの色合いトーンと皆さんがご覧になったセットたちをデザインしたのが 上記のお二人です。
内主閣、インジョの別室、戸藩イ・ミョンイルの倉庫などは重ね重ね記憶うに残る素敵なセットでした。
ましてや얼가리(?)畑など土木工事水準の野外セットを完成させた彼らの底力に感謝するだけです。



一枝梅の異常にはSBSアートテック衣装チームタク・ウンジュデザイナーの功が大きい。
衣装の全体的な方向性を捕らえてパステルトーンの色調を取り入れました。
特にヨンイの衣装と一枝梅の黒装束はタク・ウンジュさんとジソンさんの手により誕生しました。
SBS衣装チームのまた違う功は韓服デザイナーイ・ソユン先生を作業に参与して頂いたことです。
イ・ソユン先生は「一枝梅」出演陣の現代的で華やかな感じの韓服を完成させました。
イ・先生は20話の時カメオでドラマにも出演なさいました。
テシクの横で土を掘っていた清志願兵でした。演技おじょうずでした。



「一枝梅」の音楽は既に報道されたとおり日本の「吉俣良」氏と韓国の「パク・キホン」「ウォン・ホギョン」「チョン・チャンヨプ」氏の合作でなされました。
大衆的に愛を受けた吉俣良のテーマ音楽も有りましたが一枝梅のアクションをみたした多くの曲たちとタニのテーマ、ボンスンのテーマ、等がパク・キホン、ウォン・ホギョンお二人の手により生み出されました。
その音楽たちが無い「一枝梅」は想像も出来ません。
ジョン・チャンヨプ氏の電光石火のような音楽演習と選曲が無かったら「一枝梅」は定刻に放送を併せることが出来なかったでしょう。



「一枝梅」の編集はコ・インピョ技師がなさいました。
私のドラマにテンポとスピードがあると感じられたら、それはコ技師の功です。
1話に一枝梅が内氷庫の中で甲衣を「てきぱき」着るモンタージュがありましたがそれはコ技師の功です。
「内氷庫」場面を編集したが余りにも面白くないと感じたコ技師が「甲衣を着るモンタージュ」を撮影しろと助言してくれました。
コ技師は演出の助言を客観化する編集者の役をするだけでなく私の失敗を補充なさるのに沢山記を使われました。


ペ・ジェイル武術監督


何故写真がこんなものばかりしか無いのか・・


「一枝梅」のアクションにはペ・ジェイル武術監督の功が大きいです。
劇序盤余裕がある時は私がアクションシーンに対してあれこれ口出しもしてデイレクションも与えますが、後半に行くほどアクションはぺ監督が責任を追ってやりました。
兵士達の刀のさやに刀を回して美しいアクションや「一枝梅」の継続的なアクションにはペ監督と全てのアクションの武術俳優たちが居なければ作る事が出来ないことでした。
それ以外にも中、後半部ドラマの半分を撮影したスソク助監督、チェ・ヨンフンPD,事前準備と後半作業を責任を負ったソ・ミンソン助監督が「一枝梅」を完成させた張本人たちです。


チェ・ヨンフンPD



ソン・ミンソン 助監督」




スタッフでは有りませんが作家チェ・ランの功は何も言うことがありません。
「一枝梅」と同じ史劇を執筆する事は他のジャンルのドラマを書く事とは次元が異なる事です。
初ドラマに初ミニに素晴らしい底力を見せてくださいました。
それで 案の定 ヨンPDは何をしたんでしょうか?
私は上の人々たちを私と仕事をするように選択して交渉しました。
彼らが心配するように「抽象的な話題」を投げかけました。
彼らが私にドラマが上手く行くように惜しみない助言をするようにさせました。
そして彼らに目標を少しだけ更に高く持つように刺激を与えました。


ドラマのPDは オーケストラの指揮者と同じ人間であると思います。
作家が書いてくれた台本を解析して団員に練習させます。
指揮者は演奏をしたりはしませんが全ての団員達は彼の手の先をみつめます。
高く聳え立っているので多くの顔の注目を受けますが実は演奏は立派なオーケストラ団員たちの体から流れ出ます。
今回にとても立派な団員達が仕事をしました。
有難うございます、スタッフの皆さん!!





p.s.写真は徐々に追加します。
p.s.DCギャラリーにチェ・ソンハク照明監督とイム・スンウォン美術監督、チョロクベム(グリーンステイク)名前であげたのは彼らがあげたのではありません。
誰かの冗談です。


# by 용PD | 2008/08/02 | 일지매←ここから용PDのブログへ行けます^^
エゴマの葉のキムチでおにぎりを作りました^^



ご飯に良く合うので、別々に食べると
お変わりがしたくなります((((^^;

ダイエットの妨げになるので、
こうやっておにぎりにすれば、
食べすぎを防げます(・・・かな・・)

ゆっくり味わって食べます!!
이준기 韓·英·中·泰·日語로 설인사 "응원 감사"
イ・ジュンギ 韓国語・英語・中国語・タイ語・日本語で新年の挨拶「応援感謝」




배우 이준기가 "다사다난했던 지난해에 응원해 준 팬들에게 감사한다"고 밝혔다.
俳優イ・ジュンギが「多事多難だった昨年に応援してくれたファン達に感謝する」と明らかにした。

이준기는 지난 13일 자신의 미니홈페이지에 "경인년 새해 복 많이 받으세요"라며 자필로 쓴 새해 인사 메시지를 팬들에게 전했다.
イ・ジュンギは先日13日自身のミニホームページに「庚寅年新年明けましておめでとうございます」として自筆で書いた新年の挨拶メッセージをファン達に伝えた。

이준기는 "새해 복 많이 받으세요 울 가족들"이라며 "희망찬 경인년 새해개 밝아와요!.
イ・ジュンギは「新年明けましておめでとうございます。私の家族達」として「希望に満ちた庚寅年の新年が明けます。!」

다사다난했던 지난 한해에도 내 배우 생각에 잠못들며 응원을 아끼지 않은 우리 가족들에게 진심으로 감사드려요"라고 썼다.
多事多難だった昨年一年にも私の俳優を思い寝る間も惜しんで応援を惜しまない私の家族達に心から感謝申し上げます。」と書いた。

그는 팬들이 하는 모든 일이 순탄하길 기원한다며 "2010년 여러분과 저에게 또 하나의 큰 선물이 되길 기원합니다"라며 "저도 더욱 노력하고 멋진 배우로 거듭나는 한해가 되도록 노력하겠습니다"라고 전했다.
彼はファン達がする全ての事が順調で有りますようにと願いますとして「2010年皆様と自分にまた1つの大きなプレゼントになるよう願います」と伝えた。

이준기는 이어 영어, 중국어, 일본어, 태국어로 해외 팬들에게 새해 인사를 전했다.
イ・ジュンギは続いて、英語、中国語、日本語、タイ語で海外のファン達に新年の挨拶を伝えた

그는 "태국어는 너무 어려웠다"고 밝혀 눈길을 끌었다.
彼は、「タイ語はとても難しかった」と明らかにして注目を集めた。




*****************************************************************************

ピアノ・エレクトーン教室の発表会当日は バレンタインデー
そして今年は、この日が旧正月でした。

日常的にPCの前に座っていて、ともすると仕事を後回しにしていた
自分に「PC禁止令」を出して準備にいそしみました。

それでも、日常的に覗いていた ジュンギ君のミニHP(ジュンサ)に
新年の挨拶や、ヘアメイク担当のナムスンさんのお子さんの写真など
アップされていて、お知らせしたくても出来ないジレンマを戦いました(((^^;

私がアップしなくても、公式HPやジュンギ君ファンのブログにも
アップされるのに・・・と思いつつ

昨日から「一枝梅(イルジメ)」の放送も始まりました。
DVDも持っているのに(拡大版)などと掛かれて居ると気になり。。
ある種、病に掛かって居るようなものですね。。

これから、また少しずつ更新途中になっているものを進めて行きますので
よろしくお願いします。





いつも、「ひとりごと」を訪れてくださる皆様
有難うございます。

発表会が終わるまで。。。

10日ほど 更新をお休みします。

休んでいる間に ジュンギ君の新たな姿が見られるかもしれませんが
きっちり仕事をした後の楽しみにしたいと思います^^
米米CLUB 君がいるだけで


エレクトーンとピアノのデュオで演奏します^^
前回だったか(?)は 風になりたい を演奏しました。
テーマが明るい、良く耳にした曲を・・^^  
私の選曲です♪・・・ちょっと・・いや、かなり古い!!


地球に乾杯


これは友人の選曲です^^
ジャンベのチームと一緒に!と思っていたのですが、今回は出演が無理との事で残念!


ピアノ協奏曲「宿命」~砂の器


今更 砂の器? と思いつつ ちょっと ピアノコンツェルト風な曲が有ってもよいかと
選曲してみたものの・・・、全くの練習不足でまともに演奏できません。。。 
ちなみに音源はピアノのみです^^

嵐 one love PV 歌詞あり


この曲は、プログラムの一番最後に演奏する予定の曲で、ピアノのデユォにエレクトーン演奏を重ねて、
会場の皆さんが歌ってくれると嬉しいのですが・・^^


アクロス・ザ・ボーダー(ピアノアドリブからテーマの一部)
ムービー.wmv


Jazzテイストの曲
これも、楽譜をまともにさらってなくて・・・初見で併せて以来まださっぱり・・
楽曲はずっと長いのですが・・ピアノのアドリブ辺りからテーマへ戻ったところまで
抜粋してみました。

こんな風に素敵に演奏できるとよいのですが・・。

あと10日・・こんなに 講師演奏の曲が出来上がっていないのも珍しいです。。

さあ、本当に大変です

このほかに、生徒さんとのピアノ連弾も有ったりして・・・



コンセプトは・・・
『子供達の発表会を聞きに来ている 「お父さん」を寝かさないこと^^;』


指導者が楽しげに演奏を披露することも大切ではないかと・・
そう思っているのですが。

今回は・・・逆効果にならないことを祈らなければならないようです。

ふと、ぜんざいを作ろう!と思い立ち
圧力鍋で小豆を煮て・・

ぜんざいを作りました^^;


お餅の形がイビツなのは・・
もう2月にもなろうと言うのにまだ鏡餅が
残っているからで((((^^;


幾らなんでも食べなければ! 
・・・で、ぜんざい と言うことになりました。


後1回分有るのですが・・ きなこ餅にして食べようかと思ってます。。


お餅そのものが余り好きで無いのかもしれません
なんだかんだと味を付けて・・食べます^^




ダイエットは・・この際、忘れて(((--;
先日東京へ行った際、新大久保のコリアンタウンを歩きまわり
色々と物色したのですが・・

途中で ソンピョンを売っていたのでお土産に買いました^^

韓国では、秋夕(チュソク)の時に子供達が松の葉を取りに行き
その松の葉をしいた上に餅を乗せて蒸して作るのだそうで

それが、この ソンピョンです^^




kyoung先生が家に見えた際、このソンピョンを出したところ
即座に反応されて
「韓国のお餅みたいですね!」と言われたので、『ソンピョン』です^^
と言うと、
「そうでしょう!ソンピョンと言います」

嬉しそうにされたので、お土産に選んで正解だったなと、
ひそかにほくそ笑んだのでした^^

松の葉で蒸すのは難しいけれど、別な方法でこのソンピョンも
作ってみようかと思って居ます^^
タイトルは감사합니다(感謝します)




ふと・・・
私達皆が初めて会った日を考えていました・・
余りにも多くの日々を共にしてきたんだなぁ、
過ごして来た映像たちを見ながら
どれだけ重要な約束をしてきたのか・・
その信頼の中で
自分だけの我執だけを育てて来たのではないのか・・
もう一度 僕自信を 反省して見ます。

長い時間応援してくださる家族達にもっと恥ずかしく無い俳優にならなければならないと言う心(気持ち)


ごめんなさい
感謝します

いつも発展する姿をお見せしなければならないのに
今日は何故なのか
とてもごめんなさい・・
^^

そして あまりにも有難う・・



*********************************************************************

余り難しい事を考えずに依頼された仕事を自分に取って
プラスかマイナスか と言うことだけを考えていたら
こんなに悩まないのでは?と思うのですが。。

今までの出演作もジュンギ君なりに吟味して出演して来たのだと
この文章からも伺えますね。

ファンの気持ちも大切ですが、自分自身の気持ちが納得する
そんな仕事を精一杯 自信を持ってやって欲しいです。


・・・そう言いつつ、次回作、待ち遠しいです(((^^;
日付をみると 20100201 01:19 となって居ます。

タイトルは『僕達は ひとつ』





미안해요
소식이 너무 없었죠?
잠시만 기다려줘요

ごめんなさい
消息が余りにもなかったでしょう?
少しだけ待って下さい。


******************************************************************

消息がない・・と嘆いているファンの気持ち
分かっているんですね^^;

私も個人的に新聞記事を捜して見たりしてもさっぱりみつからないし
「一枝梅」のヨンPDの記事を翻訳して見たり、「犬とオオカミの時間」
が衛星放送で放送された物の中でカットされている部分を含めてストーリー
を書いていたものが残り3話で滞っているので続きを書いて気持ちを紛らわせよう
としていたのですが。。。

元気そうな写真と一緒に 数行でもコメントがあると やはり嬉しいです♪


一体なんなんでしょうかねぇ・・ ←自分自身を呆れていたり。。

暖かい春になったら、次回作の話しも聞けるかもしれません。
楽しみに待つことにします^^