俳優イ・ジュンギを絶賛応援中!! ドラマの記事は、ネタばれが含まれます^^韓国語をのんびり楽しく勉強中^^ 目指せハングル検定2級
HWANG PROJECT - ??? ??


Park Hyo Shin (???) and Hwang Project (?????) - The Castle of Zoltar



先週、東京へパク・ヒョシンのコンサート(日本初)を聞きに行って
なんと・・もう、一週間が過ぎました。
時が過ぎるのが、本当に早いです。


今日は2件の披露宴の演奏をして、帰宅したのですが。。
途中、15分ほどの休憩時間に、地下のレストランに居たら
ラウンジからピアノが聞こえてきて・・

聞いて見ると原型をとどめないほどデフォルメされたピアノ演奏で・・
冬ソナの挿入曲でした・・

もしかして、これが冬ソナの「初めから今まで」だと気がつく人がいないのでは?
と思うほど派手に演奏されていました(((^^;

しばらくして「雪の華」が聞こえてきました・・
一瞬にして、先日のコンサートを思い出しましたが・・

次のスタンバイ時間が迫ってきたので、慌てて席を立ちました。
(思い出に浸れなくて残念でした・・・・)


先週日曜日、東京から戻りようやく自宅の或る駅で電車を降りようかと言う時
後輩から電話がかかり、韓国から訪ねてきたと言うお客様に急に電話を交替
させられて 韓国語で挨拶をしたのですが・・

翌々日、後輩と約束してその方にお会いしました。

韓国語でカラオケを歌うことになり、 ジュンギ君の名前を検索したところ
J-Style と 一言だけ の2曲が有って、とても J-Styleは歌えないので
一言だけ を始めて韓国語で歌いました。

雪の華も歌ってみましたが・・この歌は 本当に難しいです。

??? - ?? ? (パク・ヒョシン - 雪の華)

スポンサーサイト
2月から日テレプラスで「一枝梅」(完全版)が放送されます。
そこで、休止していた イ・ヨンソク監督のブログ記事の続きを
訳して見る事にしました。

土地名や人物名、歴史上の事柄など正確な文字が判らない部分も
ありますが、その点はご容赦ください

**********************************************************************


고맙습니다.
有難うございます。

고맙습니다. 여러분 덕에 일지매를 잘 마칠 수 있었습니다.
有難うございます。皆様のおかげで一枝梅をよく締めくくる事が出来ました。

20회 가운데 미흡한 점도 많았습니다.
20話の中で不十分な点も多かったです。

많은 분들이 사랑으로 감싸주셨기에 그 흠들이 묻혀서 지나간 것 같습니다.
多くの皆様が愛で庇護してくださったので、その欠点も見えずに過ぎ去ったようです。

저에게는 또다른 자식이었고, 어느 시점에서는 자식을 잘 키우겠다는 의지보다는 '죽지만 말아다오'라는 절박함으로 시간과 싸움을 벌이며 키웠습니다.
私にはまた別な子供であったし、ある時点では子供を良く育てると言う意志よりも「し布だけはやめてくれ」と言う切迫感で時間と戦いを交えながら育てました。

그런데 꽤나 멋지게 자라서 부모의 마음을 흐뭇하게 합니다.
しかし、とても素敵に成長して親の心を満足させてくれます。

우리 스탭과 연기자들에게 분명 일지매는 아름다운 추억으로 남을 것입니다.
私のスタッフと演技者達に間違いなく一枝梅は美しい思い出として残るようです。

여러분께도 일지매가 오래 기억에 남았으면 좋겠습니다.
皆様にも一枝梅がずっと記憶に残ると嬉しいです。

상당 기간 휴가를 보냅니다.
かなりの期間、休暇を過ごします。

가끔 후일담이라도 올리겠습니다. 고맙습니다.
時々 後日談でもあげます。 有難うございます。

# by 용PD | 2008/07/25| 일지매 ←ここから용PDのブログへ行けます^^
'연예인 사병' 조승우·조인성 6·25 뮤지컬 출연 명(命) 받는다



국방부, 입대 앞둔 이준기·이동건에게도 출연 요청키로
군 복무 중인 배우 조승우(30)와 조인성(29)이 6·25전쟁 60주년 기념 뮤지컬에 출연할 전망이다.

국방부 관계자는 5일 "6·25전쟁 60주년을 기념하기 위해 국방부와 한국뮤지컬협회가 공동제작하는 뮤지컬 '생명의 항해'(김정숙 작·권호성 연출)에 조승우·조인성의 출연을 추진하고 있다"고 밝혔다. 지난 2008년 육군본부가 건군 60주년을 기념해 올린 뮤지컬 '마인(Mine)'에는 당시 군 복무 중이던 강타·양동근이 출연해 화제가 됐었다.



8월 21~29일 국립극장 해오름극장에서 10회 공연하는 '생명의 항해'는 6·25전쟁이 중공군 개입으로 새로운 국면을 맞은 1950년 말 장진호 전투와 흥남철수가 배경이다. 흥남부두에서 피란민 1만4000명을 태우고 떠난 화물선 '메러디스 빅토리'호가 성탄절 새벽 거제도 장승포항에 도착하기까지 2박3일의 여정이 그려진다.

오는 10월 중순 제대 예정인 조승우는 충무로(영화)와 대학로(뮤지컬)에서 동시에 크게 성공한 거의 유일한 배우다. 2008년 12월 입대한 그는 현재 경찰청 경찰홍보단 소속이다. 영화 '비열한 거리' '쌍화점'의 조인성은 지난해 4월 입대해 공군 군악대에서 복무하고 있다. 국방부는 이들 외에 현역 복무 중인 연예인 사병들과 이준기·이동건 등 곧 입대할 예정인 배우들에게도 '생명의 항해' 출연을 요청할 계획이다. 국방부 관계자는 "미군 병사들을 포함해 약 50명이 5월부터 연습에 들어간다"면서 "연예인 사병들이 6·25를 기억하게 하고 국민과 소통하려는 이 공연에 참여해줄 것으로 기대한다"고 말했다.

뮤지컬 '생명의 항해'는 국립극장 공연 이후 대구 등 지방순회 공연도 예정돼 있다. 표의 절반은 재향군인회나 군인 가족을 초대하고 나머지는 일반에 판매된다.


2月から日テレプラスで「一枝梅」(完全版)が放送されます。
そこで、休止していた イ・ヨンソク監督のブログ記事の続きを
訳して見る事にしました。

土地名や人物名、歴史上の事柄など正確な文字が判らない部分も
ありますが、その点はご容赦ください

**********************************************************************



오랜만입니다.
おひさしぶりです。

7월이 시작되었습니다.
7月が始まりました。

이제 일지매도 4주 후면 막을 내립니다.
もう一枝梅も4週後には幕をおろします。

많은 분들이 여전히 [일지매]를 사랑해 주셔서 고마울 뿐입니다.
沢山の皆様が依然として「一枝梅」を愛してくださり有難く思うばかりです。

지난 일 주일 간 저희 스탭은 지옥과 같은 한 주를 보냈습니다.
先週一週間私どもスタッフは地獄のような一週間を過ごしました。

대규모 몹신과 밤 장면이 몰려있는 한 주였는데 장마와 짧은 여름날이 [일지매] 제작진을 무척 괴롭혔습니다.
大規模で大変なシーンと夜の場面が集まっている一週でしたが、梅雨と短い夏の日が「一枝梅」制作陣を非常にこまらせました。

그래서 아마 영상의 톤이 불일치하는 부분도 많이 있을 것입니다. 양해바랍니다.
ですから、おそらく映像のトーンが不一致である部分も沢山有るようです。ご了承願います。

몇가지에 변명이랄까 항변을 해봅니다.
いくつかに 弁明というか意見を述べます。

오늘 한 뉴스에 작가의 쪽 대본으로 제작이 생방송 체제라는 뉴스가 올라왔습니다.
今日、或るニュースで作家の方の台本で制作が生放送態勢だと言うニュースがあがりました。

이는 사실과 맞지 않습니다.
これは事実と合っていません。

일지매 작가 최 란 선생은 대본 약속 하나는 철두철미하게 지킵니다.
一枝梅作家チェ・ラン先生は台本の約束1つは徹底して守ります。

스탭들에게 전달이 늦게되는 것은 제가 촬영에 매여있는 관계로 작가 선생과 대본에 대한 논의가 늦어졌기 때문입니다.
スタッフに前月が送れてしまうのは私が撮影に縛り付けられている関係で、作家の先生と台本に対する論議が遅れてしまうからです。

촬영이 당주 촬영 체제로 간 것은 쟝르 자체가 제작 시간이 많이 소요되는 드라마고, 그로인해 자연스레 종방에 가까와지며 시간에 몰리게 된 것입니다.
撮影が当週撮影体制に入ったのはジャンル自体が制作時間が沢山必要になるドラマであり、それにより自然と終盤に近づくに連れて時間に集まってしまうことになってしまいます。

저희는 제가 작가에게 요구한 추가 대본 이외에는 지금까지 쪽대본으로 촬영한 적이 없습니다.
我々は私が作家に要求した追加台本以外には、今まで断片台本で撮影した事はありません。

매회 인쇄한 책 대본을 들고 촬영합니다.
毎回印刷した台本を持って撮影します。

일지매가 세태 풍자를 한 것으로 여기시는데...
一枝梅が世の中を風刺したと思っていらしたのに・・・

이런 해석이 저희에게 득이되는지 실이되는지 모르겠습니다만 궁궐 격쟁이나 청 사신관 앞 봉기는 기획 단계부터 예정되어 있던 것이었습니다.
この様な解釈が我々に特になるのか損になるのか分かりませんが、宮殿格層や事務管理前、蜂起する計画段階より予定されていたことでした。

작년 여름에 나온 일지매 기획안을 검토하신 분들은 이를 확인하실 수 있을 겁니다.
昨年夏に出た一枝梅企画案を検討なさった方々はこれを確認することが出来ました。

저로서는 드라마와 현실이 비슷해진게 씁쓸합니다.
私としてはドラマと変実が似てきたのが苦々しいです。

연장방송에 대해서 말씀드린다면...
延長放送に対して申し上げるならば・・・

SBS는 더이상 일지매의 연장 계획이 없는 것으로 알고 있습니다.
SBSはこれ以上一枝梅の延長計画が無いことを知って居ます。

이는 [일지매]가 상당히 제작비 투여가 많은 고비용 드라마이기 때문입니다.
これは「一枝梅」が相当に制作費投与が多い高費用ドラマであるからです。

여기에 지난 해부터 촬영을 강행해 소진된 제작진의 체력도 문제가 있습니다.
ここに昨年から撮影を強行して消耗した制作陣の体力も問題があります。

용두사미처럼 끌기보다는 장렬하게 20부로 마감하렵니다.
竜頭蛇尾のように延ばすよりは壮烈に20話で締めくくります。

끝까지 열심히 하겠습니다. 마지막까지 일지매 사랑해 주세요.
最後まで頑張ります。   終わりまで一枝梅を愛してください。


# by 용PD | 2008/07/03 | 일지매 ←ここから용PDのブログへ行けます^^
一枝梅の용PD(イ・ヨンソク監督)が書かれたブログ記事から
翻訳して見ました。
土地名や人物名、歴史上の事柄など正確な文字が判らない部分も
ありますが、その点はご容赦ください。

*************************************************************

이준기 스탭놀이
イ・ジュンギ スタッフごっこ(遊び)
촬영장을 놀이터로 만든 이준기의 만행을 공개합니다. 같이 놀아난 스탭들은 뭡니까?
撮影場を遊び場にするイ・ジュンギの蛮行を公開します。共に遊ぶスタッフ達はなんですか?











# by 용PD | 2008/05/28 | 일지매 ←ここから용PDのブログへ行けます^^
一枝梅の용PD(イ・ヨンソク監督)が書かれたブログ記事から
翻訳して見ました。
土地名や人物名、歴史上の事柄など正確な文字が判らない部分も
ありますが、その点はご容赦ください。

*************************************************************


1,2부 지적 고맙습니다.
1・2部視聴 有難うございます。


PDは、作品で語らなければならないのですがこのようにブログという媒体があると、何度も口を開くことになり恥ずかしいです。
1,2話を放送した「一枝梅」を面白くご覧になった方々もいらっしゃいますが、ところどころの未熟な部分を指摘なさる方々も多いようです。
主な指摘はCGに関する事、編集に関する部分であると知っています。

口火を切ったついでに弁明をしてみますと・・・


CGがぎこちない部分が発見されたでしょう。
代表的に「透明マント」をあげられて、その他にも指摘された部分が有りました。
しかし私はむしろ「視聴者の方がこれだけしか発見出来なかったので、ちょっと幸いだ」という安堵のため息をつきました。
一枝梅の1,2話は、全体シーンの80%余りの量がCGを通して完成されました。
普通のドラマらは120分基準3分程度の量がCGの結果だとすると「一枝梅」は、8分分量のCG作業が有りました。
或る屋が重なって見えたなら全てCGでした。
私は空いた空間を取ってデジタルアクターが場所をうめた部分も多かったです。
今回にわが国に電信柱がおいと言うことを改めて知りましたが、あちこちの現代物やワイヤーをまんまと消してしまいました。

「透明マント」の場合、「一枝梅なら周囲の環境にカメレオンのように同化して消える技術が有ったんじゃ無いだろうか」と言うアイディアで始めましたが結果が滑らかでなかったようです。
CG試写をした後、そのショットを削除しようかと悩みもしましたが短く入れました。
大人の目にはぎこちなく見えましたが「ハリーポッター」を好きな幼少年達には面白く楽しませることにならないかと言う計算もありました。すみません。

皆さん方の批判にもかかわらず「一枝梅」CGチームは最小の時間に最少の費用で作業を進行しました。
沢山の予算を集める事が出来ないPDとして、利点は私がCGチームに大変に有難いと思う部分です。
3話の氷の場面も皆様に非難をされる覚悟をしています。
俳優とスタッフの安全のためにリアリティーを犠牲にしました。沢山叱ってください。

15年以上を編集と言う過程を通じてドラマを作ってきた私でもなんと言うか良く出来た編集だとむやみに断言できない曖昧な面があります。
「天衣無縫」という言葉が有りますが視聴者の目に止まらないように良い編集をと言うのが当然な回答であるようです。
しかしながら私がその様な無難な編集をあまり好みません
わざと視線方向をぶつかるように飛ばす演出もして少しだけ視聴者たちを驚かせる、よくない癖もあります。
感情の連結が良いならば動作が飛んだとしてもショットを連結させようと言うのが私の主張です。
1・2部の場合10分以上のシーンを削除して無いように速度感を付けてエンディングに意味を加えました。
元来台本上連結しえ居るシーンを無くして計画に無い場面をつないだので滑らかでない部分が有る事も当然です。
皆様の批判が当然だとおもいます。
しかし物語りに速度感を付けて演出の失敗を校正したコ・インピョ技師の働きに大変有難く思って居ます。

視聴者の皆さんが自然にドラマにはまった時間があるならば、それはコ・インピョの功績です。
私は私の演出より優れた効果が出て満足していますが、編集者がどうする事も出来ない演出の間違いもあります。
視聴者のみなさんも少し大目に見てくださると有難いです。
これこそドラマ演出が辛いところです。 更に学ばなければなりません。

オーディオの場面、強風機や雪の場面の場合、事後ダビングに依存しました。
するにはしたのですが、同時録音でないのでいくつかの部分で口と声が合いませんでした。
花びらが舞ったり雪が降ったりする部分は全て撮影後に録音しました。
音が出ない強風機と降雪機がとうじょうすると良いです。

指摘してくださった皆様にもういちど感謝の挨拶を申し上げます。
TV演出は「次善の選択」をしなければならないと言う話しをします。
私のその様な選択が水準の高い視聴者の眼目には途方もないほど不足している事のようです。
しかし、熱心に仕事をしているスタッフ達を叱るのには、彼らの情熱が私には有難いです。
いつか我々のドラマも米日ドラマや映画の水準まで行くことでしょう。
その日まで皆様の鞭を甘んじて受けます。
感心を持ってくださり有難うございます。

# by 용PD | 2008/05/23 | 일지매 ←ここから용PDのブログへ行けます^^


***今回、文字数制限で撥ねられてしまったので、ハングルタイプを削除しました(((--;***
23日(土)~24日(日) 1泊2日で東京へ行って来ました^^

昨年暮れからパク・ヒョシンのコンサートへ誘われて居たのですが
例によって、私の仕事のスケジュールがギリギリに決定するので
1月2週目に入るまで決めかねていました。

正直言って半分は諦めて居たのですが、仕事が入らなかった事と
別件の仕事でストレスを沢山受けて居て、20日(水)になって
いきなり私の気持ちの中で決意が固まり、ざっとスケジュールを
組み立てた後、チケットが無ければ意味が無いのでローソンにチケット購入しに
行きました。

もう、残り少ない事を証明していたかのように2階席の後ろの方、そして
一番右端と言う席を確保する事が出来、それからやおら飛行機とホテルを
押さえました。

ホテルを押さえる際に大事な事はネットが繋がる事、この条件を見たして
1泊一万円以内で禁煙で・・・。

コンサート会場、中野サンプラザホールに可能であればひと駅以内のホテル
ポイント利用して8000円で宿泊した部屋が ・・・


シングル禁煙(140cm幅ダブルサイズベッド・LAN完備)

写真には無かったのですが、足マッサージ機も置いて有って、むくんだ足を
マッサージしながら、PC作業をしました♪

旅の間中、せっせとシャッターを切ったのは、景色ではなく「食べ物(((^^; 」
23日は午前中に二人、ピアノの生徒さんをレッスンして、その足で12時には出発!!

飛行場で食べた昼食は・・

パンとスープのセット^^

食事後、飛行機で旅立つまでに幾多の困難を乗り越えることになります(爆)

先ず、預ける手荷物バッグの中にノートPCを入れていたら、確認が出来ないとのことで
カバンを開けてPCだけ出して確認する事に・・・。
空港で荷物を広げて入れなおす作業が・・。

手荷物で持ち込んだ方が安全なのは分かって居ますが、私のノートはちょっと
サイズが大きい(((^^; 重たい・・。
結局預ける事にしましたが、PCは手荷物で預けても免責だとの事で同意のサインをもとめられ・・。

更に、安全確認で薬を飲むかもしれないので手荷物カバンに入れているペットボトル
携帯にMP3,デジカメ、を別にして、ゲートを通ると「カ~ン!!」・・・(((--;

靴を脱いでもう一度通るように言われ・・。
再度・・「カ~ン!!」(((--;

女性係員に代わると言われ、手を広げてチェック・・。
一度確認済みのペットボトルは、再度検査しても言いですか?と問われ、中身を調べたようです。

福岡空港はセキュリティーが厳しい??

ようやく飛行機に乗り京急、JRを乗り継ぎ更に乗り換え、ホテルに到着したのは、コンサート開演15分前。

チェックインを済ませて部屋に荷物を置いたら即、中野サンプラザへ・・。

ホテルへ道のりを確認すると新宿駅まで歩けと言う所要時間8分?
地図で確認した感じでは、タクシーで道が混んで居なければ電車ひと駅なので間に合うはず!

ホテルの前からタクシーを拾って、いざ!!中野サンプラザホールへ。

タクシーの運転手さんも10分位で付きますよと言っていたのですが、何せ夕方。。
車が渋滞してました(((^^;

18時開演に10分遅れで到着、1曲目は諦めるべきかと思っていたら、まだ、開演して
居ませんでした。
席に到着して、上着を脱いで一息ついたところで バ~~ン!!^^

丸で私の到着を待っていたみたいだ!!((((^^;
なんて、とんでもない事を思いながら、幸いにも1曲目から歌声を聞く事が出来ました。

CDもとても素敵なのですが、生の歌声は本当に素晴らしくて
広い音域を本当に魅力的な声で歌い上げます。


タイトルを全て覚えているわけでは無いので・・・演奏曲準をお知らせする事は
私には出来ないのですが・・(申し訳ないです)
数曲歌ったところで、挨拶を日本語で始められました。

日本語とても上手でした。

それから、韓国語で話し初めて・・・。
内心通訳はどうするんだろう?と思いながら聞いていましたが。

日本での始めてのコンサートに、こんなに大勢の皆さんが来てくださるとは思って居なくて
さらに心配も沢山したとの事で、日本で初コンサートだし(もしかして海外でも初?)
言葉も通じないだろうし(韓国語の歌なので・・と言う意味だと解釈しました)韓国国内で
コンサートするようなつもりで同じには出来ないと考えていたと言われて居ました。
(上記、随分意訳だし、かなり記憶も曖昧になって居ますがその様な事を言われて居ました)

その後、通訳を介さずにずっと喋っていた事に気が付いた ハク・ヒョシン氏、ごめんなさいといいながら、一旦話しを中断。

男性声で、改めて通訳をした後、女性の声で通訳が始まりました。

このコンサート前に韓国で風邪をひいてしまい、コンディションは最悪だった様子でした。
それでも、ご本人の口から聞くまでは体調が悪いと言うことが分からないほどの歌声でした。

病院で注射を受けた買ったけれど、外国人で有る事からなかなか注射をして貰えず、あちこちの病院を訪ねたようです。
ようやく注射を受けましたが、効果がまだ現れていないと言われていたので、少し熱があるのか、のども痛いと言われていたのでかなり辛かったようです。


体調が悪い状態でコンサートが危ぶまれたほどだったと言われていましたが、その事よりも
コンサートへ向けて体調を悪くした事自体、自己嫌悪されていた様子でした。

日本人歌手の中で、ミスチルのファンで、コンサートを聞く為に日本を訪れたことも
有るそうです^^
・・と言うことで ミスチルの 「しるし」を日本語で
クリスタル・ケイの Kiss も素敵に歌いました。


さて、最後の曲を歌い上げて、体調が悪いと知りつつも鳴り止まない拍手とパク・ヒョシンコール

内心、余りにも再登場が遅いので、こんなに長い事現れないアンコールは初めてだと
思っていたら・・。

なんと、衣装を変えて登場。
ダンサー達とステージを左右に移動しながらダンスを踊りながら数曲(確か3曲?)
これには驚きました。

ダンスは 好きです と言ってました。

日本で始めてのコンサートだけれど色々心配せずに、自分がやりたい事をすればいいのだと
そう言うことを思いましたと言っていました。

2222席、が全て埋まったコンサート、始めはとても緊張していたそうですが、だんだんと
雰囲気も分かってくるに連れて、体調が万全で無かったことがとても悔しい!そんな
様子でした。

最善を尽くして出来る限りの事を・・ そう言い続けていましたが、その先の言葉は
続けずに、次に会う事が出来るのであれば、もっと素敵な姿をお見せしたいです。と言う言葉に変えていました^^

確かな手ごたえが有ったと思われます。


途中、パク・ヨンハ氏がステージに現れて、10年来の友人だそうで、作曲家でもある
社長をステージに呼び出して、これから国際的な歌手になって言って欲しいパク・ヒョシン君と
社長の顔を日本の皆さんは覚えてくださり、応援をお願いしますと言ってました。

パク・ヒョシン氏映像を見ていても、今回のコンサートでも口調が穏やかで、ゆっくり目
なので、彼が話している韓国語はほぼ完璧に理解する事が出来ました。

ストレスはとうに吹っ飛び、悩んでいたことも忘れてコンサートを満喫した私は
「今回決心して東京まで来たけれど、本当に良かった!」と幸せな気持ちで一杯になりました。

コンサート終了後、このブログに書き込みをしてくださるJullyさんと合流。
赤坂にある兄夫食堂(ヒョンブシクタン)に移動して、写真の料理を注文、お腹一杯食べました^^







このお店には、沢山の色紙が壁一杯に貼られていて、ジュンギ君のサインも有るはずなのですが、
私達が座った座席から見えるところには有りませんでした。
ミーハーなので、今回、ジュンギ君が訪れたお店で夕飯を食べようとJullyさんを半ば強引にお誘いして(((^^;

素晴らしいコンサートの後、美味しい韓国料理を食べて、ほぼ最終電車でホテルまで戻りました^^

翌朝、宿泊したホテルの1階にある喫茶店で朝食。



天気が良ければ 横浜まで行きたかったのですが、想像以上に疲れていたので・・。
横浜へはもう少し暖かい季節に行く事にして、新大久保の町を歩いて見る事にしました。

新大久保のコリアンタウンは、ちゃんと調べて居なかったので・・本当にひたすら歩き回り。。

どの店に入っても東方神起 ヨン様 の準でグッズが(((^^;
買い物をして、ここでも、ジュンギ君が立ち寄った店だと紹介されていた番組を
Jullyさんが紹介してくださり、24日のお昼はココで食べると決めて居たので。。


韓国式中華料理 



行きは中身を明けるように言われたカバンも、そのまますんなり預けて、更に警報音もならず、すんなり飛行機に乗って、
帰りの飛行機では、搭乗客も皆疲れているので、寝ている人も多く^^

コーヒーを飲む気持ちにならないので、機内サービスの時、本当に珍しくリンゴジュースを
お願いして、美味しく飲みました^^

向かい風なので、復路の方が時間が長いのですが、ゆったりと幸せ気分で帰福。


地下鉄、大牟田線と乗り継いで帰宅後、PCの仕事もいつもよりは不満を漏らさずに
さくさくこなしました^^;


国内旅行・・しかも東京へ行ったのに、 食事の中心が韓国料理と言うのが
今の私をとてもよく物語っている そんな旅でした^^

お付き合い頂いたjullyさん 有難うございました^^
おかげで楽しい旅になりました。

一枝梅の용PD(イ・ヨンソク監督)が書かれたブログ記事から
翻訳して見ました。
土地名や人物名、歴史上の事柄など正確な文字が判らない部分も
ありますが、その点はご容赦ください。

*************************************************************

일지매 장가보냅니다.
一枝梅(イルジメ) を結婚させます。



오늘 드디어 첫방송을 합니다.
今日、ついに初放送です。

연출자로서 첫 회가 방송될 때면 다 키운 딸을 시집보내는 기분입니다.
演出者として初回が放送される時には、皆、育てた娘を嫁がせる気分です。

일지매가 남자인 만큼 이번 경우에는 장가보내는 것이 되겠지요.
一枝梅(イルジメ)が男であるだけに、今回の場合は妻をめとらせる事になるでしょう。

부족한 것도 많고 아쉬움도 많습니다.
不足していることも多く、物足りなさも多いです。

세상에 내놓기 전 뱃 속에 있을 때 좀더 공을 들였어야 한다는 뒤늦은 후회도 해봅니다.
世間に出す前に、お腹の中にある時にもう少しだけ精魂込めるべきだったと言う後悔をてみます。

아무쪼록 시청자 여러분께서 사위 하나 들인다는 심정으로 못난 부분은 눈 감아주시고 잘난 부분만 봐주셨으면 좋겠습니다.
なにとぞ視聴者の皆様には息子がひとり入るという心情で足りない部分は目をつぶって、良く出来た部分だけ見てくださると嬉しいです。


남은 방송 기간도 좋은 드라마를 보일 수 있도록 최선을 다하겠습니다.
残った放送期間も、良いドラマを観る事が出来るように最善を尽くします。


# by 용PD | 2008/05/21 | 일지매 ←ここから용PDのブログへ行けます^^
一枝梅の용PD(イ・ヨンソク監督)が書かれたブログ記事から
翻訳して見ました。
土地名や人物名、歴史上の事柄など正確な文字が判らない部分も
ありますが、その点はご容赦ください。

*************************************************************


子役は神がくださったプレゼント

多くのドラマが物語を主人公の子供の時代から解いて行きます。
子供の時代が紹介されると「あの子は幼い頃からそうだった」、
または「あの子は幼い頃から兆しが見ていた。」
と言う式でキャラクターを視聴者に楽に理解させる長所が有ります。
主人公達の関係を幼い時から構成しておけば成人した後にも時間が与える意味が乗せられ、運命的で有るプロパビリティー(蓋然性)を所持する事が出来る。
ここに劇の序盤に俳優達のスケジュールが前作と挟まり解決が上手く行かない時、子役の登場は制作の障害点を解消してくれたりもします。
だから、多くのドラマが子役で出発します。



ジングとダビン



普通7歳以上の子供俳優達が有る程度台詞を持った役をやり遂げます。
しかし子役俳優達は神が下さったプレゼントです。
7歳から15歳程度の子供俳優達が演出の指導で演技が良くなる場合は殆ど無いからです。
演出はきわめて基本的で有る方向と台詞の解析を与えます。
もちろん、その子供の俳優達が一人で(実はご両親の助けを沢山受けてるでしょう)その台詞を覚えて識文を表現します。
現場で演出が催促して説き伏せても演技がよくなったりしません。
子役俳優達は大部分生まれ持った感性で成人顔負けの訴える力で配役を消化します。
勿論、その子の中にも演技が少し劣るけれど大人達の心をゆるがせて、「可愛い」を連発させることが出来る容貌で視聴者の心を開く容貌型俳優も居ます。



ギョム役の ジング



子供達に演技を指導する事は簡単では有りませんが演技を良く出来る子供を選ぶ要領があります。



まず、良く遊んで活発な子供であるかどうか調べます。
撮影する過程になにしろ色々な人々が関係するので人見知りする子供は演技する事が簡単では有りません。



次に 言語能力が優れているかどうかよく見ます。
台詞を理解して演技する行為はやはり言語駆使力と密接な関係が有るからです。



最も重要な事は交換を持てる容貌を持ったのかと言うことです。
全ての子供達が皆大切だが、全てが皆魅力有る容貌を持っている事ではありません。
大人が好感を感じれば、「可愛い」「良い顔をしている」と言う言葉を子供はしょっちゅう聞くことが出来、そんな賞賛と激励が子供達が演技を良くする事が出来る動機付与になります。


前に話した様に、子供の容貌に演技の不備である部分が隠される部分も当然相当します。



最後に子供が撮影を楽しい遊びだと思わなければなりません
私が会った全ての子役俳優達は監督の叱責にも関わらず「撮影上が楽しい」と同様に答えました。
面白いから上手に出来るのです。



遊んでいるジング


一枝梅もこのように神が下さったプレゼントを沢山受けました。
幼いギョム役を引き受けて5ヶ月を苦労したジング、スマク役のヨン・ハギ、ボンスン役のダビン、ウンチェ役のユン・ジョンイ、シフ役を引き受けたタウッなど多くの子供達がその間苦労しました。
劇の成敗を左右する1,2話であるだけに演出とスタッフの意欲が凄かったので、その間この子供達の心を傷つけているのでは無いか心配です。
この子供達が全て立派に成長して私と共にした記憶がうつくしいきおくになったら嬉しいです。



シフ役の タウイッ 最後の撮影 後


# by 용PD | 2008/05/10| 일지매 ←ここから용PDのブログへ行けます^^
一枝梅の용PD(イ・ヨンソク監督)が書かれたブログ記事から
翻訳して見ました。
土地名や人物名、歴史上の事柄など正確な文字が判らない部分も
ありますが、その点はご容赦ください。

*************************************************************


방송일시가 일주일 당겨졌습니다.
放送日時が一週間繰り上がりました。


5월 21일 수요일이랍니다.
5月21日 水曜日だそうです。

원래 8월인줄 알고 준비하던 것이 [대물] 준비가 주춤해 5월로 당겨져 28일이었는데
일주일 앞당겨져 21일입니다.
元来8月であると思い準備していた事が[代物]準備が停滞して5月に繰り上がり、28日だったですが一週間前に繰り上がって21日です。

일지매 제작 때문에 2주 연장한다고 사방에 인터뷰하신 김은숙 선생...
一枝梅制作のために2週延長すると司法にインタビューをなさったキム・ウンスク先生・・・

나중에 술 한잔 사시옷!!
後で お酒を一杯 


# by 용PD | 2008/05/10 | 일지매 ←ここから용PDのブログへ行けます^^
이준기, 국내외 팬들과 이틀에 걸쳐 특별한 종방연
イ・ジュンギ、国内外ファン達と二日に掛けて特別な最終放送



大韓民国小市民の悔しい心情を代弁したと言う評価の中に幕をおろしたMBC水木ドラマ「HERO」で熱血記者ジン・ドヒョクで好演を広げたイ・ジュンギを賞賛するアジア全域のファン達の多様な激励メッセージが連日オンラインを熱く飾っている。

この様なファン達の熱い愛にイ・ジュンギは先日14、16日二日間「HERO」最終回を国内のファン達、そして海外のファン達それぞれの場所で観覧する特別な最終放送イベント時間を持った。


中国ポータルサイトソフドットコム関係者は「2010年1月第2週はまるで「HEROーイ・ジュンギ」別れ週間のようだ。

1年を待ってイ・ジュンギのドラマに接したファン達名ので特に感慨が深いようだ。特に海外のファン達は更に感動を感じている雰囲気」だと明らかにした。

先ず先日14日ソウルコーエクスメガバクス劇場で進行した「HERO」最終放送イベントはイ・ジュンギの公式国内ファンクラブの「ハジュンセ」のファン達が主催した行事で300名のファン達が共に団体観覧をした。

1時間早く到着したイ・ジュンギはファン達と多様なイベントで和気あいあいとした時間を送った。

最終回観覧にイ・ジュンギの餅ケーキカッティング式が始まる屋ファン達は一斉に「ドヒョク~お疲れさま、愛してる」とひとつの声で1年間「HERO」を準備したイ・純gの最後を熱く共にした。


また、16日ソウルカンジャン洞メロンアクスホールでの最終放送イベントはイ・ジュンギフォトゾーン、ドラマ「HERO」フォトゾーンと写真撮影をする300名の日本ファン達で少し早く大変な賑わいをなした。

イ・ジュンギは「夏に主に作品を沢山撮影したが「マイガール」以降初めて冬に作品を撮影した。

今年の冬はとりわけ寒さが厳しくて撮影しながら大変苦労した。


これからは夏に沢山撮影しなければ。」として面白い感想を伝えた。

イ・ジュンギは舞台で日本ファン達と最終回を観覧しながら特にNG映像の中のいたずらっ気がたっぷりの彼の愛嬌ある映像に現場は笑いが絶える事がなかった。

足蹴りを見せて欲しいと言う日本のファン達の要請に機転が聞く足蹴りをプレゼントして店拍手を受けた。

また、即席でOST抽選を通してプレゼントを伝達しながら一人一人に握手と抱擁に応じた。

最後には現場の全てのファン達と30名ずつの小グループに分けて団体写真撮影を終えたイ・ジュンギは3時間に及ぶ特別な最終放送イベントを終えた。

国内、海外ファン達と感動的である最終放送イベントを持ったイ・ジュンギは「ドラマHEROのために1年の長い時間が流れたがそれよりも1年の時間を通して共に待ってくださり応援と声援を送ってくださるファンの皆様にとても感謝します。

多くのことを感じてくださった「HERO」にも最後までファン達が居て下さるので1年の時間をよく過ごすことが出来たようだ。

海外のファン達が最終放送イベントを持った事も始めての事なのでとても面白い経験だった。

2010年 多様な活動を期待して欲しい」として感謝の感想を明らかにもした。

一方、韓国観光公社名誉広報大使に委嘱されてもいるイ・ジュンギは現在若干の休息を持って2010年韓国韓国公社名誉広報大使としての計画と時期作を綿密に検討中だ。


*******************************************************************************

仕事で行けなかったので、諦めたイベントでした^^
直に会う事が出来るチャンスはまためぐって来ることを願いつつ

元気で活躍してくださる事を願っています。

来年には軍隊へ行ってしまうでしょうし。
出来ればドラマでも映画でも良いので、後2作品くらい残して頂ければ・・


・・・って、私は兎に角 わがままを言ってますね((((ーー;



***またまた、文字数ではねられてしまったので、ハングルタイプは削除しました***
ヘソンの住んでいるオフィステルの地下駐車場。
ヘソンが逃げようとしているところへ駆けつけたドヒョクがヘソンを呼び止める。

社長の言った通りだな、お前が逃げるかと思って来たと言い、イルトゥが怖いと見えるなと言うドヒョク。
そこへ、同じ地下駐車場に1台の車が停車する。
車から降りたのはイルトゥで、丁度ドヒョクがヘソンが手にしている封筒の中身について
「イルトゥの悪事の証拠をお前が作った資料だろう?何処に送るんだ?放送局か?大世日報か?」と話しているところだった。

ヘソンは、行く所まで行くとしてもこれくらいの事はしてやら無いと と返事をする。
ドヒョクが逃げるのではなく、イルトゥに対して堂々と復讐をしろと問い詰め始めた時、
同じ駐車場の別の場所に停車した車からホギョンが降りる。

ドヒョクはヘソンにハンギョルとチルソンの殺人教唆だけでも2件の証人になれるのだから
そうやって逃げずに復讐をしろと迫っていた。

ヘソンは、胸倉を掴んでいるドヒョクの手を振りほどいて、それは出来ない、復讐のために俺の人生をだいなしにするなと言ったのはお前だろう。と言うのだった。

更にヘソンは、お前こそ今更復讐しろと言うのはどう言う訳だ?と言った後、あ~、イルトゥが逮捕されないとヨンドクが出てこれ無い、どうした物かな・・。助けられそうに無いと平然と話すヘソン。

それらの話しを聞いていたホギョンは少しはなれたところで同じ話しを聞いている父イルトゥの姿を見つける。

そして、歩いていこうとするヘソンをドヒョクが呼びとめ、イルトゥは車に乗り込み発車させる。
走ってきた車の様子がただ事では無いので、走り寄ってヘソンを突き飛ばしたドヒョクはヘソンの変わりに車に撥ねるられてしまう。
ヘソンは、倒れて頭から血を流しているドヒョクをそのままにして、落とした封筒を拾いその場から去る。

一連の事を全て目撃したホギョンは、おそるおそるドヒョクの傍に近づく。

表通りに出たヘソンは、イルトゥに電話をする。
電話に出たイルトゥはドヒョクのおかげで命拾いしたなと言い、ドヒョクについても、父親と同じように轢き逃げされたなと言う。
ヘソンが自分を殺そうとしたのかと訪ねると、殺そうとしたのではなく殺すと言うイルトゥ。

ヘソンが手にしている書類もそれごときで揺らぐ自分では無い、どのような事をしても探し出して必ず殺す、お前の母親も無事では済まされないと脅すイルトゥ。

その言葉を聞いて、ヘソンは封筒をポストに投函しようとしていたが、思いとどまる。

更にイルトゥは自分が監獄に入ったらお前が一番危険な目にあうぞ、ホギョンに連絡をしても同じだ、静かに死んだ様に暮らせ、そうで無いと地の果てまで探して俺が殺すと脅かす。

それらの通話を全て盗み聞きしてしまうホギョン。

さて、洗濯物をたたんでいたドヒはどうにも動悸がして仕方が無い。
ソルはヨンドクに面会に行ったドヒョクの帰宅が遅いので気にする。サンチョルがドヒョクに電話を入れて見るが電話に出ない。

ヘソンがドヒョクの引き逃げ現場に戻ってみると。ドヒョクの姿は無く、携帯がずっとなっていた。
ドヒョクの携帯を拾うヘソン。

病院のベッドで目が覚めたドヒョクは、鞭打ちのギブスをはずし、輸血?の針をはずしてヘソンの部屋へ行く。
ヘソンが留守だった為、ヘソンの母の店へ行くドヒョクは、ヘソンの母から、外国へ行くと言う連絡がヘソンからあったと聞かされる。

そこで、電話を借りたドヒョクはジェインにヘソンが出国したかどうかを調べて欲しいと頼む。
そして、ヘソンの母にも外国に到着したと連絡が入ったら自分に知らせて欲しいと連絡先を託す。

ヘソンは母親が心配で、実家に駆けつける。車から降りて辺りの様子を見ているとドヒョクが家から出てきたので、呆れたと言う表情を見せる。
ふらふらと歩き出したドヒョクがヘソンの姿を見つけると、生きて居たんだなよかったと笑顔で声を掛ける。
そして、幾らなんでも置き去りは無いだろうと言うドヒョク。

ヘソンはそれでも、一体どう言うつもりだ、お前が何故自分を助けるんだ。命を助けたのだから自分の言う通りにしろとでも言うつもりかと詰め寄る。

ドヒョクはそうじゃなくてイルトゥがお前を殺すかもしれないと思って心配したんだというとヘソンはお前が何故心配をするんだと文句を言う。

ドヒョクは有難うの一言が言えないのかと呆れ顔で言う。

ヘソンはそれでもまだ、俺が何故お前に有難うを言わなければならないんだ?俺はお前を殺そうとしたんだ、そうなっても構わない。
なのにお前は何故俺を助けるんだ?死を望んでもいいんじゃないのか?と言う。

ドヒョクは、俺が何故そうしなければならないんだ?と逆に尋ねる。

お前が俺を殺そうとしようがしまいが、関係ない、言っただろう、人が一番重要何だ。とそう言うドヒョク。

お前に何かを望んで助けたわけでは無いと言うドヒョクに、偉そうにするなとヘソン。
お前が望む物はなんなのか言って見ろと言われたドヒョクは

逃げろ、イルトゥに捕まったら無事で入られないし、自分はこれ以上人が傷つくのを見ている事が出来ないと言うドヒョク。

そう言って立ち去ろうとしたドヒョクは、数歩進んだところで倒れてしまう。

病院へドヒョクをはこんだヘソン。
ドヒョクに付き添っていたが、ドヒョクが言っていた言葉を思い出していた。

そうして、ドヒョクが意識を取り戻すと、傍らの椅子にドヒョクの携帯をおいたままヘソンが姿を消していた。

さて、病院へやってきたジェインは、車に撥ねられた人が何故そうやって出歩くんですか?
何か間違いがあったらどうするつもりですか?と説教をする。

ドヒョクは説教を聞かなくていいようにチーム長に連絡したので怒らないで下さいと言う。

ドヒョクのことを怒っているわけでは無いと言うジェイン。
流石のドヒョクも今回ばかりは車のナンバーを覚える余裕など無かった。
頼みの綱は現場の監視カメラの映像だった。

満身創痍のドヒョクはそれでも、ヘソンの事を心配するのだった。
そんなドヒョクに呆れた様子のジェイン、自分の変わりに車に轢かれた人を置き去りにする人ですよ、そんな人を心配するんですか?と言うのだった。

イルトゥは大世グループに復帰し、本業の経営に専念すると言う新聞記事があがる。
姿を消しているヘソンが全ての罪を負った形でイルトゥはまたも罪から逃れようとしていた。

とりあえずイルトゥが大統領になる姿を見ずに済んだが、新しい党を立ちあげるなり、4年後の選挙を見据えるなりして
今後もイルトゥが大統領になる事を画策する懸念は有るが、兎に角少しずつイルトゥがどんな人物であるのかを知らせる成果は
あがりつつあるので、焦らないでいこうと言うドヒョク。

そして、署名活動に出るのだった。

イルトゥは大世グループの幹部会議で、一連の事件に関して弁明をする。
そして、ヘソンがひとりで過剰に自分に忠誠する余りに起こした事で、自分が選挙のために事業をおるすにしている間にこんな事になってしまったと言うのだった。
謝罪の意を表明するイルトゥ。幹部らを丸め込んでしまった。

ドヒョクは検察庁の検事からヨンドクの裁判に対しての弁護士を紹介して貰う。
無料で弁護してくれると言うのだった。そして、この検事もイルトゥの再捜査のために何とかなら無いかと動いているのだと言う。

ジン・ドヒョクさん、大した人ですね。
世の中が変わりつつあるでは無いですか。根性1つで。と言う検事。

ドヒョクは、持っている物がそれだけなので。と答える。

上手く行くでしょう、私達は希望を持ちましょう。と言う検事。

そしてヨンドクは懲役1年の判決が降りる。
思ったより短いと言うヨンドクは、イルトゥがどんな手を使うか分からないと心配するドヒョクに、自分は簡単にやられる人間では無い、
反省文も沢山書いて模範生として出てくるから心配するなと言う。

約束を守れなくて申し訳ないと言うドヒョクに。

急いで出来ることじゃないことは分かっているだろう?一日にひとりずつ自分達の見方を作れば1年で365人が見方になるんだ、
すごい事じゃないかとドヒョクを悟す。

さて、警察署では監視カメラの映像を確認していたが、その映像には車に轢かれたドヒョクを置き去りにするヘソンの様子と
その後でドヒョクの様子を見に来たホギョンの姿が写っていた。

ジェインとドヒョクはホギョンをたずねて、ひき逃げした車に誰が乗っていたのか証言を求めるが、ホギョンは知らないと言う。
ヘソンの事も何処に居るかも分からず、連絡も無いと言う。

イルトゥはまだ大統領になる目標を諦めて居なかった、今回は静かに身を引くとして次回の大統領選挙には必ず出馬すると言う。
その頃には民衆も一連の事件を忘れてしまっているはずだと言う。
そして、議員らの協力を要請するのだった。

イルトゥは娘のホギョンを呼び出す。
ホギョンの態度が冷たいので、何時までそんな態度でいるのかと言うが、ホギョンは態勢を変えない。

ヘソンが自分への復讐のためにわざとホギョンに近づいた時に自分が気が付くべきだったなどと話すイルトゥ。
ホギョンはヘソンに対してどんな罪があるのかと問うが、イルトゥは記憶に無い、ヘソンが誤解をしているのだと白を切る。

そんなイルトゥにホギョンは、疎ましい と言う言葉を使うのですが、역엽다 台詞ではヨッキョウォ。 韓国語を教わっているkyoung先生によると、疎ましいと言う単純な感情ではなく吐き気がするほどの強い拒否感情だそうです。

パパは立派な人だと思っていたのに、私がオッパ(ヘソン)を殺そうとした事を知らないと思ってるの!と言ったホギョンは
イルトゥの目の前で警察署に電話をして、ヘソンのオフィステルの地下駐車場で起きたひき逃げ事故の車に乗っていたのはイルトゥ会長だ
自分が直接証言しますと通報する。

さて、ホギョンの目撃証言によりイルトゥ逮捕の新聞記事があがる。
潜伏していたモーテルでその新聞をみたヘソンは、ホギョンに電話をしようと携帯に電源を入れて迷っていると
メッセージが届く。

ホギョンかっらで、パパがオッパに悪いことをした事、私が変わりに謝るわ。ごめんなさいと言うメッセージだった。
更に、私にわざと近づいたとしても、その間とても幸せだったし、本当に愛していたと言う
これからは全てを忘れて幸せになってくれたら嬉しいと言うメッセージだった。

その後、届いたいくつものメッセージは全てドヒョクからで、流石のヘソンも最後には呆れる。

その最後のメッセージには、ヘソンの父の話しが入っていた。
ヘソンの父親はお前の言うような弱い人間ではなく命がけで情報を手に入れ、当時の再開発地域でイルトゥがどんな形で悪事を働いていたのかと言う
その情報をドヒョクの父親に提供したのだと言うのだった。

それを知ったチルソンがヘソンの父親に危害を加えたのだ、自殺をしたのも弱いからではなく絶望をして、いくら頑張っても駄目だと希望を失ったからだと言う。

自分のお父さんが取材していたヘソンのお父さんは決して弱い人間ではなかった。その事を伝えておきたかったと言うメッセージだった。

ヘソンは母の食堂を訪ねてくる。
ご飯を下さいと言うヘソンに喜んで準備をする母。

母はどうなっているの?新聞を見ているけれど、辞表を出したの?婚約も解消したの?
会長は逮捕されたみたいだけれど何処に行っていたんんだ?と質問するが、
一つ一つ返事をするヘソンに、母はどうした事か自分が聞いた事に一つ一つこたえてくれて、今日はどうしたんだい?と言う。

ヘソンはそんな母に、何年かちょっと行かないといけないですと話す。

そして、ヘソンは警察署に自主する。
知らせを聞いて警察署に来たドヒョクは、ヘソンの姿を見て死んだかと思ったじゃないかと声を掛ける。

ヘソンは、初めて素直にドヒョクに対して助けてくれて有難うと言う。

ヘソンは自分の父とドヒョクの父が成し遂げられなかった事を終わらせなければならないと思ったと言い
ドヒョクもその言葉にうなづく。

ドヒョクは手帳を片手に、録音機をテーブルに差し出し、ジェインが警部補としてヘソンを尋問する中で
ドヒョクが取材をし、ヘソンが証言を始める。

ヘソンが差し出した資料は、イルトゥから政治家へ流れた不正献金等の資料で、一連の事件に関する事実が明らかになる。

そんな中、イルトゥの再捜査、映像公開への署名も着実に増え続け、検察側はとうとうイルトゥの映像を公開する。

ついにヨンドクも嫌疑が晴れ、解放される。
ヨンドク日報の記者達と娘のユリが出迎える。

ひとりの小さな訴えから始まった事が巨大な力を発揮する事となった。


それから、2年が過ぎ・・
ナ刑事とジェインの母が結婚していて、ナ刑事は相変わらず例のジェインの母のクッキーを
美味しいと毎朝食べている様子。

ナ刑事が自分と同じ携帯を結婚1年記念にと母にプレゼントして中の良い様子を見たジェインは私も早く結婚しなくちゃという
ナ刑事はそれは良い事だが、誰に嫁ぐのかが問題で、ドヒョクはだめですよと言う。
ジェインの母は、隠すことが出来ないのは、愛とくしゃみとオナラじゃないですか、とさらりと言う。

一方ドヒョクは朝から運動に余念がない、ほこりがすると言うドヒにお腹の肉を落とさなければと言うドヒョク。
その言葉を受けてお腹の肉なら自分が落とさなければならないと言うサンチョルに、ドヒがすかさず
何故ですか?そこがサンチョルさんの魅力ポイントじゃ無いですか、とドヒ、サンチョルカップルもラブラブな様子。

さて、朝食の時間にジョンが不機嫌そう。
サンチョルが何か不満でもあるんですか?と質問すると、ジョンが話し始める。

ジョン:ミノ(友達の名前らしい)はクリスマスの時にお父さんに汽車を買ってもらったって
ドヒョク:おい、お前はおじいさんが大きなロボットを買ってくれたじゃないか。
ジョン:叔父さんは、もう!僕は汽車の話しをしてるんだけど!
ドヒョク:汽車もロボットも同じおもちゃじゃないか!
ジョン:違うよ、僕が汽車の話しをしたなら、地下鉄や自動車や消防車の話しをしなくちゃ!
ドヒョク:おい、お前問いただしてるのか?
ソル:おじさん、問いただしてるんじゃなくて、話しがそうだということでしょ。そうよね。
ジョン:うん
ドヒョク:分かった、わかったよ。おじさんが後で汽車買ってやるから。
ドヒ:だめよ!もう,ねだれば良いかと思って、すぐにそうなんだから!
ジョン:誰がいつもそんな風に言ったって・・
ドヒ:この子は・・
ソル:お母さん、髪型を変えてあげて
ドヒ:なぜ?
ジョン:いつもヘルメットみたいだとからかわれる
ドヒョク:わかったよ、後で叔父さんと一緒に床屋へ行こう。
ジョン:僕、おじいさんと行く
ヨンドク:そうか、そうしよう
ドヒ:あ~もう分かったから、ご飯食べて
ドヒョク:話せるようになって良かったよ。話すようになったのはいいが、良く喋るからうるさくて敵わない。
ソル:おじさんがそうぞうしいのも並大抵ではないんだけれど
ジョン:そうだよ、自分がもっとうるさいくせに!
ドヒョク:そうか、ジョンすまないな、ご飯食べよう!

ジェインとナ刑事は仲良く自転車で連れ立って出勤、警察署では新人刑事が居て、オ刑事らが2年前のイルトゥ事件について話をしていた。

ヨンドク日報では、相変わらず取材を続けていたが、ガヨンとジュニョンが皆が呆れるほどのラブラブぶり。
ドヒョクは120分の討論出演打診が来るほどになっていた。

ヨンドクもセミナーを開くようになっていた。

そして、ヘソンが出所してくる。
ドヒョクはジェインと出迎えに行き、インタビューをと話しを持ち掛けるがヘソンはインタビューなんてしないと言う。
元気でしたか?とジェインに声を掛けるヘソン。ドヒョクはジェインの肩を抱き、もう自分の恋人だと言い、
君、その表情はよくないなぁ。。とジェインに言うがジェインはドヒョクの手を振り払い、ヘソンに行きましょうかと声を掛ける。

ドヒョクとジェインはヘソンの母の店にヘソンを送り届ける。
お母さんのムグンジ(古漬けのキムチ)の味は本当に最高だと言うドヒョク。
ジェインとドヒョクは時々ヘソンの母の店で食事をしていたのだった。

ドヒョクは就職するならヨンドク日報に来いと声をかける。鼻で笑うヘソンに素直に有難う位言えないのかと言うドヒョク。

母の店に歩いているヘソンを見送りながら、少し楽に見えますねと言うジェイン。
ドヒョクはさあね、相変わらず嫌な奴だとつぶやく。
ところで、さっきは嫉妬したの?とドヒョクに聞くジェイン。
何で嫉妬なんか・・と相変わらず良い感じの二人。

ヘソンが店に入ると母が誰かに話しかけている。
あんたがした所で後で私がやり直さなければならないんだからもう止めて出てきなさい。
どうしてそんなにきちんと出来ないのか。

すると若い女性の声で、お母様それは酷すぎますと返事が帰ってくる。
みるとホギョンが店の手伝いをしていた

更に母は、お母様と呼ぶなと言ってるだろう。と言うと ホギョンはお母様じゃなかったらお父様なんですか?と応戦している。
(この事からもホギョンが昨日今日、ヘソンの母の食堂を訪ねているのでは無い事が分かる。)

母がヘソンに気づき、声を掛けるとホギョンは驚いて荷物を持って店をでようとするがヘソンが黙って手を握って留める。

ヨンドク日報では面接が行われていた。
ヨンドクの娘ユリが採用面接を受けているところだった。

何故この会社に入社したいのですか?と言う問いに、正しい事しか言わないからですと答えるユリ、
その言葉を聞いてウンシクは、歓迎します!と受け入れる態勢をとるが、ガヨンははっきり言ってこれはコネ入社じゃないですか?と難色を示す
ドヒョクは例えば尊敬する記者など居たら・・。と質問すると
イルトゥ事件の記事を書いて記者賞を受賞したジン・ドヒョク記者を尊敬していますと答えるユリ。
ドヒョクは満面の笑みで喜ぶ。

ヨンドクがわが社の社訓を言ってくださいと言われ、すらすらと答えていたユリ
足で走る記者が本当の記者だ
絶対に特ダネを掴むのだと言う執念と意志
堪えて待つことが出来る記者が特ダネを掴む
取材のために流した汗ほど・・
ここで、先が続かない。

注目している記者たち・・ヨンドクがこっそり助け舟をだすが・・。
一同に見つかり笑ってごまかすヨンドク


さて、ヨンドク日報の記者たちは今日も体当たりで取材を行っていた。
取材のコンセプトは辛く悔しい人々の代弁者である事に変化は無かった。

最後は
一度食いついたら話さない。
地球の果てまで探し出し真実を伝える
ヨンドク日報、ジン・ドヒョク記者です!


この決めポーズの後、 ヨンドク日報の建物が写り
「ヨンドク日報を探します」 と言う文字が映し出される。

*****************************************************************************

「HERO」のドラマは、始まる前から色々な話題が出ていました。
先ず、はじめにヒロインに決まっていたハン・ジミンが個人的理由から降板。
ひと月前に急遽決まったキム・ミンジョンは怪我で一週間前に1話は殆ど取り終えて
居たであろう所で降板

ユン・ソイが参加して撮影をしなおし、正直言って先入観もあったと思いますが
1話のユン・ソイさんは演技が消化出来て居ない部分があったように思います。

また、私は直前まで「アイリス」の存在を知りませんでしたが、人気が出るはず
ストーリーも素晴らしいはずと前評判も高く話題を一手に握っていたドラマに
勝てるのかと半ば否定的なニュアンスとも取れる話題の記事を目にしたりしました。

同じ題材であるとか同じスケールであるとかそう言う立場での比較であればともかく
何故ドラマでこの様に視聴率競争をするのか私には理解が出来ません。

放送局、製作者側の立場では当然気にするところだし気にしなければならない点だと
思いますが、視聴者がその事に関して、脚本がどうだ、ストーリーがどうだ、構成がどうだと意見をする事を個人的に読むたびに嫌気が射していました。

結果最後まで視聴率は二桁に登る事はありませんでしたが、コスモポリタンのインタビューを見ると、ジュンギ君もある程度は覚悟が出来ていたようです。
(ここまで視聴率が上がらないと思っていたかどうかは不明ですが)

それでも、出演者は押しなべて皆さん素晴らしい演技で、最初ぎこちないと思っていたユン・ソイさんもこんなに可愛い魅力がある女優さんだったかな?
と思うほどドラマの中の登場人物に馴染んで、ドヒョクと本当に良い感じでした。

以前にも書きましたが、ドヒョクとジェインの二人の関係は理想的で、微笑ましくて大好きでした。

kyoung先生によると、このドラマは季節的に初夏の頃の設定の方が似合っていて
時期的な点でも損をしたようだと言われていました。
それでも、、ドラマは面白く見て居ます。と余り昔からドラマを見る習慣が無い方なのですが最後まで楽しんでご覧になったようです。

さて・・このブログの文字数ギリギリになって来たので、この辺りでくどくどと書くのを
止めにします^^

ちなみに、このドラマ タイトルは 1号2号・・・とつづき、最後16話は最終号となっていました^^


最後に、ここに上げているストーリーは、私の今の実力で聞き取れているものなので
とんでもない間逆の意味を書いている可能性もあります。
韓国語は比喩や肯定すべき文章を否定形を用いて表現する事が結構あるので・・・

まだまだ至らない点が沢山ありますので、見つけ次第訂正して行きたいと思います。
お気づきの点がありましたら是非アドバイスをお願いします。

・・・と言うことで、「HERO」 これにておしまいです^^

有難うございます。
演技をしているジュンギ君の姿を、そしてその演技も素晴らしかったので
色々取り沙汰されて居ますが個人的には大満足しています。



ヒーロー DVD-BOX 1
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン


ヒーロー DVD-BOX 2
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン


イ・ジュンギ主演 韓国ドラマ ヒーロー OST
クリエーター情報なし
韓国

警察に拘束されて留置場に入ったドヒョクは、
自分は忙しいので早く取調べをしてくれと訴える。
そこへ、ジェインが様子を見にやってきて、表の様子を尋ねるドヒョク。

しかし、ドヒョクが流した映像についてはどの新聞社も触れていず
ドヒョクが拘束された事を唯一かいたナラ日報の記事を見てジェインも駆けつけたのだった。

簡単な取調べで解放されるはずなので、もうしばらく我慢するようにと言うジェイン。

ヘソンはイルトゥに娘のホギョンに近づいたのも、復讐のためにわざと近づいたのだと
告白していた。
イルトゥが大統領になり全てを手に入れそうなその瞬間に陥れて苦渋をなめさせる予定
だったが、ドヒョクのおかげで全てが台無しになったと淡々と話す。

これからは、イルトゥを利用していく事も復讐の手段としてはありえることだと言うヘソン。

さて、取調べが始まったドヒョク。
該当で民衆を集める前に事前に届出が必要で有ることを知らなかったのかと問われ、
時間がなかったのだと答えるドヒョク。
届出を出しても許可も降りなかっただろうけれどとつぶやくドヒョクは、その点の
自分の非は認めるのだった。
取調官は、ピケを持って立つ事も危険行為になる事を知らないのかと言うが、ドヒョクは
人を殺すように命令した人は合法で、真実を伝えて逮捕を促すことは違法なのかと反論する。

人を集めて怪我人が出たらどうするつもりだったのかと言われたドヒョクは、それにたいしても、
警察が出動する前には誰も怪我なんかしていなかったと反論する。

そこへナ刑事が様子を見にやってきて、ドヒョクに取調官が聞いた事のみに返事をして
要らない事は喋らないようにと警告して出て行く。
(ドヒョクが墓穴を掘らないように配慮した模様)

集まった人々にお金を渡したのかと問う取調官。
ドヒョクは自分にはお金なんて無いと答える。


ヨンドク日報でも、ドヒョクが拘束され、このまま大事になるのでは無いかと心配していたが、
ジェインから、型どおりに取調べが行われたら罰金などの処分で解放されるはずだと聞かされ、安心する。


イルトゥの選挙事務所では公開された映像に付いて少なからず問題になっていた。
法的にとり沙汰されて居ないにしても、民衆の真意は少なからず穏やかでは無いはずだと
心配する党の幹部らだが、ヘソンはあれしきの事で落ちる支持率ではない
世間の人々もそのうちに忘れてしまうと反論する。


さて、ドヒョクは解放されることをひたすら待っていたが、なんと緊急拘束されてしまう。
検察庁に送られて取調べが始まったドヒョク。
誰の差し金で人を集めて、有りもしないことを広めたのかと問われる。
ドヒョクは、確認されない事実を公表した事はないと反論するが、ドヒョクの行為は名誉毀損に値するのだと言う。

証拠不十分の画像を何処で手に入れたのかと言われたドヒョクは、自分が命を掛けて手に入れた映像だと言う。

マスコミの記者として有りもしない事実を記事に書いて広めても良いのかと言う検察官に
ドヒョクは、ヨンドク日報がいつからそんなに立派な新聞社になったのか?
自分はやるべき事をやっただけだと反論し、反省の余地は無いと言うのかと言う検察官の問いに自分は間違っていないと答えたドヒョク。

ドヒョクは拘置所に収監されてしまう。

ヨンドク日報へも電話が入り、イルトゥの記事をかくと名誉毀損で拘束すると言われてしまう。

拘置所へ収監されたドヒョクには面会も許されず、外部との接触を遮断されてしまっていた。


ドヒョクに関しての報告を受けたヘソンは、イルトゥにドヒョクの件は処理が終わりましたと報告する。
娘ホギョンの事を心配するイルトゥ。
ホギョンはイルトゥの電話には出なかったが、イルトゥの目の前絵でヘソンがホギョンに電話をすると
電話に出たホギョン、場所を尋ねるヘソンに居場所を教えた様子。
何処にいるんだと訪ねるイルトゥに一瞥だけくれて黙って出かけてしまうヘソン。

ホギョンはあの映像はなんなのか教えて欲しいと言う。
ヘソンはイルトゥも自分の家族でホギョンが大事なのでイルトゥの悪事を隠してきたのだと言う。
ホギョンはお父さんの顔を見る事が出来ないのでホテルで過ごすと言う。
しかし、ヘソンは自分のオフィステルに来たらいい、そして自分達は結婚を急ごうと言う。


さて、ジェインは映像をドヒョクに手渡した事でこんなに大事になってしまい、自分の思慮が足りなかったとヨンドクに謝る
しかしヨンドクはジン記者はやるべき事をやっただけだと言う。

ジェインは、記者たちが記事を書けば書くだけドヒョクが危険にさらされるので、しばらく静かにしているようにと言うのだった。

ドヒは、明らかに悪いことをした人が堂々と表をあるいていて、何も間違って居ないドヒョクが何故拘束されなければならないのかと嘆く。

大世グループでは、事態の収拾が行われた事をイルトゥとヘソンが報告していた。
そうして、イルトゥが自室へ戻ると、ヨンドクが待っていた。

ドヒョクが拘束されて寂しそうに見えると言うイルトゥに、ヨンドクはお前が寂しそうに見えると言う。
ドヒョクを解放してくれと、頼みに来たのかと言うイルトゥに、お前にはそんな力は無いはずだが、全てヘソンに奪われたんじゃ無いか?と言うヨンドク。
いつ家族から刃物をつき付けられるか不安だろう?と言うヨンドクに、自分を甘く見るな
ヘソンは利用価値があるので傍に置いているだけだというイルトゥ。

お前の時代は終わった、俺の時代も同じ事だ。そう言うヨンドク、一体何しに来たんだと言うイルトゥにこれ以上悪事を働かないように忠告をしに来たと、それだけを言うとヨンドクは部屋から出て行く。

ヨンドクはハンバーガーショップで娘のユリに会っていた。
ユリもドヒョクのことを心配していたが、大丈夫だと言うヨンドクにうなづくユリ。


ドヒョクが名誉毀損で拘束処分されると言う記事が掲載され、それに対する反論記事も書くことが出来ずにいらだっているヨンドク日報の記者たち。
ドヒョクが居ないとなると何をして良いのか途方に暮れる。

ヨンドクはドヒョクの変わりに自分が拘置所へ入る事を決意して、後の事は頼むとサンチョルに託して警察署へ出向く。

ジェインらはその方法しか本当にないのかと言うが、自分の決心は代わらないと言うヨンドク。
ジェインが、ドヒョクが受け入れるとは思えないと言うが、自分は説得する事が出来ると言う。

そして、ナ刑事が面会などでは映像が録画されてしまうので、伝えるのは難しいと言うと
鳩を飛ばすと言って配下の者を拘置所へ送りドヒョクにヨンドクの手紙を伝達させる。

ヨンドクは自分が変わりに拘置所に入るこの事しか今は方法が無いと言う。
世間もヨンドク日報の記者たちにも自分ではなくドヒョクが必要とされているのだと言う。
このまま、ドヒョクが拘束され、皆が歩みを止めてしまったら今までの苦労が水の泡となってしまうと言うのだった。

そしてヨンドクは、自分は必ず勝利して自分を拘置所から出してくれると信じている。
最善を尽くしてくれ。
お前を信じていつくしんでいる、チョ・ヨンドクよりと言う内容が書かれていた。

検察庁に出頭したヨンドクはイルトゥに復讐する為に記者達を利用したと告白を始める。
ドヒョクがしでかした事も自分が命令したのだと言うヨンドク。
なかなかその事を認めないドヒョク。

ヨンドクは自分がドヒョクの家族を手元に置いているので家族に害が及ぶかも知れ無いと
恐れて認められないのだと言い始めるヨンドク。

ドヒョクはやむなく、ヨンドクに命令されてしたことだと認める。

解放されたドヒョクを出迎えるジェイン、ヨンドク日報の記者たちは言葉が無い。

ドヒもドヒョクの変わりに拘束されたヨンドクを心配する。
ドヒョクもこれからどうやって過ごしたら良いの、申し訳なくてどうやって暮らしたら言いのとやるせない気持ちになる。

ヨンドク日報の社長室に入ったドヒョクは、以前俺がお前の後ろを守ってやると言ったことを思い出していた。
そうしたらまた、監獄へ入らなければならなくなりますよと言ったドヒョクに、もしそうだとしても今度は悔しくは無いようだと言っていたヨンドクの言葉を思い出していた。

ドヒョクはユリに会い、お父さんが監獄へ収監されたのは自分のせいなので、誤解し無いようにと話すのだった。
必ず出てこれるようにしますと約束する。

ユリに会った時に自分の携帯を渡してこの番号に連絡するからいつも持っているようにと話していたのだった。

ユリはとても父親にたいしてお父さんと呼ぶ事も出来なくて冷たかったかなと気に掛かっていたと言う。
必ず出てこれるように約束してくださいと言うユリ。


ヨンドク日報では記者達が集まり、ドヒョクにあまり申し訳ないと思うなと言う。
今度は何をどうするのかと問う記者達。

ドヒョクは残された事は1つだけだ、自分達が勝たなければならない人、頼らなければならない人々の心を動かすことだと言う。

サンチョルは、ヨンドクから託された手紙を差し出す。
そこには「最終ラウンド、本当に怖い喧嘩屋は、まさに勝つ時まで飛び掛る人だ」と書かれていた。

そうして、ドヒョクはひとりデモを始めた。
チェ・イルトゥの再捜査と映像公開を求めて署名運動も始めたのだった。

ドヒョクの姿を見たヘソンは様子を確認したが、ドヒョクが始めたひとりデモは違法でないためなんの手を施すことも出来ない。

しかし、大した力になるわけでは無いので、心配するには及ばないと言うヘソン。


ヨンドク日報の記者たちもあちこちで手分けをしてひとりデモを開始する。

そうして日を王ごとに署名が集まり始め、ついにナラ日報がドヒョクらの署名活動を記事に取り上げる。

更に、ヘソンが解雇した元大世日報の記者がドヒョクのデモの手伝いを始めている事実を知る。

該当で、インターネットヨンドク日報のHP上での署名が少しずつ少しずつ集まり始めていた。

ジェインは、ナ刑事オ刑事と屋台で飲みながら、ドヒョクを助けようと思うと決意を話す。
二人の刑事は間違えば大変なことになるかもしれないと言うジェインに、構いませんと言い
自分達も協力する決意を見せる。

翌日より、警察署の前でジェインらもチェ・イルトゥ再捜査・映像公開についての書名を集め始める。

ジェインらが署名を集めているとドヒョクが警察署に訪ねてくる。
ジェインは自分のせいでこう言う事になったのだと思うと申し訳ない気持ちだったと話す。
ドヒョクはジェインのような刑事ばかりだったら世の中、本当に住みやすいでしょうにと言うと。
ジェインもドヒョクのような記者ばかりだったら世の中、本当に住みやすいでしょうにという。
自分らが署名を集めたところでいかほどの助けにもならないでしょうけれどと言うジェイン。
ドヒョクは助けになって居ますと話す。

ドヒョクは支援者が助けてくれることになり、ひとりデモを3日に一度することになりましたと報告する。

ドヒョクは、初めて勝てるかもしれないという気持ちになったと告白する。
自分のように持っている者も無くきちんと学んだ事も無く、成し遂げた事も無く・・
そんな自分がどうやったら勝つことが出来るのか そう思っていました。

正直そう思っていたんですと言う。

ジェインは、確かにその通りだけれど、ドヒョクはよい人ですと言う。
その言葉に、身の置き所がないように照れるドヒョクに、だから自分はドヒョクが好きなんだと言うジェイン。


イルトゥの戦況事務所でも議員達が警察署までが署名に乗り出した事を受けて穏やかでは無い様子。
どうやら深刻さを増して来ていると懸念する。

抗議の電話や市民団体などが大世グループにやってきて抗議を始めていた。
支持率も下がり始めていたのだったが。。

イルトゥは強気な様子を示すのだった。


監獄のヨンドクに本とタオルの差し入れがあり、タオルにソルとジョンの「おじいさん、頑張ってください」と言うメッセージが刺繍されていた。


さて、ヘソンはメディアに取り上げられ始めた署名活動などの様子を深刻に受け止め
他社の記者達を集めて対策をこうじようとするが、けんもほろろに断られてしまう。

そしてイルトゥはついに党の公認からはずされてしまう。

大世日報の記者達は、ついにストライキ大世日報は大世グループからの独立を要求する。


追い詰められたイルトゥはヘソンに怒りの電話を掛け。
お前を生かしておく理由がなくなったと言うが、ヘソンは大事なお嬢さんが自分の手の中にいる事をお忘れですかと反論する。


さて、ドヒョクはヨンドクに面会してイルトゥの様子を知らせると、なにか思案している様子。
その様子をいぶかるドヒョク。


一方イルトゥはホギョンの画廊を訪れて荷物をまとめてヘソンの所から出てくるようにと説得しようとするが
ホギョンから反論されてホギョン平手打ちしてしまうイルトゥ。

ヘソンは、イルトゥの裏金と賄賂の帳簿をプリントしたうえ、母親に電話を入れてしばらく海外に行きますと報告する。

そして、荷物をまとめて部屋から出て行く。


地下駐車場で周りの様子をきにしながら歩いているヘソンにドヒョクがやってきて声を掛ける。

うちの社長の言った事は本当だな、お前が逃げるかもしれないと言っていたが、イルトゥが本当に怖いみたいだなと言うドヒョク。

こう言う形で逃げないでイルトゥに復讐をしろと言うドヒョク。

そんな事は出来ないと言うヘソン。
監獄に入るのが嫌だからかと言うドヒョクに、復讐のために俺の人生を台無しにするなと言っていたのはお前じゃないのかと言うヘソン。

ドヒョクの説得を無視して歩き始めたヘソン。
そこへ一大の車がスピードを上げて走ってきて、危険を察知したドヒョクがヘソンを突き飛ばし、変わりに車に撥ねられてしまうドヒョク。

倒れたドヒョクを置き去りにして、資料が入った封筒を拾い、その場から去って良くヘソン。



ここで続く。

*****************************************************************************

どういうこと!!!!
と言う事態で今回終了した15話。

予告を見るとハッピーエンドのようですが、どのように事を
治めるのか楽しみです。



韓国ドラマ『HERO』 16話 最終話(イ・ジュンギ主演)



ヒーロー DVD-BOX 1
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン


ヒーロー DVD-BOX 2
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン


イ・ジュンギ主演 韓国ドラマ ヒーロー OST
クリエーター情報なし
韓国



2010年イ・ジュンギの年に招待された皆さん歓迎します。^^

イ・ジュンギという星がまぶしいほど明るく輝けるように、
いつも同じ場所で大きな力をくれる皆さん感謝します。
世界最高の名品のファン達を持った俳優イ・ジュンギ。
その名前に,そのすべての愛に次ぐ恥ずかしくない俳優になるべく
狂ったように走ります。

私たちが初めて会ったその日が数日前のようなんだけど
すでに 来そうになかった2010年を共に迎えていますね

愛しています
ありがとうございます。


2010年にも福を沢山もらって,私の家族たちだけ良い事で満ち溢れますように~^^
ふふふ


**********************************************************************

始めは別の画像だったのですが、4時ごろに更に新しい画像に変わり
BGMも変わりました^^

サイワールドの画像は保存が難しいです、後ほどどこかから探してきて
アップします^^


'히어로', '정의가 승리한다' 희망메시지 전하며 종영
「HERO」、「正義が勝利する」希望のメッセージを伝えて放送終了



거대 권력 대세일보와 대항한 삼류기자 진도혁의 진정성과 끈기를 그린 '히어로'가 "진실은 승리한다" "정의는 살아있다"는 희망의 메시지를 전하며 종영을 맞았다.
巨大権力大世日報と対抗した三流記者ジン・ドヒョクの真正性と根気を絵外だ「HERO]ga
『真実は勝利する』『正義は生きている』と言う希望のメッセージを伝えて放送を終了した。

14일 방영된 MBC 수목드라마 ‘히어로’(박지숙 극본, 김경희 이동윤 연출) 마지막회에서는 온갖 악행과 비리를 저질렀던 대세일보 최일두(최정우 분)가 파멸을 맞으며 끝을 맺었다.
14日放送されたMBC水木ドラマ「HERO」(パク・ジスク脚本/キム・ギョンヒ演出)最終回ではありとあらゆる悪行と不正を犯した大世日報チェ・イルトゥ(チェ・ジョンウ扮)が破滅を迎えて終わりを迎えた。

최일두에게 복수하려던 강혜성(엄기준 분)의 계획은 쉽지 않았다.
チェ・イルトゥに復讐しようとしていたカン・ヘソン(オム・ギジュン扮)の計画は容易ではなかった。

지하주차장에서 강혜성을 죽이려는 목적이 분명한 뺑소니 사고가 있었고 강혜성 대신 진도혁이 사고를 당하며 간신히 목숨을 건졌다.
地下駐車場でカン・ヘソンを殺そうと言う目的が明らかなひき逃げ事故があり、カン・ヘソンの代わりにジン・ドヒョクが事故に遭い、辛うじて命を救った。

하지만 최일두의 협박으로 강혜성은 복수를 실행하지 못했다.
しかし、チェ・イルトゥの脅迫でカン・ヘソンは復讐を実行する事が出来なかった。

그러나 최일두의 만행은 딸 최호경(신주아 분)의 증언으로 만천하에 공개됐다.
しかし、チェ・イルトゥの野蛮な行為は、娘のチェ・ホギョン(シン・ジュア扮)の証言で国中に公開された。

최일두가 혜성을 죽이기 위해 직접 운전한 것을 목격했고 전화로 협박하는 과정도 모두 엿듣고 직접 경찰에 신고한 것이다.
チェ・イルトゥがヘソンを殺すために直接運転していた事を目撃して、電話で脅迫する過程も全て盗み聞きして直接警察に申告したのだ。

혜성은 복수를 위해 의도적으로 호경에게 접근했지만 그에 대한 호경의 마음은 진심있으며 아버지의 이중적인 모습에 큰 상처를 받은 것이다.
ヘソンは復讐のために意図的にホギョンに接近したが、それに対するホギョンの心は真心があり父親の二重的で(裏表の)ある姿に大きな傷を受ける。

진도혁(이준기 분)의 진심이 강혜성의 마음도 움직이기 만들었다.
ジン・ドヒョク(イ・ジュンギ扮)の真心がカン・ヘソンの心も動かすようにした。

강혜성은 복수를 위해서라면 다른 사람의 죽음에도 끄떡하지 않는 인물이다.
カン・ヘソンは復讐のためになら他の人の死にもびくともしない人物だ。

자기 대신 차에 치인 진도혁을 아랑곳하지 않고 버려뒀을 정도.
自分の代わりに車に轢かれたジン・ドヒョクに知らんふりをして置き去りにするほど。

하지만 진심으로 자신을 걱정하는 진도혁을 보고 마음을 바꾸어 검찰에 최일두가 거물급 정치인들에게 뇌물을 제공했다는 증거를 제공하며 자수해 법의 심판을 달게 받았다.
しかし、心から自分を心配するジン・ドヒョクをみて心を入れ替えて警察にチェ・イルトゥが大物政治家たちに賄賂を提供していたと言う申告を提供して自首して、法の審判を甘受した。

‘히어로’는 힘든 싸움이지만 정의가 승리한다는 희망의 메시지를 전했다.
「HERO」は辛い争いではあるが正義が勝利すると言う希望のメッセージを伝えた。

삼류신문사 용덕일보기자인 진도혁의 도전은 계란으로 바위치기였지만 작은 힘이 모이고 모여 바위를 깰 수 있음을 증명했다.
三流新聞社ヨンドク日報記者であるジン・ドヒョクの挑戦は卵で岩を撃つようなものだが小さな力が集まれば岩も砕くことが出来る事を証明した。

또 국민 한 사람 한 사람의 힘이 모이면 얼마나 큰 힘을 발휘할 수 있는지를 보여줬다.
また、国民ひとりひとりの力が集まれば、どんなに大きな力を発揮する事が出来るのかを見せてくれた。

또 진실과 정의를 위해 싸운 주인공들이 결국 소소한 일상에서 행복을 느끼는 소시민적 삶으로 돌아가 제 위치에서 제 역할을 묵묵히 해내는 시민 모두가 ‘영웅’이 될 수 있음을 증명했다.
また、真実と正義のために戦う主人公達が、結局小さな人生から幸せを感じる小市民的暮らしに戻り、自分の位置で自分の役割を黙々とやり遂げる市民全てが「英雄」になることが出来る事を証明した。


********************************************************************************

本当に終わってしまいましたね・・。
ヘソンの父がドヒョクの父に情報を提供した事によりチルソンからリンチをうけて
自殺したヘソンの父。
そして、その情報を手に入れた事により、殺されてしまったドヒョクの父

それぞれの息子達が互いの父親が無し得なかったことをやり遂げるため
ヘソンは情報を提供し、ドヒョクは記者としてその情報を取材するシーンは
本当に感動的でした。

そして、ここでも親から子へ・・と言う韓国ドラマならではの構図がありました。


おどろおどろしい復讐劇、主人公が怒りにたけり狂う復讐劇も嫌いではありませんが
こんな形で、肩に力を入れることなく見る事が出来る物語もありだな、なんて
ひとりで納得しています。


今日から韓国へイベントに行かれる皆さん、寒さが厳しいので
気を付けて行って来て下さい。

イベントの様子はまた、あちらこちらで見る事が出来るかな?と楽しみにしています。
仕事で参加できませんでしたが、その分一生懸命仕事をします^^

Jin さん taminoさん行ってらっしゃい
感動さめやらず、ざっと所感を述べます。
ネタバレなので、韓国ドラマ「HERO」の内容を知りたく無い方はご注意ください!

***********************************************************************

最後に鍵を握るのはヘソンだと分かっていましたが
単純にドヒョクに協力する結末だとヘソンにスポットが
浴びて、ドヒョクの存在意義が無くなると思っていたんです。

しかし、「ドヒョクの人柄が人々を変化させていく」
このドラマは一貫してその流れでした。

一番最初はジェイン。
・・・でも、マンデーソウルに入社して既に同僚の記者達は
ドヒョクにより、感化されていたんですよね。

だからこそ、もと暴力団組長と一緒に創設する新聞社に
何も言わずに終結したのですから。

それから、警察署協力2チームのナ刑事達。
ジェインがドヒョクを毛嫌いしていた時にも、全員がドヒョクの見方でした。



要するに、直にドヒョクに接する事が出来る人々は、検察官にしても
そうですが、直接懸命に訴えるドヒョクに接すると、まるで魔法にでも
掛かったかのように感化されて行きます。


ただ、難関だったのは民衆。

やはり、民衆は文章を通じてしか接する事が出来ない。
この、文字を介すると言うこと これがいかに意志の疎通を図るのに
難しい手段であるのかと言うことを物語っているように思います。



そうそう、お母さんのキムチ!
ヘソンが自首を決意した時、お母さんのご飯を食べに行きます。
スプーンのご飯上にお母さんが手で裂いたキムチを乗せて・・・

なんだか、とても泣けるシーンでした。



とにかく、終わって見たら「さわやか!」なドラマでした。




정말 무서운 싸움꾼은 바로 이길때까지 덤비는 사람이다
本当に恐ろしい「喧嘩屋」は、まさに 勝つ時まで飛び掛る人だ



最後の決めポーズ^^


ジュンギ君、お疲れ様でした。
이준기 ‘히어로’ 마지막회 팬과 함께 관람 ‘유종의 미 거둔다’
イ・ジュンギ「HERO」最終回ファンと共に観覧「有終の美をおさめる」
(韓国ではおさめると言うんですね・・「有終の美を飾る」)



배우 이준기가 MBC 수목드라마 ‘히어로’ 마지막회를 팬들과 함께 본다.
俳優イ・ジュンギがMBC水木ドラマ「HERO」最終回をファン達と共に見る。

국내팬들과 먼저 만나는 이준기는 1월 14일 방송되는 ‘히어로’ 마지막회를 같이 관람한다.
国内のファン達と先に会うイ・ジュンギは1月14日放送される「HERO」最終回を一緒に観覧する。

공식 팬클럽인 ‘하준세’의 팬들이 직접 주관한 행사로 삼성동 메가박스 극장에서 이준기는 300명의 팬들과 함께 마지막 방송을 단체 관람할 예정이다.
公式ファンクラブである「ハジュンセ」のファン達が直接主催した行事で、サムソン洞でイ・ジュンギは300名のファン達と共に最後の放送を団体観覧する予定だ。

전작 ‘일지매’도 마지막 회를 팬들과 함께한 바 있는 이준기는 “국내 팬들과 해외 팬들과 마지막 회를 같이 감상하게 됐다.
前作の「一枝梅」も最終回をファン達と共にした事があるイ・ジュンギは「国内のファン達と海外のファン達と最終回を一緒に観賞する事になった。

‘히어로’를 하는 동안 끊임없이 응원해준 팬들과 함께 ‘히어로’의 마지막까지 함께 할 수 있게 되어서 너무나도 행복하다”고 소감을 전했다.
「HERO」を(撮影)する間絶え間なく応援してくれるファン達と共に「HERO」の最後まで共にする事が出来ることになりあまりにも幸せだ」と気持ちを伝えた。

또 국내팬들과의 만남에 이어 1월 16일에는 일본 팬들과 특별한 시간을 마련하기 위해 종방연 이벤트를 갖는다.
また、国内ファン達との出会いに続いて1月16日には日本のファン達と特別な時間を用意する為に종방연?(最終放送)イベントを持つ。

약 250여명의 일본 팬들과 함께할 이준기는 드라마 ‘히어로’ 마지막회 관람은 물론 1회부터 15회까지 하이라이트 영상, 출연배우들의 영상 메시지, 재미있는 NG 메이킹 모음 등 다양한 영상과 인터뷰 및 단체 사진 촬영 등을 준비했다.
約250名の日本のファン達と共にするイ・ジュンギはドラマ「HERO」最終回観覧は勿論のこと1話から15話までのハイライト映像、出演俳優達の映像メッセージ、面白いNGメイキングを集めるなど多様な映像とインタビューならびに写真撮影などを準備した。

‘히어로’ 마지막 방송을 앞두고 있는 가운데, 국내는 물론 해외 팬들과 종방연 행사를 앞두고 있는 이준기는 지난 해에는 한국 관광공사 명예홍보대사에 위촉되며 배용준, 최지우에 이어 아시아를 대표하는 한류스타로 위상을 떨치며 향후 한국 관광 공사 명예홍보대사로 활동하고 있다.
「HERO」最後の放送を前にしているなかで、国内は勿論、海外ファン達と종방연(最終放送)行事を控えているイ・ジュンギは昨年には韓国観光公社名誉広報大使に委嘱され、ペ・ヨンジュン、チェ・ジウに続きアジアを代表する韓流スターとしての地位を轟かせ、以降韓国観光公社名誉広報大使として活動している。


해성은 일두의 차에 치인 도혁을 그대로 둔 채 도망치고, 이 모든 걸 지켜 본 호경은 충격으로 주저앉는다.
ヘソンはイルトゥの車に引かれたドヒョクをそのまま置き去りにして逃げ、これら全ての事を見守ったホギョンは衝撃で座りこむ。

응급실에 실려 온 도혁은 정신이 들자 급히 해성 어머니의 식당으로 향하고, 그 곳에서 해성과 다시 마주치는데...
救急室に載せられて来たドヒョクは気がつくやいなや急いでヘソンの母親の食堂に駆けつけて、そこでヘソンと再び出会うのだが・・・

정의로운 드라마, 히어로!
正義を尊ぶドラマ、HERO!

대망의 최종회가 1월 14일 밤 9시 55분 여러분을 찾아갑니다.
待望の最終回が1月14日 夜9時55分 皆様に会いに行きます

끝까지 함께 해 주세요~!
最後まで共にしてください~!







15話・・ 泣けて泣けて・・・ ヨンドクのドヒョクへの愛情は肉親以上ですね。。


ヘソンは・・・、最後まで素直になれませんでしたね~
あれだけ勉強が出来て有能な人物なのに・・・。

心をどこかへ置き忘れた人生は、やはり幸せにはなれないみたいです。


わざと近づいたと言いつつ、ホギョンの事もきっと好きなんですね・・ヘソン
最後の最後でようやく我に返った様子なので、まぁ、良しとしましょう^^


ドヒョクとジェインは、私個人的には本当に大好きな関係です。
互いを認めて、互いの領域に無理やり入り込む事も無い 信頼関係

「愛してる」だの 「好き」だのと言わない互いの人間性を認め合う
関係って、本当に言いなぁ この二人は見ていて微笑ましくて大好きです。
可愛いし^^


明日は ジョン君の声を聞く事が出来るでしょうか


絶対悪に正義が立ち向かいやっつけてしまうと言う物語ではなく
コテコテのロマンスもなく、主人公が絵に描いたような白馬の王子様
もしくはエリートではなかったのに、かっこいいんです。


「ジン記者、あなたは良い人です」 ヨンドクとジェインがそう言います。
ただ、良い人である それだけの人物でも、
「最後まで諦めないで物事に立ち向かう」
その気持ちさえあればヒーローになれる。

きっとジン・ドヒョクはこれからも、大きな権力を握るというより
弱者であるのだと思いますが、正々堂々と胸を張って素敵な人生を
歩いていくのだと思います。


最終回は明日だと言うのに・・・ 語ってしまいました~((((^^;
‘용자’ 이준기, 1인시위 나선 이유는?(히어로)
「勇者」イ・ジュンギ、1人デモに出た理由は?(HERO)




배우 이준기가 급기야 1인 시위에 나섰다.
俳優イ・ジュンギがついに1人デモに出た。

이준기는 종영을 2회 남겨둔 MBC 수목드라마 '히어로'에서 1인 시위를 감행하며 대세일보에 마지막 일격을 가한다.
イ・ジュンギは終映を2話残しているMBC水木ドラマ「HERO」で1人デモを強行して大世日報に最後の一撃を加える。

'히어로' 14회 방송분에서 용덕일보는 진도혁(이준기 분)이 천신만고 끝에 손에 넣은 최일두(최정우 분)의 만행이 담긴 영상과 유인물로 거리 시민들에게 진실을 호소하다가 출동한 경찰에 의해 불법집회를 이유로 강제 해산됐고, 도혁은 주동자로 몰려 연행됐다.
「HERO」14話放送分でヨンドク日報はジン・ドヒョク(イ・ジュンギ扮)が千辛万苦(さまざまな苦労)の末に手に入れたチェ・イルトゥ(チェ・ジョンウ扮)の卑劣な行いが入れられた映像と印刷物で街の市民達に真実を訴えたが出動した警察により不法集会を理由に強制解散され、ドヒョクは主導者で追われ連行された。

결정적인 증거를 가지고도 맞설 수 없는 대세일보라는 큰 산에 부딪히며 절대 위기에 서게 된 도혁은 15회 방송분에서 '최일두 재수사와 증거영상 공개를 촉구' 하는 피켓을 목에 걸고 길거리 '1인 시위'에 나서게 된다.
決定的である証拠を持っても立ち向かうことが出来ない大世日報と言う大きな山に正面から当たり絶対危機に立つ事になったドヒョクは15話放送で「チェ・イルトゥ再捜査と証拠映像公開を要求」と言うピケを首に掛けて道端で「1人デモ」に出る事になる。

'히어로' 제작사 관계자는 "혹독한 시련의 상황이 다가와도 절대로 무너지거나 포기하는 법이 없는 도혁이의 그다운 끈질긴 투지와,
「HERO」製作者関係者は「過酷な試練の状況が押し寄せても絶対に倒れたり諦めたりしないドヒョクの、彼らしい粘り強い闘志と、

언제나 진실을 위해 불의와 억압에 순응하지 않는 용덕일보의 정직한 저항이 담긴 '히어로' 식 정정 당당한 싸움을 통해 시청자분들에게 가슴 뭉클한 감동을 선사할 예정"이라고 밝혔다.
いつも真実のために不義と抑圧に順応しないヨンドク日報の正直な抵抗が含まれた「HERO」式正々堂々とした戦いを通じて視聴者の皆さん達に胸が熱くなる(ジーンとする)感動を届ける予定」だと明らかにした。

시청자 게시판에는 "도혁이를 보면 불굴의 의지라는 말이 설명이 필요 없는 것 같다",
視聴者掲示板には「ドヒョクを見ると不屈の意志と言う言葉に説明が必要ないようだ。」

"안타깝고 아쉽지만 점점 기대 되는 마지막 라운드!",
「残念でもったいないが、ますます期待される最後のラウンド!」

"언제나 멋진 용덕일보! 그들의 용기 있는 울림에 많은 걸 배우고 있다.",
「常に素敵なヨンドク日報! 彼らの勇気ある(響き)声に多くの事を習っている」

"무기력했던 서민들의 마음도 움직이고 이 시대 힘없는 약자들의 두 주먹도 불끈 쥐게 하는 용덕일보의 뜨끈뜨끈 한 힘! 마지막 통쾌한 승리로 우리들의 희망을 볼 수 있었으면 좋겠다" 등의 반응이 이어지고 있다.
「無気力だった庶民達の心も動かしてこの時代の力の無い弱者達の二つの握りこぶしもぎゅっと握らせるヨンドク日報のぽかぽかした力!最後に痛快な勝利を渡したいの希望を見せてくれたなら良い」などの反応が続いている。

한편 '히어로'는 14일 16회를 끝으로 종영한다.
一方「HERO」は14日16話を最後に放送終了する。




ナレ:水木ドラマ 「HERO」

字幕:ドヒョクの永遠の天敵ヘソン
ナレ:ドヒョクの永遠の天敵ヘソン

ドヒョク:これお前だろう、偽の情報を流したのお前だろ、こいつ!
ヘソン:そうだったら?

字幕:せりふ良くて勘定も良かったが・・
     怒りの胸倉掴み

ドヒョク:賄賂?俺がそんなものを・・ あ・・

字幕:あっ、僕の間違い~!

吹き出し:一度だけ許してください(はあと)
ナレ:一度だけゆるしてください

字幕:社長から完全に押さえられたドヒョク

字幕:投げ出されて打って
ナレ:投げ出されて打って

字幕:よりによって そこ・・
ナレ:よりによって、そこ・・

字幕:痛がる表情まで完全に
ナレ:痛がる表情間で完全にそのまま


字幕:その時マンスの突然のアドリブ

マンス:とても痛いか?

字幕:おかしくて倒れるドヒョク

吹き出し:気が抜ける~
ナレ:あ~、気が抜ける~

字幕:冷徹な政治部エリート記者ヘソン
     部下の職員達は全て退場

     三流雑誌マンデーソウルをつまみあげ

ナレ:  さて雑誌をつまみあげ、情け無いので投げつけたが・・

字幕:注目(雑誌に↑)

字幕:ハハハハ・・
   除幕式みたいだ・・(スタッフ:と書かれているけれどこの声は監督っぽい)

テロップ:カリスマに死にカリスマに生きる!

テロップ:たった今出所した前職暴力団組長(頭目)

ドヒョク:大世日報チェ・イルトゥ会長にどんな遺恨があってそうなんですか?
ヨンドク:うるさい

ドヒョク:あ・・まだ、終わって無いんですが(汗)
ヨンドク:うん、すまない


**********************************************************************

チョ・ヨンドク役のペク・ユンシク氏、本当に良い味だしています^^
ジュンギ君が、まだ終わって無いんです・・と言ってすがりつく姿も可愛いし^^

「ウン~、ミアナダ~」  この間、いいですね^^


마지막 라운드...
最終ラウンド・・・




일두에게 복수하려고 호경에게 접근했다는 해성의 말에 일두는 충격 받는다.
イルトゥに復讐しようとホギョンに接近したと言うヘソンの言葉にイルトゥは衝撃を受ける。

경찰서 유치장에 있던 도혁은 검찰로 넘어가게 되고, 쉽게 나올 줄 알았던 재인은 기가 막히다.
警察署るうちじょうに居たドヒョクは検察に引き渡されることになり、簡単に出てくると思っていたジェインは呆れる。

도혁의 구속 수감 소식에 용덕일보 기자들은 당황한 표정을 감출 수 없다.
ドヒョクの拘束収監沙汰にヨンドク日報記者達は動揺する表情を隠すことが出来ない。

용덕은 도혁을 대신해 구치소에 들어가겠다는 결심을 하고서는 유리를 만난다.
ヨンドクはドヒョクの代わりに拘置所に入ろうと言う決心をしてユリに会う。

용덕의 편지를 읽은 도혁은 말도 안 되는 상황에 어찌해야 할지 모르겠고, 용덕의 간곡한 눈빛에 결국 눈물을 흘리고야 만다.
ヨンドクの手紙を読むドヒョクは話しにならない状況にどうして言いのか分からないがヨンドクの諭すような目つきに涙を飲んでしまう。

용덕일보 기자들의 1인 시위와 최일두 재수사 요구 서명운동이 진행된다.
ヨンドク日報記者達の1人デモとチェ・イルトゥ再捜査要求署名運動が進行される。
이준기 ‘히어로’ 종영 앞둔 소감 “가슴 속에 남는 작품 되길 바란다”
イ・ジュンギ「HERO」終映前の感想「心の中に残る作品になるように願う」



배우 이준기가 MBC 수목드라마 ‘히어로’의 종영을 앞두고 소감을 전했다.
俳優イ・ジュンギがMBC水木ドラマ「HERO」の終映を前にして感想を伝えた。

요즘 시대 다시 보기 힘든 '귀한 드라마'라는 호칭을 얻으며 소신 있고 진정성 있는 모습으로 시청자들과 희ㆍ노ㆍ애ㆍ락을 함께하며 사랑을 받았던 MBC 수목 미니시리즈‘히어로’가 종영을 앞두고 시청자들로부터 이 시대의 진정한 '용자 드라마' 라는 찬사를 받고 있어 화제가 되고 있다.
この時代再び見る事が難しい「貴重なドラマ」と言う呼び名を受けて信ずるところが有って真正性ある姿で視聴者達と喜怒哀楽を共にしながら愛を受けたMBC水木ミニシリーズ「HERO」が終映を前にして視聴者達からこの時代の真の「勇者のドラマ」と言う賞賛を受けていて話題になっている。

'용자'는 '용감한 사람'이란 뜻으로 최근 온라인상에서 화제가 되고 있는 신조어. ‘
「勇者」は「勇敢な人」と言う意味で、最近オンライン上で話題になっている新造語。

히어로’는 뿌리 깊은 관행처럼 자리 잡아온 사회 곳곳의 부조리한 현실에 대해 그동안 아무도 시도하지 못했던 과감하고 용기있는 목소리를 높인다.
「HERO」は、根が深い慣例のように席を占めてきた社会あちこちの不条理な現実に対して、その間誰も顧みる事が出来なかった果敢で勇気がある声をあげた。

매 회 차 마다 가상과 현실 사이를 착각 할 정도의 우리 사회의 모순을 생생 통쾌하게 그려낸 이야기들로 시청자들과의 진한 공감대를 형성했다.
毎回次毎に仮想と現実の間を錯覚するほどの、我々の社会の矛盾を生き生きと痛快に描き出す物語に視聴者達との深い共感を形成した。

또 또박또박 정곡을 짚어내는 과감함으로 사회 현실에 대한 '뜨끔한 일침'을 가하는 모습이 대중들의 '진실의 눈과 마음'을 자극하고 있다.
また、きちんと要点を指摘する果敢さで社会の現実に対して「ちくりとひと針」を加える姿が大衆たちの「真実の目と心」を刺激している。

또 ‘히어로’는 약자와 소시민을 대변하는 주인공들이 거대한 세력에 맞서 고군분투 하는 모습들을 통해 불의에 저항하는 용기, 사회의 정의를 수호할 줄 아는 최소한의 정의로움 등을 보여주면서 '진실이 통하는 세상이 올 거라는 희망'을 보여주는 동시에, 양심과 책임감을 일깨워주는 계기가 됐다.
また、「HERO」は弱者と小市民を代表した主人公達が巨大な勢力に対抗し孤軍奮闘する姿を通して不正に抵抗する勇気、社会の世紀と正義を守護することが出来る最小限の正義と言う者達をみせながら、「真実が通じる世の中が来ると言う希望」を見せてくれると同時に、良心と責任感を言い聞かせる機会になった。

이준기는 "드라마에서 그려지는 현실 속에 존재하는 잘못된 부분들이 마주하기 불편한 진실이 아닌 이 시대를 살아가는 우리들이 함께 공감하며 변화를 이끌어나갈 수 있는 진정성으로 다가갔으면 하는 바람" 이라며 "내 스스로에게도 또 시청자분들께도 '히어로' 라는 작품이 의미 있고 좋은 선물이 될 거라고 생각한다.
イ・ジュンギは「ドラマで描かれる現実の中に存在する間違った部分たちが向かい合い偏って真実ではないこの時代を生きている私達と共に共感しながら、変化を導き出すことが出来る真正性で近寄る事が出来たらと願う。」として「私自身にもまた、視聴者の方がにも「HERO」と言う作品が意味の有るよいプレゼントになるようにと思っている。

드라마가 끝난 후에도 좋은 작품, 재미있는 작품, 여운이 있는 작품, 무엇보다 많은 분들의 가슴 속에 두고두고 회자 될 수 있는 그런 작품으로 기억 됐으면 좋겠고, 그렇게 될 수 있도록 마지막까지 최선을 다하겠다"고 전했다.
ドラマが終わった後にも、良い作品、面白い作品、余韻がある作品、なによりも多くの方々の心の中に何時までも広く知れ渡る事が出来るそんな作品で記憶されれば良くて、その様になるように最後まで最善を尽くす。と伝えた。
イルトゥはチルソンの殺人教唆容疑で再逮捕される。
ヘソンはついにドヒョクに自分の目標も復讐だと告白するが、そのために手段など選ばないと言う。

そんなヘソンに、お前もイルトゥと同じだと叫ぶ。
しかしヘソンは、自分がこうやって手段を選べなくなったのはドヒョクのせいだというのだった。
ドヒョクが現れ、イルトゥの悪事を暴くために自分の計画が邪魔されたためらしいが・・。

さて、ドヒョクとヨンドクはカンギを見つけた際に、自首をすすめたが、カンギはイルトゥは自分を殺すことは出来ない、自首なんてするつもりは無いと言う。

ヨンドクはこのままだと、たとえ監獄に居ても殺される運命だと言うがカンギは聞く耳を持たない。
ついにカンギはジェインらの手により逮捕される。

ヨンドク日報の記者らは、イルトゥ再逮捕の情報をメディアへ渡す。
ドヒョクはイルトゥの選挙事務所へ出向き、イルトゥの再逮捕の情報を教える。
そして、イルトゥのように人の命を何と思って居ないそんな人間を大統領にすることに対して責任をとれるのか!と叫び
先ず代わらなければならないのはあなた達だ、イルトゥがどんな人間なのか
しっかり見ろと訴える。

警察署でイルトゥはカンギとの通話記録も残っているのにそんな人物は知らないとしらをきっていた。
ジェインらはカンギが何か証拠を持っているらしいけれど、なんだろう?と揺さぶりを掛ける。
さらに、ヘソンが救い出してくれると錯覚しているようだが、証拠があがったらヘソンも捜査を受けることになるだろうと、言い残して部屋からでるジェインら。
イルトゥは内心穏やかでは無い。

ヘソンは検察庁で担当検事に会い、今までのように捜査を止めるようにこうしょうするが、
今回に限っては担当刑事も確実な証拠を探しているようなので、それは出来ないとがんとしてヘソンの誘いに乗らない。

チルソンから託されたイルトゥに関する証拠品はカンギの所持品の中にはなかった。
しかし、必ず何かの証拠を残しているはずだというドヒョク。

ヨンドクはサンチョルを伴ってカンギの家に行ってみると、すでにヘソンによって家の中は荒されていた。
これだけ調べていたら既にヘソンらの手に渡っているのでは無いかと言うサンチョルに
案外簡単なところに隠しているものだとつぶやくヨンドク。

ドアノブに刺さっている鍵に目をつける。
それを見たサンチョルは、どこか地下鉄やサウナなどのロッカーの鍵だと言う。

たとえそうだとしても全てのロッカーを調べるには時間が無い。

カンギは幾ら聞かれてもチルソンが託した証拠のありかを教えようとしない。
幾らイルトゥにより命を狙われているんだと言っても、信じないようスのカンギ。


さて、ドヒョクは大世日報に出向いて、イルトゥ逮捕の事実を知らせ、不倫や麻薬のスキャンダルの記事ではなく
大世日報のメディアだからこそこのイルトゥ逮捕の記事の事実を取材して載せるべきでは無いのかと訴える。

その話しを聞いて共感した記者たちが、警察署などに出向き取材をして記事を書く。

その事を知ったヘソンは、記事をおろすように局長に命令するが、記者たちも事実を確認した上で記事を書いたと言う。
記者たちは記者の生命を掛けて取材したものだと言うと、そんな記者達はいらないので首にしろと言うヘソン。

部屋を出て行く局長と入れ違いに部屋には言って来たホギョン。
パパの逮捕ってどう言うことなの?と言われ、何でも無いから心配するナと言うヘソン、
それでも、ホギョンは逮捕されたのに何でも無いなんて事があるの?と聞き返すので
ついにヘソンがホギョンに大声を上げてしまう。

驚いたホギョンは、そのまま部屋を出て行ってしまう。


ヘソンは大きなため息をつきつつ、電話をかけ、今まで自分達が隠してきた悪事を
公開すると脅迫して、
記事を削除するように依頼する。

その事により、ネット上のイルトゥ、ハンギョル、パク社長らの記事が削除されたばかり出なく、
それらのキーワードを入力して検索する事も出来ない状態になっていた。

ヘソンがそんな力を持っていたのかと驚くドヒョクだが、ヘソンではなくイルトゥ、大世グループの力だろうと言うマンス

カンギの部屋でロッカーの鍵を見つけたヨンドクは警察署へ行って、カンギと面談をして、
お前がチルソンから預かった物を自分に渡せと言うが、カンギは誰にも取り出せないと言う。

そこでヨンドクがこれの事か?と鍵を見せると、驚いた表情を見せるカンギ。

ヨンドクはカンギをイルトゥと体面させて見ろと言う。イルトゥが自分の事を
守ってくれないと分かったら真実を話すかもしれないと言うのだった。

ジェインらはイルトゥとカンギを体面させる。
そして、イルトゥにこの人を知っているかと訪ねると、誰ですか?私のことをご存知ですか?と白々しく訪ねる。
その様子を見て穏やかで無いカンギ。

ジェインは通話記録まで残っているのに知らないフリをするなんて厚かましいですね。と言う。
ナ刑事が、イルトゥがチルソンを殺すように命令したんだろう?とカンギに聞くと
カンギはついにその事を認めた。

そして、ロッカーの鍵はワンシムリ駅だと分かり、既にしらみつぶしにロッカーを調べていたドヒョクらにも連絡が入る。
ドヒョクは自分達が出向いたほうが早いからと言って、先に駅に向かう。

地下と地上にロッカーがあるので、地下はヨンドク、地上はドヒョクが調べる事にする。
そして、ロッカーの鍵はドヒョクに託すヨンドク。

ドヒョクがロッカーを見つけて鍵を差し込むと、当たり!だったが、その時後を付けていたヘソンが送ったヤクザが声をかけ
ドヒョクに殴る蹴るの暴行を加える。

ヨンドクは地下のロッカーが鍵付きでは無い事を確かめた後、怪しい姿を見つけて
ドヒョクが危ないと急いで地上へ戻って行く。
すると、ドヒョクが押さえつけられ必死に鍵を守っているところだった。

ヨンドクが男らを投げ飛ばしているところへ警察がかけつけ、男らは逃げて行く。

ドヒョクはヨンドクに鍵を渡して早く!と中身を確かめるように言う。
中には隠しカメラが入っていた。 それを見たドヒョクは、万歳!というのだった。

ぼろぼろのドヒョクを支えて歩きながら良くやったと言うヨンドク。
警察署で再生した隠しカメラの映像には、イルトゥがチルソンにハンギョルの殺人を依頼するイルトゥの映像が録画されていた。
さらに、チルソン自ら子供を殺した事を知ったイルトゥが、何故自ら殺したんだ部下に刺せればいいのにと言っている映像も含まれていた。

ドヒョクは犬畜生にも劣る奴、これでも人間か!と言い、一同は怒りで呆れて何も言えない。

ようやくヨンドク日報に戻ってきたヨンドクとドヒョク。
満身創痍のドヒョクをみて驚くドヒとソル、ジョン。

ヨンドクはドヒョクに手を上げてみろ。腰を回してみろと様子を見て、大丈夫だ折れて無いと言う。
ドヒは、この子はいくつになってこんな事をしてるの?と呆れて文句をいっていると。
ヨンドクは、いやいや、ジン記者は今日立派な働きをしたんですよ、ちゃんと守ってあげなければならなかったのに・・。と言い掛けると
ジョンがヨンドクに手招きでドヒョクが寝たので静かにと指示する。

ドヒョクは傷だらけで、横になったとた寝てしまったのだった。


翌日、家に戻らないジェインの朝食と着替えを持って警察署にやってくる。
そして、ナ刑事のために袋(中身は多分クッキーだと思われる)を手渡し、この前は有難うございましたと言う、ジェインの母。

その様子をみて意味深な刑事達と、一体これは何?と不審げなジェイン。

ヨンドク日報ではドヒョクの様子をみて可愛そうだわ、ハンサムな顔がどうしてこんなに・・と言うガヨン。
やきもちを焼いたジュニョンが、姉さんこの前は僕のことをハンサムと行ったくせにと言うと時と場所を選んで嫉妬しなさいと叱られてしまう。
マンスが殴られてばかりだったのかと訪ねるので、ドヒョクがそんな事は無い、足蹴りの練習をした成果があり
僕がこれなら相手はもっと大変で、自分が蹴ったら20メートルは飛んだと話すドヒョク。
それを横で聞いていたヨンドクが我々は真実だけを話すんじゃなかったか?とつぶやき、笑いに包まれる。

ヘソンはイルトゥ推薦の議員達を呼び出し、イルトゥを何とか救い出してくれるように依頼する。
連絡してみようと言う議員に、今回は連絡するだけでは不足です。自分達の力を先に使わないとなりません。

さて、拘束期限の48時間の期限が迫っていた。
結果待つ、警察署員、とヨンドク日報の記者ら。

検察庁の担当者からは、証拠充分だと一方が入る。

ヘソンは、検察庁担当検事に直接掛け会い、会長だけ解放してくれればいいです、臨みはなんですか?理由なら幾らでも作れるでしょうと言う。

担当検事は今回に限りヘソンの言う事を真っ向から否定して応じる事をしなかった。

ところが、担当検事はトップダウンでイルトゥの捜査を中止する命令を受ける。
従え無いなら職を解くと脅迫されていた。

検事は諦めなかったが上からの指示で仕方が無いと言う検事、このまま続けるとっ検察庁じたいがひっくり返る騒ぎになると言う。

上と言うのは誰ですか、僕が直接会いましょう!
一体なんですか、どんな証拠をつき付けても、たとえ目の前でイルトゥが人を殺したとしてもイルトゥを逮捕する事はできないと言うことですか。

人々は知らないのではなく知らないフリをするんだ。

ジェインは、私には、これ以上助けて上げられる方法が無いと言う。
こんな方法が可能だと言うことを信じる事が出来ない。学校で教わった事は誠実な人が勝つと教科書どおりにそうだと信じていたという。

ドヒョクは教科書は読まなかった変わりに漫画は沢山見たが、どんな悪党がいたとしても最後には正義がかっていたのに、それを信じていたのに。と言う。

諦めるんですか?と聞くジェインに ジン・ドヒョクの辞書に諦めは無いと言うドヒョク。

ジェインは証拠の隠しカメラをドヒョクに渡し、これは警察にはもう必要ない物なので、これを使ってなんとかしてください。
真実を知らせる事が出来るのはあなたしか居ませんと言うジェイン。

そして、ドヒョクならきっとやり遂げる事が出来ると信じると言うジェイン。

そんなジェインに信じてくれるのは嬉しいけれど自分が少しでも楽になるように少しは押してくださいと言うドヒョク。
ジェインは、簡単な仕事なんてありませんよ、早く行きましょう!と言いながらドヒョクの手を握る。

それに驚くドヒョク。
ジェインは、手を握ったからってなんですか・・と言いつつ、先に歩き出してしまう。
後を追いかけたドヒョクはジェインの手を繋いで何処に行こうか?と言いながら歩き出す。


ヨンドク日報に戻ったドヒョクは、幼い頃に家を訪ねてきたおばさんの言葉をおもいだしていた
あなたのお父さんのおかげで私達の悔しさが晴れたのよ。私達のように何も無くてお金もない人達でも、力のある人に勝つことが出来ると言う希望を暮れたの。

父の残した手帳を見ながら、更にヨンドクがお前のお父さんはイルトゥを倒そうとしたのではなく
真実を人々に伝えようとしたんだ、記者としてするべき事をしろ。それがおまえの摩る仕事だと言う言葉を思い出していた。

そうして、ドヒョクは記事を書き始める。

翌朝、イルトゥは釈放される。

迎えに来たヘソンに、おめでとうございます。本当にあらゆる手段を使ったんですね。と言うジェイン。

ジェインは、ヘソンのお母さんのご飯美味しかったです。
私も幼い頃に父親を亡くして学校から家に戻ってもお母さんは仕事で留守で
家には誰も居なかったんです。
そうやってお父さんが居なくてお母さんと暮らしても自分は愛情を感じて育ちました。

あんなに美味しいご飯を食べながらヘソンがどうしてこんな人になったのか。。多分
イルトゥのせいでしょう、お母さんが今のヘソンの姿ややっている事を知ったらきっと悲しまれるでしょうと言うのだった。

大世日報の前ではドヒョクらヨンドク日報一同がイルトゥの真実を訴えていた。
新聞を配り、以前に事務所の不正で舞台に上がれなかったシンガーソングライターが歌を歌って応援、
パク社長もなにか手伝いたいとやってくる。

そして、再開発地域に住んでいて父親が自殺した少年も友達と共にやってきて、更に
大世建設の下請けをしていた建築業社も手伝いにやってくる。

ヨンドクの元へは娘のユリが手伝いに来たと言い、ヨンドクに手袋を準備して来ていた。

イルトゥの娘ホギョンは何も知らずその様子をみていたが、そこへイルトゥが到着。
ドヒョクがマイクを握り、イルトゥの真の姿を訴え始める。
イルトゥが自分の子供を殺させた完全な証拠があっても逮捕する事が出来なかったんですと言うドヒョク
そして、その証拠である映像が大きなスクリーンに映し出される。

ホギョンはそんな父の姿をみて驚き、イルトゥはそのホギョンを見て驚く。

そこへ、ヘソンの通報により警察車両がやってきて、主導者は誰だ名乗り出ろとよびかける。
機動隊も出動する大騒ぎ。

マイクを持ったドヒョクは自分が主導者だと言って前へ名乗り出て、拘束されてしまう。


ここで続く。


***************************************************************
こんな風に大雑把ではなく、シナリオを細かくあげたいくらい
今回も息を呑む展開で、それはあっと言う間の1時間でした。

ソウルはここ数日大雪が降ってニュースにもなっていましたが
表のシーンでは雪が残っていました。

真実を訴えると言うのはどう言う事なのか
真実を知る事はどう言うことなのか

全て良きことであるのに 知ることにより傷つくこともある


また、世間と言うのは力のあるものに寄りそい
それが全てであると信じてしまう危ういものであり
更に、目先が派手な内容のないスキャンダルに一気に興味を持ち
本来目視しなければならない事柄を、知らないフリしてしまうと言う事実

これらが、じわじわと あぶり出されて来ました。



先日、韓国のネットで記事を読んでいたら、結局この様な社会派のドラマ
権力=悪 大企業=不正 のような内容のドラマは視聴者から無視されると言う
内容の記事だったのですが・・。

この14話はその記事の後に撮影されているはずです。
それでも、これだけの内容で訴える、その事にもそして演じている人々のリアルさにも感動です。

ドヒョクは、これでもかと言う真実の捻じ曲げにもまだ諦めて居ません。


主導者は自分だ と言いつつ捨て身の反撃に出ようとしている様です。


あと2話、今週で最終回ですが、しっかり視聴したいと思います。



韓国ドラマ『HERO』 15話 最終ラウンド・・・(イ・ジュンギ主演)


ヒーロー DVD-BOX 1
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン


ヒーロー DVD-BOX 2
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン


イ・ジュンギ主演 韓国ドラマ ヒーロー OST
クリエーター情報なし
韓国

‘히어로’ 이준기, 시민들의 영웅되다! 시청자 감동 봇물
「HERO」イ・ジュンギ、市民達の英雄になる!視聴者感動洪水



この時代に真に必要な「良心のドラマ」と言う濃い好評を受けているMBC水木観にシリーズ「HERO」(脚本:パク・ジスク/演出:キム・ギョンヒ)が真実の響きを伝えて感動を送り届けている。

7日に放送された「HERO」14話放送では大世日報とチェ・イルトゥ(チェ・ジョンウ扮)会長の野蛮な行為が入った記事たちが巨大権力の圧力行使で覆い隠される姿と明白な証拠が有っても解き放たれるチェ・イルトゥの姿が描かれもどかしさをかきたてた。

しかし、ドヒョク(イ・ジュンギ扮)が怪しい男達の容赦無い暴力の中でも最後まで守って手に入れたチェ・イルトゥの野蛮な行為が入った映像を道で公開、その間人面獣心の破廉恥な行動に従事したチェ・イルトゥ会長に向けて痛快な一発がもどかしかった気持ちをすっきりと突き抜けた。

特に、継続する試練にも諦めることなくドヒョクが街に出てチェ・イルトゥの罪を暴露して直接マイクを持って真実を訴える姿が感動を起こさせた。

なによりその間ヨンドク日報の助けをで熱い真心が通じた全ての人々が一人二人集まり、ヨンドク日報と共にして、彼らの声で徐々に耳を傾ける市民達の姿は「HEROの真の力」を見せることになった。

この場面では劇序盤ヨンドク日報の助けを受けたインディーバンド눈뜨고 코베인のカマキがまた再び登場して公演でヨンドク日報に頼もしい力を与えて人目を引いた。

また、ドヒョクの手に握られていた鍵を絶対に奪われまいとする執念、苦心して証拠を作っても結局権力に押され徹底的にやられる事に「人々が知らないのではなく知らないふりをしているんだ」として流す辛くじれったい涙、諦めることなく真実を訴えて自身が主導者であると最後まで責任を負う姿は、俳優イ・ジュンギの体当たりの演技と真正性溢れる光る熱演で視聴者達の心に深く浸透して更に深い感動を起こさせた。

放送以後、視聴者掲示板には「痛快だったがドキドキして握りこぶしをかっかと握り締めるドラマ。本当に高貴な最高の概念作品をみる私は幸運児」
「ヨンドク日報の叫びに耳を傾けて一人ずつ集まる姿に胸が感動~」
「街でマイクを握って力強く市民達に訴えるジン・ドヒョクの真実の叫びに胸が張り裂けそうだった。」
「主導者だと立ち向かうドヒョクの姿に暴風涙・・(滝のような涙?)イ・ジュンギの熱演にジーンとした」
「HERO」のように視聴者達を日常の中で振り返って見るようにするドラマは以前にもなかったし、これからも無いようだ。 最後に痛快ですっきりする一発を見る事が出来るように」などの反応を見せた。

「HERO」製作者関係者は「連日続く激励のコメントと共感して見ていると言う応援のメッセージを見て俳優とスタッフ達全てが多くの力をもらっている」として
「続く大変な寒さの中の撮影に俳優達とスタッフたち全てが苦労しているが視聴者の方々の暖かい激励に熱い心で最後まで良い姿をお見せするために最善を尽くしているだけ最後まで多くの応援をお願いします」と伝えた。


***********************************************************************

例によって、ほぼ完成間近だったところへ、キーの押し間違いで全てどこかへ
消えてしまい・・・泣きそうでした・・。

気合!!!で再度頑張って訳して見たのですが・・。


この13話、14話は本当に、すさまじいと言っても言いすぎでは無い
演技で・・
涙はじ~~~んと溢れてくるし、イルトゥは益々憎たらしいし。。

本当にイ・ジュンギと言う俳優は素晴らしいです。
ペク・ユンシクとも本当の親子以上の絆を感じるし

ドヒョクの家族とヨンドク、サンチョルたちは本当の家族のようです。

ドヒョクは自分はつまらないほど何も持って居ない、と言いながら
真実を訴える事を最後まで諦めません。


来週で本当に最終回を迎えてしまうのですが・・・
結末までのストーリーしっかり味わいたいと思います。
‘히어로’ 이준기, 분노의 눈물열연에 ‘시청자 뭉클’
「HERO」イ・ジュンギ、怒りの涙演技に「視聴者も熱く感動」



‘히어로’ 이준기의 분노의 눈물이 시청자들의 가슴을 뜨겁게 적셨다.
「HERO」イ・ジュンギの怒りの涙が視聴者達の胸を熱く濡らした。

6일 방송된 MBC 수목드라마 ‘히어로’ 13회분에서는 사람들의 무관심에 의해 진실이 묻혀버리는 안타까운 현실을 한탄하는 진도혁(이준기 분)의 모습이 그려졌다.
6日放送されたMBC水木ドラマ「HERO」13話分では人々の無関心に対して真実が埋められてしまう残念な現実を嘆くドヒョク(イ・ジュンギ扮)の姿が描かれた。

도혁과 재인(윤소이 분)은 공칠성(주진모 분)의 죽음이 최일두(최정우 분)에 의한 타살이라는 확신을 갖고 증거자료를 수집해가기 시작했다.
ドヒョクとジェイン(ユン・ソイ扮ん)はコン・チルソン(チュ・ジンモ扮)の死がチェ・イルトゥ(チェ。ジョンウ扮)による他殺であると確信を得て証拠資料を収集し始めた。

폐차장에서 찾아낸 칠성의 차 안에서는 살인도구로 추정되는 밧줄이 발견됐고, 칠성의 시체에서는 타살로 위장한 흔적이 발견됐다.
廃車場で見つけ出したチルソンの車の中には殺人道具と推定される縄が発見され、チルソンの死体には他殺を偽装した後が発見された。

또 도혁은 대세일보가 댓글 아르바이트를 이용해 여론몰이를 한다는 사실을 알게 됐고, 이 모든 내용들을 기사화해 다른 신문사의 기자들에게 배포했다.
また、ドヒョクは大世日報が掲示板書き込みアルバイトを利用して世論集めをすると言う事実も明らかになりこの集めた内容たちを記事化して他の新聞社の記者達に配布した。

용덕일보 기사에 흥미를 느낀 한 주류 신문사가 이를 일면에 다루면서 최일두와 대세일보의 만행이 만천하에 공개되기 시작한 순간.
ヨンドク日報記事に興味を感じたある主流新聞社がこれを一面に利用して扱うと、チェ・イルトゥと大世日報の悪事が世間に公開され始めた瞬間。

그러나 강해성(엄기준 분)은 이같은 사태를 막기 위해 더 자극적이고 사람들의 관심을 끌만한 특종을 터트렸고, 스포츠스타 A군과 불륜관계인 여자스타 B양이 해외 원정 도박에 마약파티를 즐겼다는 기사가 각 신문의 헤드라인을 장식했다.
しかし。カン・ヘソン(オム・ギジュン扮)はこの様な事態を防ぐ為にもっと刺激的な人々の関心を引く特ダネを報じて、スポーツスターA君と不倫関係である女性スターBさんが海外遠征賭博に麻薬パーティーを楽しんだという記事が各新聞のヘッドラインを飾った。

이로써 대세일보와 최일두와 관련된 기사는 자연스럽게 묻혀버리고 만 것.
これにより大世日報とチェ・イルトゥと関連する記事が自然に埋もれてしまうことになる。

속이상한 도혁은 포장마차에서 혼자 술을 마시다가 옆 테이블에서 나누는 “대세일보가 악플러 고용했다더라?” “됐어, 정치얘기 그만해.
心が傷むドヒョクは屋台で一人酒を飲んでいたが、横のテーブルで話している「大世日報が悪プロ雇用したんだって? いいよ、政治の話しは止めよう。

근데 A랑 B랑 불륜이라며? 마약파티까지 벌였대”란 대화를 듣게 됐고 화가나 “남의 사생활에 그만 좀 궁금해 하고 생각이란 걸 좀 합시다.
ところで、AとBと不倫だって?麻薬パーティーまでいったって?と言う対話を利くことになり、怒って「人の私生活を気にするのは止めて、考える事を少ししましょう。

대세일보가 악플러를 고용했다구요!! 당신 그 기사 봤다면서...근데 왜 가만히 있어?!”라고 소리쳤다.
大世日報が悪プロを雇用したんですよ。あなたはその記事を見たのなら、・・それなら何故黙っているんですか?と叫んだ。

미친 사람 취급을 받고 매질을 당하면서도 “그딴 인간이 대통령이 되는 세상에 살고 싶어? 제발 관심 좀 가집시다! 적어도 옆 사람한테는 당신이 알고 있는 거 말하자구요!”라며 오열하는 도혁의 모습이 시청자들의 눈길을 끈 장면.
おかしい人と言う扱いを受け殴られながらも「そんな人間が大統領になるセ形に暮らしたいですか?お願いだから感心を持ちましょう!せめて横の人にはあなたが知っている事を話しましょうよ!」と嗚咽するドヒョクの姿が視聴者達の注目を集めた場面。

진실이 왜곡되고 묻혀버리는 현실을 한탄하는 이준기의 눈물열연이 빛을 발하며 보는 이들의 가슴을 뭉클케 했다.
真実が歪曲されて埋もれてしまう現実を嘆くイ・ジュンギの涙の演技が光を放って見る人の胸を感動させた。

이날 방송 후 시청자들은 ‘히어로’ 시청자 게시판을 통해 “제발 관심 좀 가지라며 간절하게 호소하는 도혁의 모습에서 가슴이 뜨거워졌다.
この日放送後、視聴者達は「HERO」視聴者掲示板を通して、「頼むから感心を持とうと言う切実な訴えをするドヒョクの姿に胸が熱くなった。

우리 현실을 너무 잘 반영한 것 같다”
私達の現実をとても良く現したもののようだ。

“오늘 도혁의 눈물에서 자극적이고 흥미로운 것에만 열광한 채 정작 중요한 것들은 외면해버리는 우리 모습을 반성하게 됐다”
今日の度玉の涙に刺激的で興味のあるものだけ熱狂したまま、本当に重要であるものは無視してしまう私達の姿を反省することになった。」

“이준기씨 눈물연기, 진정성과 현실성이 느껴져서 가슴이 뭉클했다”는 의견들을 전했다.
「イ・ジュンギ氏の涙の演技、真正性と現実性が感じられて胸が熱く感動した」と意見を伝えた。
益々目が離せない展開になってきました。
今日はこの続きが楽しみです。

例によって、私の耳で聞き取れたストーリーですので、あてずっぽうの所も
有ります、ご了承ください。
また、ネタばれですのでご注意ください。


イルトゥが再び大統領選挙へ出馬を表明している現場に駆けつけた
ドヒョクとジェインは、そこでチルソンの自殺を知らせる電話を受ける。

「間違いなく他殺だ。これ以上必要ないので殺してしまったんだ」と言うドヒョク。

部屋から出てきたイルトゥに「良く笑ってられるな!」と声を掛けたドヒョク。
「20年来の友人を殺して置きながら、笑ってられるんだ。」そう言うドヒョクに
「何の事だ?」ととぼけるイルトゥ。
ヘソンもお前何を言ってるんだと言うので、「コン・チルソンが自殺した」と言うドヒョク。
「首をくくったんだそうだ。お前の親父のように。」と続けるドヒョク。
一瞬の沈黙の後、行きましょう。とイルトゥを促すヘソン。

ジェインが続けて、「コン・チルソンの通話内容は私が聞きました。
私が拉致されたと言う事実はお二人はご存知のはずです」と言う。

イルトゥは白を切り、ヘソンは言いたい事は公式的にしてくれと言う。

ドヒョクが、「お前俺にメールをくれただろう」と言うと、イルトゥはヘソンの様子を伺う
ヘソンは「なんだって?」と返事をするが、「大韓民国警部補を拉致した事実を知っているのは
チルソンとお前だけだ。それともイルトゥが送ったのか?」
ジェインも「おかげで私は助かりました。お礼を言わなければ成りませんか?」と続ける。
ヘソンはそれもあっさりと「何のことだか分かりません」と言う。

ドヒョクはイルトゥに「人を殺せと命じる自分の汚いやり方が消せると思っているのか?
我が子や友人を殺せと命じるそんな人間が大統領だと!夢を見てるんじゃない。俺はあんたのような
人間をほっては置かない。わかったか!」そう言ってイルトゥを見据えたドヒョクはその場を去る。
ジェインもチルソンが他殺の証拠を見つけたらまた会いましょうと言って帰る。

チルソンの事務所ではドヒョクが必ず何かを残しているはずだとあちこち探している。
刑事達も間違い無く自殺ではないとわかっているが証拠がない。
殺したとしたらチルソンの車の中だろうと言うナ刑事。
チルソンが使っていた車のナンバーを覚えて居ないのだが、とつぶやくと引き出しや棚を
あさって居たドヒョクが36タ0875と即座に答える。

チルソンを対質調査のために逮捕した時オ刑事が取調べをしたパク・カンギの行方を探すこと居成る。

ドヒョクが執拗に探しているので、帳簿などは無いと言うジェインに、チルソンに以前警告をした
事があるので、こんな形で殺されるとは思わなかったが、必ず何かを残しているはずだと言うドヒョク。


さて、ヘソンはイルトゥに「どういうことですか、会長。本当にご存知無いんですか?」と
声を掛ける。
するとイルトゥは、「そうだ、私がコン社長を殺せと命じた」と言う。
ヘソンは「とても危険な行動をなさいました。」と言うと「お前も望んでいたんじゃ無いのか?」
そう言うイルトゥ。

コン社長はヘソンが自分とコン社長に復讐をしようとしているんだと言っていたんだと言う。
すると、ヘソンは以前自分にも同じ事を言っていたが、その時はとても幼く、よく覚えて居ない
事だし。この様に会長との関連があるなんて思っても見なかったと話す。

イルトゥは更に、ところでメールを送ったとはどういうことだ?とヘソンに聞くが、ヘソンは
すぐに、わかりません。と答える。


ジェインは自宅に戻り食事をしていた。
怪我をしたジェインの顔に薬を塗りながら「女の子の顔をこんなに・・」と泣いている。
ジェインは、「私は女の子ではなくて警部補なんだけど・・」と答える。
あなたのお父さんがその顔をみたら何と思うかしら・・きっと叱られると言いながら泣く母。
自分がジェインのお荷物で危険な目に遭わせてしまったと言いながら涙する母。

ナ刑事は薬をジェインの家の門の中に入れて、「二人は私が守ります。わかってますよね、ファイト!」と
言って帰る。

ドヒョクはレストランで姉にカレーをご馳走していた、引っ越して本当に良かった、子供達はサンチョルが
面倒見てくれるし、と嬉しそうにしている。
深刻な様子のドヒョクを見て、なにか話があるの?と姉が聞くので、ドヒョクはコン・チルソンが死んだと話す。
ドヒは何故今更自殺?監獄に閉じ込めて死を迎えなければ成らないのにあっさり死んでしまった事を驚くが
良かった、良かった、悪いやつは死ななきゃ、と言いながら、ドヒョクに食べるように促す。

ヨンドクは自主するようにチルソンに勧めた事を思い出しながら「、こうなる前に止めなければ成らなかったのに
親兄弟子供も居ず(天涯孤独)ヤツ(イルトゥ)だけを信じていたのに、哀れなヤツだ。」と言う。

サンチョルは、子分の中で姿を隠しているヤツがひとり居ますと報告する。
ヨンドクはサンチョルにその子分を探すように命じる。ここで終わりにしなければ成らない。
裏切りには裏切り、死には死を持ってせねば成らない。


さて、バーで飲んでいるイルトゥとヘソン。
イルトゥは君に話があると話し始めたが、なんとチルソンを殺したパク・カンギをヨンドク日報と警察が
見つける前に探し出して、処理しろ。と言うものだった。
少なからず動揺するヘソンに、「何を驚いている、裏切られる前に手を打てと言っているだけだ」と平然と言うイルトゥ。
ヘソンにお酒を注いだ後、「もう俺には君しか居ない」と以前チルソンにも言った同じ台詞を言うイルトゥ。


ドヒョクはヨンドクに、何故こんなに変な気分なのかわからない。殺したいと思った人間が死んでしまったのに
何故こんなに気分が良く無いのか・・・絶対にこのまま終わらせる事は出来ない。
間違いなくチルソンは何かを残しているはずだ、イルトゥを早く捕まえないと・・と苦しむドヒョク。

イルトゥは子供病院を慰問、相変わらずの偽善を記事にしていた。

パク社長退院の日、それらの記事を見て、気落ちをしているパク社長。その様子を見て居られないドヒョクは
病室から表に出てしまう。
前日より差出人不明の花束がいくつも届けられていた。退院の準備をしているドヒがこの花は一体誰が届けているのかと
気にしている。

そこへ、病室の入り口に花束を置いて逃げるように帰る学生の女の子を見たドヒョクは、呼び止めて話を聞く。
その学生は、ネットでアルバイトを募集していたので掲示板に書き込みをするアルバイトをしたのだと言う。
その学生は自分がしたアルバイトが元で自殺をしてしまったパク社長を申し訳無いと思って花を届けていたのだった。

さて、ガヨンとジュニョンの二人は、高校生(?)になりすまし、大世日報のアルバイトを取材する。
細かく監視されていて、気が気ではなかったというガヨン。
(実際に韓国ではこのようなアルバイトが有って、問題に成っているのだそうです)

さて、ヘソンはもと組員らしい二人にお金を渡して、カンギを探してくれと依頼する。
表へ出て封筒の中身を確かめている組員二人の前へ現れたのはヨンドクとサンチョル。二人はあわてて身をただし、
兄貴!と・・。

ヨンドク日報HPでは、大世日報がアルバイトで掲示板の書き込みをさせている記事が載っていた。
それを確かめているヘソン。

さて、廃車場でチルソンが乗っていた車を見つけ、捜査をしているナ刑事とオ刑事。そしてマンスも同行して
チルソンの死体検分をする。

赤いおそろいのジャンバーを着て、イルトゥ支援者になりすましたドヒョクとヨンドクはイルトゥの部屋でイルトゥと
ヘソンが戻ってくるのを待っていた。
一体なんだと言うイルトゥに事実確認に来ただけだと言うドヒョク。

自分の子供を殺して幾らも過ぎて居ないのにまた、殺人ですか?と言うと何の事だかわからないといったイルトゥ。
ヨンドクはこの次人を殺すなら、直接自分の手で殺せ、関係無い人を巻き込まないで。と言うヨンドク。
警察がチルソンの車の中を捜査して色々見つけたみたいだけれどどのように思いますか?と聞くドヒョク。

イルトゥは、長い友達が自殺しただけでも心が痛むのに、他殺で有ったとしたら、更に残念だ。警察が犯人を逮捕する事を願います。
と白々しく言ってのける。

更にドヒョクはヘソンがわざと自分の娘に近づいたと言うことを知りながらそのままにしているのは何故ですか?
ヘソンが会長のそばに居る理由が何なのか・・そういい掛けてヘソンが言葉をさえぎる。

ドヒョクは、俺達は更なる殺人を防ごうとしているだけだと言う。

ヨンドクは最後にパク・カンギは俺が先に手に入れるぞと言って部屋を出ようとする。

ヘソンは、チルソンの殺人にイルトゥは何の関連も無い、それにお前らヨンドク日報の記事は何の効力も
無い事をお前だって知ってるじゃないかと言うが
ドヒョクは、お前が大世日報の記者までも操っていると知ったら話しは別だろうと言うドヒョク。

ヨンドクはイルトゥに人々は力の有るものの言う事だけ信じるんだといった言葉を覚えているか?
お前の横に残っている人物を良く見ろ、チルソンを殺したのはお前の間違いだ、
お前を信じてついていた唯一の人間だったのだから。と言い、ドヒョクは殺したからと言って安心するな
と言い残して去っていく。

イルトゥはヘソンに反論記事を準備しろと指示する。
そして、カンギはどうしたと聞くと探しているところですと答えるヘソンに、早く処理しろと声を荒げる。

ドヒョクは、他社の記者達を集めて、大世日報がアルバイトを集めて書き込みをさせている事実、殺人教唆疑惑等々を記事にするよう
頼むが、
今まで大世日報が振りまいた風評もあり、簡単にドヒョクらの取材内容を信じ難い記者達。
それでも、頭を下げて記事を載せて欲しいと頼むドヒョク。

検察でもジェインとドヒョクが担当検事に会い、イルトゥに関する事を報告。ジェインが拉致された時に
チルソンが話した言葉も有るし、イルトゥ逮捕へ向けて説得をする。

担当検事はやってみよう、今回の件は慎重を記してパク・カンギを何としても確保して、命がけで事に当たろうと言う。
カンギは探しているところだと言うと、検察も強力して探そうと言う担当検事。

さて、身寄りの無いチルソン、死体はどうなりましたかと訪ねたドヒョク。
ヨンドクらがチルソンの葬式をあげた、ドヒョクはどうしても祭壇を参る気持ちに成らない。
ヨンドクはチルソンの遺影に向かって、あの世に行ったらお前が殺した人たちに許しを請え。
そうすれば、死んだ人たちも救われて安らかに目を閉じることが出来るだろう、と心でつぶやく。

斎場の外で待っていたジェインの所へやってきたドヒョク。
ジェインは気持ちが治まらないでしょう。と声をかける。
ドヒョクはチルソンが死んでしまった事が悔しくてたまらない、一生を監獄で暮らしながら、殺した人たちに
侘び罪を償ってくれたらと思っていたのだ。
イルトゥを殺したいと言う思いが初めて起こった。と言うドヒョクをあわてて見つめるジェイン。
いっそ自分の手で殺したいと言う思いを持った。しかし、いかに死んで当然の罪を犯したとしても
人が人を殺す権利は無いのでそれはしません。と言うドヒョク。


その夜、ヨンドクサンチョルとドヒョクの家族は一緒に夕食を食べる。

さて、ドヒョクらが記事を書くように頼んだ他社の中で、1社ナラ日報がが大世日報についての記事をついに書いた。
大世日報では抗議や問い合わせの電話が引きもきらずに鳴り続ける。

ヨンドク日報だけが乗せているのであれば無視出来るが、ナラ日報が記事を書いたとなるとただ事では
済まされない。
局長は大世日報の記者たちも混乱して来ている、本当にチルソンの自殺や掲示板の書き込みなどに関係は
無いのかとヘソンを問い詰める。

反論記事を書くように指示するヘソンに局長は難しいと反論。
これ以上、現場の記者たちも協力することが難しいと言うのだ。

イルトゥはいらだっていた、ヘソンに何故ドヒョクの父を殺したのかわかるか?と話し始める。
殺したかったからだ、会社を辞めさせることも出来たが、この俺を、脅迫して進もうとする道をふさいだ
その事が許せなかった。

15年前の再開発で自分の事を脅迫して来た(実際には脅迫したのではなく、悪事を暴いただけだと思うのですが)
ジノンとジノンを殺せと言ったのに裏切ったヨンドクこの二人のためにこのザマはなんだ!・・。

大世日報が傷つこうが記者達が傷つこうがかまわないので、言う事を聞かないやつはクビにしてしまえ。
自分が大統領に成りさえすれば皆自分の所に戻ってくる。 そう言うイルトゥ。

人々は力が有りお金がある人物が好きだ。そばに居さえすればおこぼれに預かれるんだからな。と鼻で笑うイルトゥ。

ヘソンは他社の記者を集める。記者達は良い顔をせず、今後はこのような場を設けてもらっては困ると
言っていたが、ヘソンが差し出した資料をみて全員の顔色が変わる。

サッカースター選手とCFスターの不倫記事、更に麻薬使用と言う一大スキャンダルの記事が翌日の
紙面1面を飾る。
世論は一気にそのスキャンダルへ傾き、イルトゥへの疑惑大世グループ、大世日報への疑惑はあっという間に
影を潜めてしまう。

夜、屋台で飲んでいたドヒョクの隣でカップルが食事をしていて、ちょっとだけ大世日報に話題が触れたが
スキャンダル記事の話しになったので、ドヒョクが「ある人が自分の子供を殺したんですよ」と声を掛ける。
初めは笑い見過ごしていたが、ドヒョクが大声で「人を殺した人間が大統領に成るんですよ」としつこく言うので
男性が怒ってドヒョクを殴りつける。

倒れたドヒョクは、その男性の足を掴んで、チェ・イルトゥが自分の子を産んでくれた女性を殺そうとしたんだ。
それは、自分の子供を殺したと言う事じゃないのか?だのに何故黙っているんだ?
そんな人間が大統領に成る世界に住んで痛いのか? そう訴えるドヒョク。

ヨンドクに殴られた傷の手当を受けながらドヒョクは、今まで自分は大世日報、イルトゥやヘソンと戦っていたと
思っていたが、そうではなくて世間の人々と争っていたのだと話す。

ヨンドクは君にも武器を持っている、「良い人間じゃないか」と言うが、ドヒョクはつまらないと言う。
ヨンドクは更に そのつまらないと思う心が君の武器だ。そのつまらなさのために君を信じてついてくる
記者達が居て、前職暴力団も居るじゃないか。警察署だって検察庁だって君を信じて助けてくれるじゃないか。

1人でも信じてくれれば十分だというその気持ちを忘れたのか?


ヘソンは自宅に戻り、母が先日持ってきてくれたキムチで食事をはじめる。

15年前、父親が傷だらけになって横になっているそばで母親が、どうしたら人をこんなに成るまで殴るの?と
なげいていた、更にヘソンに、早くご飯を食べなさい。
そして、しっかり勉強して立派な人に成りなさい。何も持って居なくて学力も無くて誠実で有る事だけしか
しらないからこうやって殴られても誰も信じてくれないし、どこかへ訴えることも出来ない。

そう言う母に、心配しないで、僕はお父さんみたいな生き方はしない。そう言った事を思い出す。


さて、カンギはついにヨンドク達の包囲網に引っかかった。
カンギはかたくなに口を閉ざす。お前が何を持っていたとしてもイルトゥはお前を殺すぞと言うヨンドク。
自分達が見つけたくらいだから、イルトゥが居場所をみつけるのも時間の問題だ。そう言うドヒョク。

ついにイルトゥに逮捕状が出る。
最後に話すことがあるとヘソンを呼び出したイルトゥはチルソンを追い込みこうやって自分を逮捕させて
復讐をするつもりかと言う。
しかし、ヘソンはこんなところで復讐をとげたと言うなら始めたりしない、自分の目標は会長の目標と同じだ
なにをしても助け出すので安心していてくださいと言う。ヘソン。

さて、イルトゥはチルソンの殺人教唆容疑で逮捕された。

それを見送ったヘソン、そしてドヒョク。

パク・カンギは自主したのか?と気にするヘソン。いや、と答えるドヒョク。
パク・カンギまで迎えて自信がないのかジェイン警部補と言うヘソン。

ドヒョクは、こうやって最後まで行く気なら、チルソンの部下に成ればいい物を何故記者に成ったんだと言う。

ヘソンは、自分の目的も復讐だとようやく認める、しかし、復讐をするのに何をどのように利用しようと
どんな関係が有ると言うのか?ただ復讐すれば言いだけじゃないか。
お前のように周りの事を気にしながら行くのは、復讐しないのではなく出来ないんだ。と開き直る。

お前の復讐はイルトゥが目的を達成した瞬間に裏切ると言うことか?と訪ねるドヒョク。

わかったのなら、反対しないで消えてくれないか?と言うヘソン。

復讐、復讐が聞いてあきれる、お前はイルトゥと同じじゃ無いか。お前も目的のためなら誰でも見境なく
刃を向ける殺人者だ。と言うドヒョク。

そう言われたヘソンは、それは全てお前のせいだと言う。
お前さえ現れなければ、事はこんなに複雑に成らなかったのに何故現れて15年掛けてきた事を邪魔するんだと言う。

ドヒョクは、それが惜しくて人生を台無しにするのか?と言う。
更に、自分だって自分の目の前で両親の惨状を目にしたが、だからと言って復讐をした所で、死んだ両親が生き返るのか?
お前が復讐をしたからと言って死んだお父さんが生き返るのか?
黙れ!と言うヘソン。

しかしドヒョクは、復讐のためにこれ以上人が傷つくのを見ている事は出来ない。やめろと言うドヒョク。

ヘソンは、出来ないと言ったら・・。48時間の間に確実な証拠がなければ会長は釈放される。とそう言う。
ドヒョクも、そうか、48時間後に会おう。釈放されるかそのまま投獄されるか。

ここで続く。


*********************************************************************
この回は、イルトゥの悪党ぶりがだんだんベールを脱いで明らかになり
こんなイルトゥの何を信じてチルソンがあんなにも忠誠を誓っていたのか
本当に理解に苦しみます。

ヨンドクは本当に良いドヒョクのそしてドヒョクの家族のお父さん的存在です。
ドヒョクとヨンドクの会話は 本当に暖かくて涙が出ます。


今回はジェインとドヒョクの可愛い会話はおあづけでした^^

いよいよドヒョクとヘソン 最終決戦ですね。


それにしても、最後の数分間、ドヒョクとヘソンの会話は圧巻でした。
13話、最初の頃の情け無いドヒョクは何処へ? と言うほどカッコイイ!!

今までも二人でやり合うシーンはありましたが、今回はヘソンから
嫌味なほどの余裕が消えました。

観ながら思わず「お~~っ!凄い!カッコイイ~!」と言ってました。


韓国ドラマ『HERO』 14話 隠された真実を世間に知らせろ!(イ・ジュンギ主演)



ヒーロー DVD-BOX 1
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン


ヒーロー DVD-BOX 2
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン


イ・ジュンギ主演 韓国ドラマ ヒーロー OST
クリエーター情報なし
韓国

‘히어로’ 이준기, 끝없는 좌절에도 에너자이저 고군분투!
「HERO」イ・ジュンギ、尽きない挫折にもエネジャイザー孤軍奮闘!




MBC 수목 미니 시리즈 ‘히어로’(극본 박지숙/ 연출 김경희)가 한 치 앞도 예측할 수 없는 거듭된 반전을 선보이며 흥미를 더하고 있는 가운데, 가슴에 아픔을 안고서도 에너자이저같은 유쾌한 마인드로 무기없는 정정당당 싸움을 이어가던 열혈기자 진도혁(이준기 분)이 쉴 새 없이 이어진 대세일보의 맹공격에 좌절하며 ‘결국 백기를 들 것인가’를 두고 관심이 모아지고 있다.
MBC水木ミニシリーズ「HERO](脚本:パク・ジスク/演出キム・ギョンヒ)が一寸ん先も予測することが出来ないたび重なるどんでん返しを放送していて興味を加えている中で、胸に痛みを抱えていてもエネジャイザーのような愉快なマインドで武器も無い正々堂々、戦いを続けている熱血記者ジン・ドヒョク(イ・ジュンギ扮)が休むまもなく続いた大世日報の猛攻撃に挫折して「結局白旗をあげるのか」と言うことが感心を集めている。

지난 ‘히어로’ 12회 방송에서 공칠성(주진모 분)은 자신을 음해하려는 해성(엄기준 분)의 의도를 알아채고 반격을 가하기 위해 해성의 약점을 공략, 재인(윤소이 분)을 납치해 협박했다.
前回の「HERO」12話放送でコン・チルソン(チュ・ジンモ扮)は、自身を陰湿に攻撃するヘソン(オム・ギジュン扮)の意図を知ることになり、反撃を加えるためにヘソンの弱点を攻略、ジェイン(ユン・ソイ扮)を拉致して脅迫した。

이에 도혁은 번호없이 도착한 해성의 문자를 받고 찾아간 폐 창고에서 무사히 재인을 구출해 내는 장면이 그려졌다.
これにドヒョクは番号無しで到着したヘソンのメールを受けて訪ねた廃倉庫で無事にジェインを助け出した場面が繰り広げられた。

하지만 도혁의 부모님과 박수정(최수린 분)의 아들을 유괴, 살해한 진범인 칠성이 납치 행각을 벌이고 도망친 후, 돌연 죽은 채로 발견되면서 용덕일보와 대세일보의 진실을 사이에 둔 싸움은 또 다른 미궁 속으로 빠지게 된 상황.
しかし、ドヒョクの両親とパク・スジョン(チェ・ジュリン扮)の息子を誘拐、殺した真犯人チルソンが拉致行為を行って逃げた後、突然死んで発見されたので、ヨンドク日報と大世日報の真実を間に置いた戦いは、また、異なる迷宮の中に陥る事となった状況。

이어 6일 방송될 13회에서는 부모님을 죽인 원수 공칠성의 허무한 죽음과 댓글 여론몰이, 연예인 스캔들로 물타기까지 서슴지 않으며 진실을 덮는 대세일보의 언론 권력 앞에 도혁이 괴로워하며 울분을 토하는 모습이 그려질 예정이어서 언제나 도혁의 최대 고비가 예고되고 있다.
これにより6日放送される13話では両親を殺した仇チルソンのありえない死とネット掲示板コメント集め、芸能人スキャンダルで世間の目をくらます事まで手段を選ばずに真実を隠す大世日報の報道は権力の前でドヒョクが苦しんで鬱憤を吐き出す姿が描かれる予定で常にドヒョクの最大の瀬戸際が予告されている。

‘히어로’ 제작사의 관계자는 “도혁은 감춰두었던 진실이 서서히 드러나는만큼 더 깊은 상처를 받고 거대 권력 앞에 좌절도 하게 되지만, 그런 극한의 분노를 느끼는 상황들 속에서도 끝까지 중심을 잃지 않고 ‘공공의 위한 진실’을 실현해내려는 의지를 다잡는 것이 진도혁이 가지고 있는 가장 큰 ‘히어로의 모습’ ”이라며 “열 번 밟히고, 백 번 짓눌려도 또 다시 털고 일어나는 진도혁을 함께 응원해주시고 또한 도혁의 그 모습을 통해 시청자들도 어려움 속에 힘을 낼 수 있는 계기가 됐으면 좋겠다”는 바람을 전했다.
「HERO」製作者の関係者は「ドヒョクは隠されていた真実が少しずつ明らかになるだけ更に深い傷を受け巨大権力の前に挫折もするが、そんな極限の怒りを感じる状況たちの中でも最後まで中心を失うことなく「公共の為の真実」を実現しようと言う意志を貫くことがジン・ドヒョクが持っている最高に大きな「HEROの姿」だとして、「十回踏みつけられ、百回押さえつけられてもまた再び振り払って起き上がるジン・ドヒョクと共に応援してくださり、又はドヒョクのその姿を通して視聴者たちも困難な仲に力を出すことが出来る機会になったら良い」と願いを伝えた。
이준기, 300팬 함께 ‘히어로’ 막방 단체관람 ‘팬사랑 최고!’
イ・ジュンギ、300ファンと共に「HERO」幕放(最終回放送)団体観覧「ファンの愛最高!」




배우 이준기가 자신의 팬들과 함께 MBC 수목드라마 '히어로' 마지막회를 단체 관람한다.
俳優イ・ジュンギが自身のファン達と共にMBC水木ドラマ「HERO」最終回を団体観覧する。

이준기는 오는 14일 오후 서울 강남 메가박스 코엑스점에서 '히어로' 최종회를 팬들과 함께 관람할 예정이다.
イ・ジュンギは、来る14日午後ソウルカンナムメガボックスコエクス店で「HERO」最終回をファン達と一緒に観覧する予定だ。

이날 마지막회 단체관람 행사는 팬들이 주관한 자리로 300여 명의 팬들이 함께 한다.
この日、最終回団体観覧行事はファン達が主管した席に300余名のファン達が共にする。

이준기는 팬들과 함께 드라마 마지막회를 관람, '히어로' 유종의 미를 거두며 팬들 역시 이준기와 함께 하며 종영 아쉬움을 달랠 전망이다.
イ・ジュンギはファン達と共にドラマの最終回を観覧、「HERO」有終の美を収めながらファン達、やはりイ・ジュンギと共にしながら、放映終了をおしみ、物足りなさをなだめる成り行きだ。

이준기는 지난 2008년 SBS '일지매' 마지막회 역시 팬들과 함께 관람하며 회포를 풀었다.
イ・ジュンギは去る2008年SBS「一枝梅」最終回もやはりファン達と共に観覧して懐包を解いた。

이준기는 '히어로'에서 정의를 좇는 용덕일보 열혈 기자 진도혁으로 분해 탁월한 연기력을 선보였다.
イ・ジュンギは「HERO」で正義を追うヨンドク日報熱血記者ジン・ドヒョクに扮して卓越した演技力を届けた。

14일 종영을 앞둔 '히어로'는 KBS 2TV '아이리스' 등에 밀려 저조한 시청률을 기록했으나 시청자들로부터 '완소드라마'라는 호평을 받고 있다.
14日終演を前にして「HERO」はKBS2TV「アイリス」等に押され低調な視聴率を記録したが視聴者達からは「完全なドラマ」という好評を受けている。

한편 이준기는 구랍 30일 2009 MBC 연기대상에서 인기상을 수상했다.
一方、イ・ジュンギは昨年30日2009MBC演技大賞で人気賞を受賞した。

이튿날 이준기는 미니홈피를 통해 "여러분이 주신 상 감사하다.
翌日イ・ジュンギはミニホームピを通して「皆様が下さった賞感謝します。

그 어떤 상보다 값지게 돌아왔다"고 팬들에게 감사 인사를 전하며 "이제 '히어로' 4회 분량이 남았다.
そのどんな賞よりも価値が戻ってきた」とファン達に感謝の挨拶を伝えて、「ついに「HERO」4話分量が残った。

마지막까지 최선을 다해 더욱 알찬 모습 보여드리겠다"고 다짐을 밝혔다.
最後まで最善を尽くして、更に内容の充実した姿をお見せします」と誓いを明らかにした。


********************************************************************

この様な企画、あるだろうなぁ・・と思っていましたが
何せ土日・・土日に仕事が集中する私は、よりに寄って
いつもならギリギリにしかスケジュールが決まらないのに、
年末の内からこの日程のみ押さえられてしまいました。。。

寒い時期なので、心臓の弱い私としては避けたい季節では
ありましたが・・

行きたかったなぁ。。

またのチャンスに、出かけられたらいいな。と思って居ます。


あぁ・・しかし、残念です。
初級テキストより

재미 있는 영화를 보고 싶은데요,추천해주세요.
面白い映画を観たいのですが、推薦してください。

그 사람이 지금 사는 집을 알아요?
その人が今住んでいる家を知って居ますか?

요즘 한국을 좋아하는 일본 사람이 만이 있습니다.
最近韓国を好きな日本人が沢山います。

어제 만난 친구는 누구예요?
昨日会った友達は誰ですか?

따뜻한 차를 마시고 싶어요.
暖かいお茶を飲みたいです。

친구에게 줄 생일 건물을 사러 가요.
友達にあげる誕生日プレゼントを買いに行きます。

전할 말씀이 있으세요?
お伝えする事(伝言)がおありですか?

부자인 남자가 좋아요?
裕福な男性がいいですか?



그 사람을 만나서 이야기를 들어 봅시다.
その人に会って話しを聞いて見ましょう。

서울역에서 내려서 갈아 타세요.
ソウル駅で降りて乗りかえてください。

옷을 입고 구두를 신었습니다.
服を着て靴を履きました。

먼저 전화를 하고 방문하겠습니다.
まず電話をして訪問します。

오늘은 버스를 타고 갈까요?
今日はバスに乗って行きますか?

한국에 가서 친구도 만나고 스키도 탔습니다.
韓国に行って友達にも会ってスキーもします。
ヘソンの母の店からの帰りの車の中
ジェインは、一体部屋で何を見たのかとドヒョクにたずねる。

ドヒョクは15年前にドヒョクの父が大世グループが手がけていた、カンイン洞再開発について
調べていた事を話す。
そして、イルトゥがチルソンにドヒョクの父を殺せと命じた理由がまさにこの件をドヒョクの父が調べていたからだった。

その中で再開発場組合長が暴力を受けて自殺した事がドヒョクの父の手帳に記されていた。
その人物の名前が、カン・ギュヒョンで、ヘソンの父親であった。

ドヒョクはヘソンの部屋を訪れる。
お父さんの名前は、カン・ギュヒョンか?と切り出したドヒョクに、色々調べて
親父の名前1つだけ見つけてきたのか?と切り返すヘソン。

15年前の再開発地域組合長はお前のお父さんだろう?と言うドヒョク。
それが?と聞き返すヘソン。

惨めに死んだ父親の代わりに復讐でもしようと言うのか?と言うドヒョク。

ちょうどその時、チルソンとイルトゥも料亭で話しをしていた。
チルソンからヘソンの父親が15年前に自分から死ぬほど殴られて自殺した人物であり、ヘソンが復讐を企てているに違いないと警告を受けていた。

イルトゥは信じられない様子だ。


場面戻ってヘソンの部屋。

ヘソンは死んだ父の事を、裏切られ死ぬほど殴られ何も出来ずに死んでいったそんな人間が自分の父だが、
だからと言って復讐と何の関係があるんだと平然と否定する。

ドヒョクは、復讐するなら今じゃないのか、イルトゥがハンギョル殺人教唆容疑、チルソンは殺人実行犯、証拠は揃っているのに
何故助けてくれずに反対の事をするんだ。と言う。

ヘソンは、何故自分が必ず復讐をしなければならないんだ?と聞き返す。
お前、良く聞けよ、お前は立派な大世日報の記者だった父親を亡くしてどうにかなりそうなくらい悔しいだろうが、自分は違う
自分は自殺した人のために自分の人生を掛けてまで復讐する考えは持って居ないという。

ドヒョクはその言葉にうなづき、じゃあ、何故よりによって大世グループなんだ?何故よりによって大世日報なんだよ。と聞く。

一番いいからだ、一番立派だからだとこたえるヘソン。


場面変わって料亭。
イルトゥはきっぱり、そんなはずは無いとヘソンの復讐説を否定する。
チルソンは、どこの息子でも親が残念な死に方をすれば復讐するでしょう。とくいさがるが
その言葉にも耳をかさないイルトゥ。
ヘソンは自分の家族だ!と言うイルトゥに、どうしてもヘソンの行動が怪しいと言うチルソン。
しかし、イルトゥはそんなチルソンに自分はお前の行動の方が怪しいと言う。
こうやって二人で会う事も、自分にとって危険なので、今後はヘソンを通して
連絡をしてくるようにと命令して席を立ってしまう。

場面もどってヘソンの部屋

お前が幾ら復讐をしようとしていると言っても会長は信じないと言うヘソンに。
ドヒョクは、お前の会長が信じようが信じまいが関係ない。自分は事実を調べているだけだと言う。

復讐じゃないんだな、分かった。と帰りかけたドヒョクだったが、もう1つだけ。
ジェインに自分の行く道をふさぐなと言ったそうだが、お前の行く道は一体なんだ?と質問する。

ヘソンは、会長を無事に大統領にすることだと答える。

それを聞いたドヒョクは、恥ずかしいと思え、今のお前の姿を見たら天国に居るお前のお父さんが泣くぞ。
さらに、親父が調べていたお前のお父さんは、お前のように悪い人間ではなさそうなのに・・。そう言うドヒョクに

お前のような奴が何を知った風な事をべらべらと喋るんだ。
俺がここまで来るのに15年間どんな思いをして生きてきたのか知りもしないくせにと言うヘソン。

そうか、お前がどんな風に生きてきたのかは知らないが、どんな人間なのかわ知ってる。と言うドヒョク

消えろ。とヘソン
カン・ヘソン、(お前には)がっかりだ。お前の目標がなんと殺人者を大統領にすることだとは・・。
報道を操り国民の目と耳をふさぎ、許せない殺人者、違法者、そんな許すことの出来ないゴミを大統領にしようと言うのか。絶対にそれはダメだ。
そう言うとドヒョクはヘソンの部屋から出ていく。

ヘソンは抗議プラカードを持って大世グループ前に立っていた少年を思い出し、少なからず穏やかでは無い様子。

翌日、ヘソンはこの際チルソンを切ってはどうかとイルトゥに提案する。
ホギョンも何故ここに来たの?諦めきれないんでしょう?とハンギョルの件で出馬を諦めると表明した件についてたずねる。

イルトゥはチルソンがヘソンが復讐していると言っていた事が少し気に掛かっていた。


さて、ドヒョクはヨンドクを相手に蹴りの練習をしていた。
ヘソンが復讐しようとしている事をイルトゥが知らないなんてありえますか?といいながら蹴りを入れるドヒョク。
婿になるんだから、それ位は調べるでしょう。と言うが
ヨンドクは、チルソンから暴力を受けたとしても自殺をしているとしたら、イルトゥが知らないと言うことも考えられると言う。

ドヒョクは足を変えて左足で蹴りを入れながら、復讐であろうがなんであろうが
ヘソンがイルトゥの見方をして居る以上、自分達の敵であるだけだと言うドヒョク。

ヨンドクは選手が居ればゲームは続けられると言う。

ドヒョクは構えを決めて 第3ラウンド!と叫ぶ

ヨンドク日報の記者たちは、ヘソン、イルトゥ、娘のホギョンの身辺を取材し、記事をあげる。

「コン・チルソンは行動隊長、カン・ヘソンはブレーン・・一日に数回隠密通話」
「カン・ヘソン、重要日刊紙記者達と頻繁に会合してマスコミ掌握に熱を上げる」
「カン・ヘソン政治家達と緊密な関係意地の秘訣ー口に合う歪曲記事」
「カン・ヘソン結婚を後回し、チェ・イルトゥの面倒だけ集中する理由は」
「カン・ヘソン、大世日報入社直後チェ・イルトゥの娘と交際。意図的接近・・

ヨンドクとドヒョクはイルトゥの娘ホギョンのギャラリーにやってきて、しっかりその目を見開いて
真実を見てください。そうでないと後で傷つきますよ。と警告する。


良く朝、ヘソンは秘書からヨンドク日報の記事を受け取り目を通しているところへ
ホギョンが記事を見たかと言って部屋に入ってくる。
何であのページに入るんだ?自分達だけで騒いでいるだけだと言うヘソン。

しかしホギョンは新聞紙を差し出し、他の新聞にも記事があがっていたと言う。

ホギョンは私がこんな言葉まで聞かなければならないの?ヘソンがわざと自分に近づいたのだと言うことを聞かなければならないのかと問い詰める。

違うことは分かって居るじゃないかと言うヘソンに、だったら何故このままにして置くんだと問い詰めるホギョン。

じゃあ、わざとじゃありませんと言う記事を書こうか?と話しをはぐらかしながら
出かけようとホギョンを促すヘソン。

記事を見たチルソンはイルトゥに電話をして、見ましたか?ヨンドク日報が言っている事が正しいんですと話す。
良く考えてください。会長は今虎の子を育てているんですよ。そう言ったチルソンは更に
ここまでは言いたく無かったが、ヘソンには他の女が居ます。カンサン警察署のチュ・ジェイン警部補の名前をあげる。

その電話を聞いているイルトゥの目の前ではヘソンとホギョンが仲良く会話をしている。

イルトゥは、その言葉に責任を取れるのか?とチルソンに質問を投げかけると勿論ですと答えるチルソン。

イルトゥの様子がおかしいのでなんの電話なのか?と不審に思うヘソンとホギョン。
イルトゥはヘソンにカンサン警察署とヨンドク日報を処理しろと命令をする。

警察署でもヨンドク日報の記事を見ながら刑事達が話しをしていたが、ジェインの姿が見えないので
心配したナ刑事がジェインの元へやってきて何か心配事でもあるのかと訪ねる。

ジェインはこれまでヘソンが大きく法に触れる事をまだしていないでしょう?とナ刑事に確認する。

まだ、希望があるかも知れないと立ち上がったジェインはヘソンに面会する。
ジェインはヘソンにどう言う事なのか話してくださいと切り出す。
遅いと言う事、助けてくれると願っていたと言う言葉の意味を話してくださいと言う。

今からでも遅くないので自分に話してくれと言うジェイン。

しかし、ヘソンは会長は何も指示をして居ないと言い、更にもう一度、止めるようにと言い残して去るヘソン。

会社に戻ったヘソンはまだ遅くないと言うジェインの言葉を思い出していたが、携帯を取り出しどこかへ電話を掛ける。

ヨンドク日報では相変わらず取材が行われていた。
そこへ一通の手紙が届く。

新聞法違反の文字、罰金は一千万ウォン。

驚く一同、そこへ電話も一本掛かってきて、広告主が広告をおろすと言い始める。

何事が起きているのかと慌てる一同。
すると国税庁から税務監査に来たと数名の男達が入ってきて、資料やパソコンを押収し始める。

そして、検察庁に出頭するよう促される。

翌朝、帰宅していないドヒョクをまた徹夜でもしたのかと、思っていたドヒだったが、
ソルが読んでいた新聞記事から一大時をしり、ヨンドク日報に駆けつけると
ジェインが一足先に来ていた。 

自分も新聞をみて知ったのでどう言う事なのか調べて連絡しますとドヒに言うジェイン。

検察庁ではありのままを話せば良いので緊張する事はないと言うヨンドク。

記者達だけ別室に呼ばれるが、ドヒョクは別の調査を受ける為外される。
そして、記者達は自分達は収入からきちんと支払いをするし、実際には給料ももらわずに記事を書いているんだと言うと
脅迫を受けてやむなくそうして来たのだと調書に書くようにと言われ、何かが変だと思う。

ドヒョクとヨンドクだけは、検察官より直に取り調べを受け、ドヒョクに黒幕はだれた?ヨンドクか?
脅迫されたのか暴力を受けたのか?と問われる。

ドヒョクは自分は記者でヨンドクは社長だと答えると、ヨンドクからお金でも受け取ったのかと言われてしまう。

ドヒョクが反論をしていると、ヨンドクが自分が黒幕でドヒョクは自分から脅迫されたのだと告白する。

その事により、部屋から出て行くように言われてしまうドヒョクは、食い下がるも取調室から出されてしまう。

一人検察官の前に残されたヨンドクは、監獄から出所するや大世日報へ出向き居るトゥに暴力をふるい、すぐに新聞社を断ち上げ、誰に促されてそんな事をして要るのか?
黒幕は誰ですか?野党議員ですか?と訪ねられる。

取調べ室の表でドヒョクはようやく姉に電話を入れて、心配は要らないと報告する。

そこへ、ジェインもやってきて、どう言う事なのか調べて見るとドヒョクに言う。
ドヒョクは来てくれて有難うとジェインに礼を言う。

そうして、ヨンドクだけ拘束され、一昼夜明け方4時になって記者達は帰宅して良いと言われ、
罪も無い社長だけ拘束されている事に抗議する一同。

別室で取調べを受けていたヨンドクは、自分は確かに暴力団出身だ、監獄からしゅっしょして
何も持たずいく所も無い、そして自分の父親を殺そうとしたそんな自分を部屋に泊めてくれ
世話をしてくれ、親のように慕ってくれたのはジン記者だった。

そんなジン記者の役に立ちたくて、新聞社を始めた。
記者たちは自分の家族で、どこの誰が自分の家族を脅迫したりしますか?と話すヨンドク。

罪が合ったのなら甘んじて受けますが彼らには何の罪もありません。
我々は人々の声の代弁者になりたいのです。

そう言って訴えるヨンドク。

そして、ジェインの力添えによりヨンドクも解放される。
取調べ室の表で待っていた記者達。はヨンドクを出迎えて、ジェインに礼を言う。

ヨンドク日報へ戻った一同にヨンドクは自分が暴力団出身なのでこの様な形で皆に迷惑を掛けたと言う。
しかし、一同はここで諦めず皆で力を合わせる事を決意する。


帰宅したドヒョクは、無事に解決した事を報告する。
しかし、罰金を支払わないと、仕事を続けられない状態で有ることに変わり無い。

ドヒは部屋を引き払いましょうと意う。
ドヒは子供達と自分が居なければ部屋を引き払ってでも社長を助けたくせに、それを知らない私じゃない。
いままで、役に立つ事が出来なかったから今度はそうしましょうと言う。

子供達をどうするのかと心配するドヒョクに、ソルが新聞社に部屋があるじゃない!と提案する。

その夜、ジェインがドヒョクに電話を掛ける。
ジェインが鼻歌を歌い始めるのだけれど、その歌が先日ジェインがドヒョクに贈った歌なので、どうやらドヒョクが着メロにした模様。

ようやく出たドヒョクに、今頃電話に出てなにしてたの?と聞くと、テレパシーが通じた、電話しようと思って居たんだと言うドヒョク。

ジェイン:皆どうですか?まさか諦めたり指定内でしょうね?
ドヒョク:え~い、まだ僕の事を知りませんか?ジン・ドヒョクの辞書に
ジェイン:諦めはないんでしょう?

ドヒョク:今夜がこの部屋で最後の夜なんだ。
ジェイン:え?
ドヒョク:家を引き払って罰金を払ってヨンドク日報をまた始めるんです。
ジェイン:あら、偉いじゃない
ドヒョク:おい、この女 オッパに向かって・・・
ジェイン:オッパがどうしたって?
     正直言ってわたしの方がお姉さん見たいじゃないですか。きちんと世話して助けて上げて。
ドヒョク:そうだな。有難う。今日もまた、助けてもらった。
ジェイン:正直に認めてどうするんです。冗談なのにすねましたか?
ドヒョク:実際、僕にちゃんと出来ることがありますか?
ジェイン:・・・
ドヒョク:ちょっと!ここで黙っていたら認めるってことじゃないですか。
     出来る事有りますよ、これも出来るしこれも出来るし・・こんな風に言えば会話も弾むじゃないですか!
     マナーがなってない!
ジェイン:私が何故、ジン・ドヒョクさんを好きなのか知ってますか?
ドヒョク:えっ?

電話が切れる。。
ドヒョク:もしもし・・もしもし??
     なんだよ、この女。。
     いましっかり聞いた言葉、本当か?


結構可愛いこの二人・・ 年齢はいくつの設定なのか分かりませんが・・。
天然・・入ってますよね((((^^;


翌朝、ドヒがヨンドクにお金の入った封筒を差し出し、急いで必要だと聞いたので
工面しましたと話す。
一緒に住む事になり不便ではないですか?と言うドヒョクに、嬉しいと言うヨンドク。
サンチョルも歓迎すると言う。

ドヒはそれを聞いて、良かった、今まで私の家には大人が居なかったんです。子供達の為にも良いことのようだし。とお礼を言う。

そして、他の記者たちも少しずつお金を準備してきていた。
ドヒョクが何でも一人で解決してしまうのはズルイというのだ。

集まったお金を持って再出発を誓うヨンドク日報の記者たち。

チルソンはヨンドク日報の様子を調べていて、再び動き出した事をヘソンに報告する。
どうなっているのか、今会おうと言うチルソンに、今は無理だと言うヘソン。

イルトゥは取材を受けていて、随分楽になられたみたいだと言われ、更に一時のあやまちで選挙を諦めるのはもったいないと言われるが、
悲痛な面持ちで責任を取る道を知らなければと語るイルトゥ。

パク社長が意識を回復したようだが、一言と言葉を求められ、一日も早く心の傷が回復しますようにと白々しく話すイルトゥ。

さて、ジェインは、母の店のオープンを手伝い出勤したところで、チルソンの部下が母の店へ入る。
そしてジェインはチルソンに引きとめられる。
ジェインの母を一時拘束したチルソンの部下、呼び止められたジェインは仕方なくチルソンに従うことになる。

ジェインの母は脅されただけで何事も無く解放されたところへナ刑事が店にやってくる。

ジェインを拘束したチルソンは、ヘソンに電話をかけ、ジェインを拘束し、更にその場場所をヘソンに教えて助けに来いと連絡する。
そして、更にチルソンはイルトゥへも電話をかけ、ジェインを拘束した上でヘソンに連絡をした。
ジェインの居場所を知っているのはヘソンだけなので、ヘソンがジェインを助ける為に動くかどうかを見ていろと報告する。

イルトゥは自分を支援してくれる議員達と懇談中で、もうそろそろ再起したらどうだと進められているところだった。


さて、ドヒョクに送信者不明のメールが届く。
場所だけ記されたメールなので、意味が分からない。

そこへ別の電話が掛かりナ刑事が慌ててジェインを探して居た。
ジェインを何故さがすんだ?と訪ねるドヒョクの問いには答えずに電話が切れる。

ドヒョクは送られてきたメールの内容をつぶやくと、ヨンドクが反応する。
昔チルソンが出入りしていた廃倉庫だと言う。

ドヒョクとヨンドクは急いでその場所へ急行する。
警察にも届けたほうが良いのではないかと言うドヒョクに、警察が動くとジェインが危険にさらされる可能性があると言うヨンドク。

チルソンは、ジェインに対して全ての罪を告白する。
ヘソンが来ても来なくても、死ぬ運命にあるので全て告白しても平気だと言うのだ。

廃倉庫に到着したドヒョクはチルソンに殴られているジェインを目撃する。
その様子を写真に収めたドヒョクは裏口に回る。

そして、ヨンドクが大声でチルソンを呼ぶ。

慌てるチルソン。
チルソンの手下は、あっと言う間にヨンドクに殴り倒されてしまう。

チルソンはジェインにナイフを突きつけて、それ以上近づいたらジェインを殺すと言う。
ジェインはここで死んでも悔いはないので、来てチルソンを捕らえて警察に突き出してくれと毅然と言う。

ヨンドクはチルソンに自首を勧める。ジェインも今からでも警察に協力してくれと言うが
自分は会長を裏切らないと言うチルソン。

そう言って押し問答をしていると、ドヒョクが入ってきてチルソンに蹴りかかり
チルソンが持っていたナイフを落とす。

ドヒョクがナイフを遠くへ投げたあと、ジェインを助けに行くとそこへチルソンの手下が拳銃を持って入ってきて、
一同を脅しながらチルソンを助けて倉庫から出て行ってしまう。

助けられたジェインは警察署にでんわをして、急いでチルソンを拘束するように命令する。

刑事達が急ぎチルソンの事務所に行くと。
なんとチルソンは自殺をしていたのだった。

そして、イルトゥは皆さんの声援を受けて再出馬を決意しましたと表明。
支援者たちのシュプレヒコールの中、チルソン自殺の報告を受けたジェインとドヒョクは驚きの表情を浮かべる。


ここで続く。


********************************************************************

チルソンが自殺をする人物には思えないので、どう見ても他殺でしょう!
そうつぶやいた私ですが。。

予告を見るとドヒョクもやはり、そう言っている様です。
さあ、あと4話。

どのように話しが展開するのか、自殺するのはむしろヘソンではないかと
心配しているのですが・・
解決の糸口がどこに出てくるのか、楽しみです。

韓国ドラマ『HERO』 13話 チェ・イルトゥ、殺人教唆容疑で逮捕する(イ・ジュンギ主演)


ヒーロー DVD-BOX 1
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン


ヒーロー DVD-BOX 2
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン


イ・ジュンギ主演 韓国ドラマ ヒーロー OST
クリエーター情報なし
韓国