俳優イ・ジュンギを絶賛応援中!! ドラマの記事は、ネタばれが含まれます^^韓国語をのんびり楽しく勉強中^^ 目指せハングル検定2級
혐기다

と言うセリフが出て来ました。

娘が 母親が悪の限りを尽くしている事に
嫌悪感を現した言葉なのですが

良く聞くのは 역겨워 と言う言葉なので
耳になじみが無くて 一瞬 ん? と思いましたが


嫌忌 ; 忌み嫌う事  と辞書にありました^^;


スポンサーサイト
最近ドラマを見ながら 台詞を聞き取りつつ
聞き取れても辞書に無い言葉を少しずつ質問しています。


完全に私の耳で聞き取れていない音と
どうやら聞き取れている音があり・・

その中で なんと 花札 に喩えた台詞が多いことに気が付きました。


花札のルールを知っていれば分かる台詞です^^

짜고 치는 고스톱 私はこれを チャゴチヌンコストと聞いていました。

小さくしたコスト? 

짜다 示し合わせる
치다 花札などの遊びをする
고스톱 ゴーストップと言う花札の遊び

これらから、示し合わせてゴーストップをする。=八百長


こんな言葉が有ることを、今日教わりました^^

ドラマの中で花札をするシーンも沢山目にしますが
韓国では、花札が随分身近な存在のようです。
今日は、休みなのを良い事に、PCの仕事を横目で見ながら
「一枝梅(イルジメ)」を観ていました。


その中で、主人公のヨンイ(イ・ジュンギ)が 口を開くと言う台詞
「モ〜ニャンパジゲ」모냥 빠지게

辞書を引いてもこれと言った言葉がヒットしません。
パジダは 陥る とか 嵌る と言う意味だったりしますが・・


つい先日、色々なブログを観ていて、一枝梅の中での
流行語であることが判りました。


字幕を見ていると カッコ悪い などと言う言葉に直されてます。


要するに 「ダサい」「イケてない」 「カッコ悪い」そんなニュアンスです。




ちなみに、韓国のサイトで 모냥빠지게 を入力して
調べて観たら、やはり質問している人が居るんですね〜^^;

「모냥빠지게って ?」
흔히 사람들이
多くの人たちが

"모냥 빠지게~"
モニャンパジゲ

이러잖아요..
言うじゃないですか。。

근데 그게 무슨뜻이예요?
ところで、 これ どういう意味ですか?

그리고 어떨때 쓰는 표현이죠?
そして どういう風に使う表現でしょう?
    (どんな風に使うんでしょう?)

그리고 글자 "모냥"맞아요? 틀린거같기도해서요
そして 文字 모냥 有ってますか? 間違っているようでもあります。

알려주세요~
教えてください〜



この回答が ↓コレ

모냥 빠지다..

요즘 흔히 쓰이는 은어죠..
最近多く使われるスラングでしょう。。

원래는 모양이 맞습니다..
本来は、模様 (有様、形、おしゃれ、体面 面目 など)が
正しいです。

빠지다는 나빠지다.
パジダ 陥る、など は 悪くなる。

이두개로 이루어진 말이죠
この 二つから 形成される 言葉でしょう。

원래는 모양이 나빠지다.
元来は 様子が悪くなる。

이것이 표준어 입니다
これが 標準語です。


・・・と書かれて居ました^^
韓国でもめまぐるしく流行語が 現れては消えているのかもしれません。

こんな調子で、脱線するので私の勉強はなかなか進みません(((^^;


勇兒可愛表情相片(有趣鋼琴音樂底)

先日より放送を見始めた 風の絵師
第2話の中のセリフに興味を惹かれたので
聞き取りをしてみました。

聞き取りをした後で 自信のない単語は辞書を引いて
その後 kyoung先生に添削して頂きました。

그린다는 것이 무엇이냐?


그리움을 말하는 것이 아닌지요?

그리움이 그림이 되기도 하고 혹은 그림이 그리움을 낳기도 하지 않는지요?
그리운 사람이 있으면 그 사람 자꾸 떠올라 그림을 그리기 되니
그리움은 그림이 되고 그리운 사람이 그림이 된다
또한 그 사람 그림을 보고 있으면 잊고 있다가도 그 사람이 다시 그리워지니
이는 그림이 그리움이 되는 것 아니겠습니까?
그린다는 것은 그리움을 말하는 것이 아닌지요?

描くと言う事はどう言う事か?

偲ぶと言う事ではないでしょうか?
恋しさが絵になったり あるいは 絵が恋しさを生んだりもするのではないでしょうか?
恋しい人が居たら、その人をしょっちゅう思い浮かべ、絵を描くようになり
恋しさは絵になり、恋しい人が絵になる
また、その人の絵を見ていると、忘れていたとしてもその人をもう一度恋しくなり、
これは、絵が恋しさになると言う事では無いでしょうか?
描くと言う事は、恋しさを言うのではないでしょうか?



ここでの、그리움 は懐かしさより 恋しさの方が
ふさわしい様です。


不思議なのは、描き直して改めて聴いてみたら、きちんと聞こえます。
本当に意味驚きです。

もしかしたら、先読みをして思い込んで聴いているのかもしれません。
読む時も口癖でつい言いやすい口調になってしまうように・・


助詞が苦手なのですが、聞き取りでも助詞を省いて聞き取って居る
事を今日 kyoung先生に同じ場面を聞いて頂いて発見しました。

「風の絵師」ホンドがどのようにしてユンボクの手を救うのか
成り行きが楽しみなのですが、また、私の興味がわく台詞が
聴けるかもしれないと、その事も楽しみにしています。